• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

かんぽ生命、人や態勢・体制などすべて変えたい

「保有する全システムの関連文書を作り直します」

2016年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

井戸潔・かんぽ生命取締役兼代表執行役副社長(右)と日高信彦・ ガートナー ジャパン代表取締役社長(写真:的野 弘路、以下同)
被保険者数約2400万人、個人保険の保有契約件数約3200万件、これだけの契約を管理する基幹系システムをかんぽ生命は作り直し、2017年1月からリリース予定。総指揮をとるかんぽ生命の井戸潔取締役兼代表執行役副社長は「システム作りのカルチャーをすべて変える」と語る。ビジネス部門の関わり方、開発チームの作り方、パートナー会社との付き合い方など一切を改める。さらに基幹系システムに加え、保有するすべての情報システムに関する設計文書を書き直す。一大改革の狙いをIT(情報技術)リサーチ大手ガートナー ジャパンの日高信彦社長が質問した。
前編:『かんぽ生命、一番難しい仕事にワトソン入れた訳
(構成は谷島宣之=日経BPビジョナリー経営研究所研究員、中村建助=日経コンピュータ編集長)

日高:テクノロジーの変化に従って、世の中もビジネスもかなり変わっていくでしょう。新しいものを取り込み、変化に対処していくためにも、現行の情報システムそのものをしっかりした状態にしておく必要があります。これは全社、全世界共通の課題です。御社はどういう状況でしょうか。

井戸:やはり足元をしっかりさせる、すなわち生命保険業のための基幹系システムをきっちり作り上げておく。そうしておかないと、新しい変化や技術に対応できない。私はずっとこう考えてきました。

 IT(情報技術)というと、AI(人工知能)やクラウドコンピューティングであったり、IoT(モノのインターネット)であったり、そういった言葉がすぐ飛び交うわけですが、それはそれとして、何と言っても自分の足元が大事でしょう。

 当社の場合で言えば、被保険者数は約2400万人、保有契約(個人保険)が約3200万件、これだけの契約を管理し、守っていく基幹系システムは堅牢でなければならない。安全にお客さまの契約を保持していくために、システムはどうあるべきか、そこが出発点になります。将来の変化に備えた拡張可能性や柔軟性も求められますが、堅牢な基幹系システムがあってのことです。

 状況をお話しますと、基幹系システムの更改を2017年1月に予定しています。これをきちっとやり遂げて、そこから新しい技術に適応しやすいシステム構造であったり、組織の体制見直しであったり、あるいは組織文化の変革というところにまで、つなげていこうと考えています。

日高:2万4000局の拠点があって約3200万件の保有契約を管理するシステムといったら巨大ですね。今回の更改も難しいでしょうし、日々の維持管理も難しい。

井戸:圧倒的にシステムは大きいですね。お客さまの契約を自分たちできちんと管理していることがビジネスの土台だと思っていますから、大事な仕事です。

 現行システムは常に朝7時から夜10時ぐらいまで、ずっとオンラインで動かしています。オンラインを止めた後は、集計とか分析とか、別の処理が始まり、それを朝7時より前に終えないといけません。システムの複雑さとか、処理のスピードとか、要求される水準は高いのです。

システム作りのカルチャーを変える

日高:どういう考えで次の基幹系システムを設計し、構築しているのでしょうか。

井戸:システム作りのカルチャーを変えていくきっかけとする。その思いが非常に強いです。カルチャーと言っているのは、当社の人、業務そのもの、ドキュメンテーションを含むシステム開発の進め方や態勢、パートナー会社との付き合い方、といったことまで入るということです。

 今回、基幹系システムで使う開発言語やコンピュータを変更します。コンピュータは長年大変お世話になったNEC製のものから、IBM製に切り替えます。それに伴い、システム開発言語をIDL2というものからCOBOLに変えます。今までの基幹系システムの規模はIDL2で1000万ステップ、NECの方によると世界最大規模だったそうです。

 そうした言語や機器の切り替えは当然しっかりやるにしても、私としては全社の商品、事務、そういったところのBPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)を同時に進めたいと思っています。

日高:全社の活動ということですね。

井戸:はい。システム作りは人間がやることです。しかも情報システム部門やITの専門家だけではなくて、全社員で取り組むものですから。

コメント0

「革新的経営問答」のバックナンバー

一覧

「かんぽ生命、人や態勢・体制などすべて変えたい」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BPビジョナリー経営研究所

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者、2009年1月から編集長。2013年から現職。プロジェクトマネジメント学会員、ドラッカー学会員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中村 建助

中村 建助(なかむら・けんすけ)

ITpro編集長

日経デザイン、日経ストアデザイン、日経コンピュータ、日経ソリューションビジネス編集長、日経エコロジー編集長、日経ビジネス副編集長などを経て、2012年よりITpro編集長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長