• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

がん検診・治療「不要論」の誤解を解く

東京ミッドタウンクリニック健診センター長・森山紀之に聞く

  • 米田 勝一

バックナンバー

2016年2月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 川島なお美さんの死去や北斗晶さんの乳がん手術報道などを契機に耳にするようになった、がん検診・治療の「不要論」。一部の医師の主張がベースになっているが、がんの治療を否定するような考え方に対し、患者としてはどう接していけばいいのか? 東京ミッドタウンクリニック健診センター長・森山紀之氏に聞いた。

(聞き手は米田 勝一)

森山紀之氏
千葉大学医学部卒。1976年に国立がんセンター放射線診断部に入局。同センターのがん予防・検診研究センター長を経て、東京ミッドタウンクリニック健診センター長に就任。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発に携わり、早期がんの発見に貢献。2005年に高松宮妃癌研究基金学術賞、2007年に朝日がん大賞を受賞。(撮影:村田わかな)

著名人ががんで亡くなる、がんの治療を受けているという報道が、最近非常に目立ちます。新しい治療法の開発も進んでいると聞きますが、がんによる死亡率自体は、近年どう変化しているのでしょうか?

森山:がんによる死亡者数は年々増えています。しかし、がんによる死亡率は減少傾向です。

 具体的に言うと、がんによる死亡数は、2013年は約36万5000人。2005年比で約12%増えています。

 一方、がんの死亡率(1年間で人口10万人のうち何人が死亡したか)は、2005年時点では92.4(75歳未満)で、2013年は80.1(同)。約13%減っています。

死亡数は増えているが、死亡率は減っているという“謎”

「死亡数は増えているが、死亡率は減っている」……。一見、矛盾しているように思えます。

森山:この“謎”の原因の一つは、高齢化にあります。がんによる死亡率を年齢別に見ると、50歳代から急に高まります。日本の人口構成においては、団塊の世代が65歳以上になっており、高齢化が急速に進んでいるのはご存じの通り。がんによる死亡数が増えているのはそのためです。

 一方、がんの死亡率については、粗死亡率と年齢調整死亡率の2種類があり、先ほど「減っている」と申したのは年齢調整死亡率です。粗死亡率とは、調査時点における死亡数を、単純に総人口で除した指標です。一方、年齢調整死亡率は、人口構成比率などの変化などを取り除く処理をした上で算出した数字です。

がん治療の進歩や効果を見る上で、注視すべきのはどちらの指標なのですか?

 2013年の粗死亡率は583.8(75歳未満)で、年齢調整死亡率を大きく上回ります。これはこれで重要な数字なのですが、人口構成比などの変動要因が勘案されず比較の前提条件が異なってしまうため、治療法の進歩や各種のがん対策による効果や影響を検証するのには適していません。

 がん対策基本法では目標の一つとして、2005年からの10年間でがんの死亡率を20%減らすことを掲げていますが、その際の指標としているのは年齢調整死亡率です。各年の死亡率は、2005年時点の人口構成比と同じになるように調整した上で、算出されます。

 先ほど申したように、2013年の年齢調整死亡率(75歳未満)は、2005年比で約13%減っています。つまり、データからは、治療技術の進歩やがん対策の効果はしっかりと表れていると読み取れます。

コメント24件コメント/レビュー

「もう一つがんの治癒ということを言っているがその定義を述べていない。一般人にとって直ったというのは、再発せずに平均余命以上に生きることだと思うが、医学界が言う治癒は違うはず」
がんが治ったかどうかは、5年生存率が一般的。乳がんなどは長期の再発が多いので、10年生存率や、再発率でみるだろうが、、、、
再発しなければ治癒ですよ。その人が平均寿命生きるかなんて、責任持ちませんよ。
最近面白いこと言う人がいた。肺炎の治療をし、良くなって退院したが、高齢者なので、また肺炎になって入院したところ、エリートビジネスマンの息子がやってきた。なぜ同じ病気に二回なるのか、二度と病気にならないように治療すべきであり、再度同じ病気になったのは、治療がだめなのではないか?
つまり、人間の病気を機械の故障のように考え、工場で機械が故障し、修理したのに、また故障した。これは、修理に過失がある、みたいな考え方だ。
高齢者がなんども肺炎になるのは、嚥下障害による誤嚥が多い。二度と肺炎にならないように「修理」することは、今の医療では不可能である。
自分の親を機械や、ロボットのように思っているのだろうか?
ものの考え方が、人間はふだん「正常」な状態である。病気は異常な状態。まったく別のものと考える。実際の人間は、健康と病気のはざまで、なんとか生きているのであり、病気は常に内在している。人間と病気は、別物ではなく、常に寄り添っているのである。悪い気が入り込むと「病気」で、悪い気を追い出せば、人間は病気にはならないというような「思想」が、日本人には根深いのだろうか?
こういう人は、今の日本にはいっぱいいるように思う。特にここを見ているようなビジネスマンに、、、(2016/02/14 18:15)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「もう一つがんの治癒ということを言っているがその定義を述べていない。一般人にとって直ったというのは、再発せずに平均余命以上に生きることだと思うが、医学界が言う治癒は違うはず」
がんが治ったかどうかは、5年生存率が一般的。乳がんなどは長期の再発が多いので、10年生存率や、再発率でみるだろうが、、、、
再発しなければ治癒ですよ。その人が平均寿命生きるかなんて、責任持ちませんよ。
最近面白いこと言う人がいた。肺炎の治療をし、良くなって退院したが、高齢者なので、また肺炎になって入院したところ、エリートビジネスマンの息子がやってきた。なぜ同じ病気に二回なるのか、二度と病気にならないように治療すべきであり、再度同じ病気になったのは、治療がだめなのではないか?
つまり、人間の病気を機械の故障のように考え、工場で機械が故障し、修理したのに、また故障した。これは、修理に過失がある、みたいな考え方だ。
高齢者がなんども肺炎になるのは、嚥下障害による誤嚥が多い。二度と肺炎にならないように「修理」することは、今の医療では不可能である。
自分の親を機械や、ロボットのように思っているのだろうか?
ものの考え方が、人間はふだん「正常」な状態である。病気は異常な状態。まったく別のものと考える。実際の人間は、健康と病気のはざまで、なんとか生きているのであり、病気は常に内在している。人間と病気は、別物ではなく、常に寄り添っているのである。悪い気が入り込むと「病気」で、悪い気を追い出せば、人間は病気にはならないというような「思想」が、日本人には根深いのだろうか?
こういう人は、今の日本にはいっぱいいるように思う。特にここを見ているようなビジネスマンに、、、(2016/02/14 18:15)

「日本の医療界に対しては予防医学にもっと力を入れるよう要望する。」ハイ、口で言うのは簡単です。そのためにどうすればいいのでしょうか?
まあ、文系は口でかっこいいことを言うのが仕事ですからいいですが、理系はそうはいきません。まず、予防医学には保険点数はつきません。保険点数がつくのは、病気が起きてからです。予防医学をするには、国家や自治体が金を出すしかありません。今の日本では、そういう予防医学にかけるお金は異常に小さいのです、なにしろ、病気に対して使われる医療費を無理やり減らそうとするような国で、予防医学にかける金が出るわけがありません。予防医学をやれ、しかもただでやれ。ということでしょうか?素人の皆さん。(2016/02/14 17:49)

>今ここを見ているあなた方の世代が縮むのですよ。うれしいでしょう。

ええ、大変喜ばしいことです。(2016/02/12 18:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長