• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もんじゅ問題は、核燃料サイクル政策転換の好機

多摩大学大学院教授・元内閣官房参与の田坂広志氏に聞く(前編)

  • 米田 勝一

バックナンバー

2016年3月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

福島第一原発事故から5年を迎えようとする現在、いまだ様々な問題が山積する中で、大きな岐路に差し掛かり、身動きが取れなくなりつつあるのが「核燃料サイクル」問題だ。リサイクルの前提であった高速増殖炉計画は実現のめどが全く立たず、結果として余剰プルトニウムや使用済み燃料の再処理・貯蔵などの難題が宙に浮き、八方ふさがりの状況に陥っている。今後、この問題に関し、どのような論点で議論を進めていけばいいのか? 東日本大震災と福島原発事故の発生に伴い、内閣官房参与に就任。原発事故対策、原子力行政改革、エネルギー政策転換に取り組んだ多摩大学大学院教授の田坂広志氏に聞いた。

(聞き手は米田勝一)

「核燃料サイクル」は原子力発電の絶対条件ではない

福島第一原発事故から5年を迎えようとする現在も、福島地域の除染と復興、避難者と帰還者の生活再建、福島第一原発の廃炉、汚染水や放射性廃棄物の処理や貯蔵など、様々な問題が山積したままです。この時期に、どのような問題にフォーカスを当てて議論すべきでしょうか?

田坂:それらの問題は、いずれも極めて重要ですが、原発事故から5年という節目の時期だからこそ、政府もメディアも含めて、一度、しっかりとした議論をしておくべきことがあります。

 それは、我が国の「核燃料サイクル政策」についてです。

昨年11月、原子力規制委員会が、「高速増殖炉もんじゅ」の現在の運営主体である日本原子力研究開発機構の安全管理能力について大きな疑問を投げかけ、文部科学省に対して新たな運営主体を提示することを求めました。核燃料サイクル政策の問題は、このことによって、大きく浮かび上がりました。
 結果として、原子力規制委員会の求める「半年以内」に新たな運営主体が見つからなければ「高速増殖炉計画」を進めることができず、核燃料サイクル政策の実現が困難になり、ひいては我が国の「原子力発電政策」は壁に突き当たる――。こうした指摘や懸念を少なからず耳にします。

田坂 広志(たさか・ひろし)
多摩大学大学院教授/シンクタンク・ソフィアバンク代表。1951年生まれ。74年東京大学卒、81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。2000年、多摩大学大学院教授に就任。同年、シンクタンク・ソフィアバンクを設立。2011年、東日本大震災に伴い、内閣官房参与に就任。原発事故対策、原子力行政改革、エネルギー政策転換に取り組む。

田坂:たしかに、多くのメディアは、そうした論調で語っていますし、もんじゅプロジェクトが進まなくなれば、核燃料サイクル政策の実現が困難になることは、その通りなのですが、ここで、一つ理解しておくべきことがあります。

 核燃料サイクル政策の実現が困難になることが、ただちに「原子力発電政策」が壁に突き当たることを意味しているわけではないのですね。

それは、どういうことですか?

田坂:なぜなら、世界全体を見渡してみれば、原子力発電を行っている国が、すべて「核燃料サイクル政策」を採用しているわけではないからです。むしろ、アメリカやカナダ、スウェーデンやフィンランドなど多くの国は、使用済み核燃料を再処理せず、そのまま最終処分する「核燃料ワンス・スルー政策」を採用しています。

 従って、核燃料サイクル政策の実現が困難になるということが、そのまま原子力発電政策が壁に突き当たるということを意味しているわけではありません。

核燃料サイクルとは、原子力発電で生じる使用済みの核燃料を再処理し、核燃料として再び使用するための一連の流れ。再処理は、使用済み燃料を化学処理した上で、ウラン、プルトニウムと高レベル放射性廃棄物に分離し、ウラン、プルトニウムを再び燃料として利用するための工程。高速増殖炉もんじゅは、再処理されたウラン、プルトニウムを使用して発電する「夢の原子炉」として計画が進められたが、その後に起こった度重なるトラブルにより、現在、稼働のめどが立っていない。

コメント8件コメント/レビュー

科学者の政策談義は聴きたくない。是非何が問題でサイクルが出来ないのか科学者に示してほしい。その研究開発に十分な人材がいなくて前進していないのか若しくは既にそのようなことはできない事が証明されたのか・・・どうも何もきちっとした報告書がないとするといい加減な進め方なのかもしれない。  福島の原発に於ける汚水処理の仕方などを見聞きしているとろくな学者が居ないようにも思えてしまう。 原子力発電所で核燃料棒が使えなくなるまで使う事によっても処理をせざるを得ない状態ならFinlandでやっているように地下深く離れ島の下に埋め込む事しかない。使用後燃料棒の別な使い方で発電はできないのか等素人にも分かる説明もほしい。知らないと出来ないなら核燃料サイクルは初めから始まらない(2016/03/15 07:36)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

科学者の政策談義は聴きたくない。是非何が問題でサイクルが出来ないのか科学者に示してほしい。その研究開発に十分な人材がいなくて前進していないのか若しくは既にそのようなことはできない事が証明されたのか・・・どうも何もきちっとした報告書がないとするといい加減な進め方なのかもしれない。  福島の原発に於ける汚水処理の仕方などを見聞きしているとろくな学者が居ないようにも思えてしまう。 原子力発電所で核燃料棒が使えなくなるまで使う事によっても処理をせざるを得ない状態ならFinlandでやっているように地下深く離れ島の下に埋め込む事しかない。使用後燃料棒の別な使い方で発電はできないのか等素人にも分かる説明もほしい。知らないと出来ないなら核燃料サイクルは初めから始まらない(2016/03/15 07:36)

ワンススルーをよくぞ言ってくれたと思います。核燃料は、再処理するとゴミは増えるし濃縮されて爆発の危険が高まるので、そのまま保管するのが一番です。北朝鮮が水爆実験をしたことで、目指すは水爆の保有であり、核分裂型の原爆を大量に保有しても意味がない。しかも水爆ならばPuは起爆剤に使用するだけなので、大量保有しなくても抑止力はかなりの物になる。そもそも、原発はPu製造装置なので、これ以上Puを蓄積してどうするのか?誰相手に何発持つべきかはちゃんと計算しないといけない。アメリカとソ連が核軍縮した理由を思い出すべき。個人的には、Puの過剰在庫は中国の圧力ということにして原潜をどんどん作ればよく、設置許可申請書からコスト高がわかってる原発はやめるべきだと思う。(2016/03/10 00:49)

核燃料サイクル計画は建前の上に建前を重ねて,親亀の建前がほころびてみなこけかけている。笑えない笑い話だ。根っこにあるのは「安全保障」。この政策がいい加減なのだ。国の安全を守ることは,短期と長期の視点が必要だ。長期をどこまで長くとるかは難しいが,国と民族の存続を「いつまで」保障するかという政策にかかわる。短期は突発的な事態(「奇襲攻撃」やテロ,事故,災害など)への対応戦略だ。長期戦略として,エネルギー安全保障の中に原子力政策があるはずだ。この長期戦略の外部条件が変化してきて見直しが必要になった時に短期戦略にとらわれて身動きが取れなくなっているように見える。お粗末だ。
さて次回の記事ではどんな「希望」を示してくれるのか。期待したい。(2016/03/09 11:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授