• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

インバウンドは「数」から「質」に

3000万人時代へ、案内表示やWi-Fi環境より重要なこと

2016年2月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も「春節」の時期に合わせ、多くの中国人観光客が日本を訪れた。「インバウンド3000万人時代」と、人数にばかり目が向かいがちだが、三菱総合研究所の宮崎俊哉主席研究員は「これからは『質』を求める施策も重要になる」と指摘する。

 今後、安定的にインバウンド市場を拡大するには固定客の獲得が欠かせない。外国語表記の案内表示やクレジットカードの利用拡大、Wi-Fi環境の整備などの課題がよく指摘されるが、最も重要なのは、「観光業や観光地が外国人観光客を本当に受け入れるために意識を変えること」だという。

(聞き手は西頭 恒明)

先週の「春節」も、中国から大勢の観光客が訪れて話題になりました。訪日外国人客は2015年にほぼ2000万人に達し、3000万人時代もいよいよ視野に捉えています。とはいえ、日本の観光誘致策が奏功した結果というよりも、アジアなどで中間層が増大したことによる世界的な海外旅行ブームに乗っている面が大きいようにも感じます。

宮崎俊哉(みやざき・としや)氏
三菱総合研究所社会公共マネジメント研究本部主席研究員、観光立国実現支援チームリーダー。 1968年生まれ。92年東京工業大学社会開発工学専攻修士課程修了、同年三菱総合研究所入社。 ツーリズム・アナリストとして国・地方の観光施策の立案、評価、運用に関する調査研究業務に従事。専門は観光統計の設計・分析、観光施策・事業のマネジメント。

宮崎:日本のインバウンドの数は2013年に初めて1000万人を超えました。それまでの10年ほどの伸びは、指摘されたように世界の海外旅行市場が伸びていることによる面が大きく、日本そのものが特に選ばれているわけではありませんでした。

 しかし、この2年ほどの一気の伸びは、それだけでは説明できません。円安がきっかけになっていることもありますし、ビザの緩和も呼び水になっていますが、ここまで数が増えたのは一種の日本ブームが起こっているからだと言えるでしょう。近隣の市場で国際航空旅客が増える中、「どこを行き先に選ぶか」という時に日本が思い浮かぶといったことが大きく影響していると思います。

ブームの“火付け役”のようなものはあるのですか。

宮崎:特に大きいのはICT(情報通信技術)の進展です。マスメディアによるキャンペーンというよりも、一度日本に訪れた観光客が発信した情報が、それぞれの国で一気に圧倒的な量で拡散されて、「日本っていいところだね」とブームを巻き起こしているんです。SNS(交流サイト)はもちろん、「YouTube」や「Instagram」でも、我々がお客様とする海外の方たちが日本の情報に触れる機会は圧倒的に増えています。

 ICTの進展は別の効果ももたらしています。日本の場合、ほかの国に比べて言語の問題が生じます。英語がどこでも通じるわけではないということです。そんな時にスマートフォンがとても役に立つ。どこに行くにしても地図アプリを使えば、自分の母語で地図を表示できますし、目的地まで案内もしてくれます。

 あるいは、日本に来た外国人が京都の伏見稲荷に行きたいと思えば、スマホで写真を見せて指をさせば、英語が通じない日本人にもそれで伝わります。これが日本へのバリアを限りなく低くして、インバウンドの伸びにつながっていると見ています。

コメント2件コメント/レビュー

今やすっかり「爆買い」に続く流行語と化した「インバウンド」の費用対効果について検証されているのか疑問を抱いていた。果たして海外客向けの通信インフラや、観光案内システムの導入コストに見合うだけの、収益モデルは検討されているのだろうか?これ幸いと、便乗商法に走るシステム会社や電機メーカーに踊らされてはいないだろうかと。この記事を読み、胸の支えが取れた心持になった。(2016/02/16 15:14)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「インバウンドは「数」から「質」に」の著者

西頭 恒明

西頭 恒明(にしとう・つねあき)

日経ビジネス副編集長

1989年4月日経BP社入社。「日経イベント」を経て、96年8月「日経ビジネス」編集部に異動。2008年10月日経ビジネス副編集長。2009年1月日経情報ストラテジー編集長。2012年1月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今やすっかり「爆買い」に続く流行語と化した「インバウンド」の費用対効果について検証されているのか疑問を抱いていた。果たして海外客向けの通信インフラや、観光案内システムの導入コストに見合うだけの、収益モデルは検討されているのだろうか?これ幸いと、便乗商法に走るシステム会社や電機メーカーに踊らされてはいないだろうかと。この記事を読み、胸の支えが取れた心持になった。(2016/02/16 15:14)

■「スマートフォンがとても役に立つ」と言いつつ、「Wi-Fi環境をどうするかとか・・・。こうしたハードの問題は・・・、これは次の段階の話なのではないかと思います」と、言うのは矛盾。 ■「スマホで写真を見せて指をさせば、英語が通じない日本人にもそれで伝わります」って、私は京都に住んでいますが、インバウンダーのほうから聞かれたことや聞くのを見たことはありません。みんなスマホをいじってウロウロしている。声を掛けるとスマホを見せるのです。インバウンダーが自分から聞くのは観光案内所やニュフォームを着た案内ボランテアだけ。(2016/02/16 11:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長