• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英国EU離脱は、もう止められない?

みずほ総合研究所の吉田健一郎氏に聞く

2016年2月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英国のEU(欧州連合)離脱が、現実味を帯びてきている。英国のキャメロン首相はEU残留を国民に説得する材料として、EUの改革案を提案してEU諸国から合意を取り付けたが、それも力不足だったようだ。今年6月の国民投票で、英国はEUから離脱するのか、残留するのか。タイムリミットが刻々と近づいている。ユーロ危機への不満から火がついたEU離脱騒動について、みずほ総合研究所の上席主任エコノミスト、吉田健一郎氏に話を聞いた。

吉田 健一郎(よしだ・けんいちろう) みずほ総合研究所調査本部 欧米調査部兼市場調査部 上席主任エコノミスト 1972年東京都生まれ。96年一橋大学商学部卒業、2012年ロンドン大学修士(経済学)。富士銀行(現みずほ銀行)新宿西口支店入行。98年同国際資金為替部にて対顧客為替ディーラー。2004年よりみずほ総合研究所に出向し、08年よりロンドン事務所長。2014年10月から現職。著書に『オイル&マネー』(共著、エネルギーフォーラム社)、『迷走するグローバルマネーとSWF』(共著、東洋経済新報社)など。(写真:都築雅人)

英国がEU(欧州連合)から離脱するか、残留するかを問う国民投票が今年6月に実施されます。現地の世論調査などを見ていると、離脱が現実味を帯びてきているように見えます。

吉田:最新の世論調査(You Gov)の結果を見てみましょう。EU離脱を求める人が38%で、EU残留を求める人の37%を若干上回っています。この調査は、2月21~23日にかけて実施されました。キャメロン首相が提案したEU改革案が2月19日に合意したことを受けて実施されたものです。

 改革案の主なポイントは後ほど解説しますが、合意前の2月3~4日の調査から世論がどう動いたかを見ると、今後の動向を推察できます。

 2月3~4日の調査では、EU離脱派が45%と、EU残留派の36%を圧倒的に上回っていました。つまり、改革案の合意を受けて、離脱派は7ポイント減ったわけです。しかし、この結果から離脱する可能性が大きく下がったと見るべきではないでしょう。残留派は1ポイントしか上昇していないからです。では、意見を変えた離脱派は、どこに行ったのでしょうか。今回の調査の結果では、「わからない」「投票しないだろう」が増えています。要するに、態度を保留にした人が増えたに過ぎません。

 この世論調査から透けて見えるのは、多くの英国民にとって合意内容は不十分で、積極的な残留支持に転じる理由とはならないという印象を持ったということではないでしょうか。

 実際、合意発表後に、ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏や閣僚6人が離脱支持を表明するなど、与党内でも離脱派が勢いづいています。キャメロン首相は、離脱を支持するか残留を支持するかは個人の判断に任せる考えです。

コメント3

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「英国EU離脱は、もう止められない?」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック