• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「おもてなしの国」と自賛が過ぎないか

  • 秋場 大輔

バックナンバー

2016年4月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1964年の東京オリンピックでピクトグラムが使われ、それが当時の訪日客に好評だったことは広く知られている。「今の日本は、あのころのメンタリティが欠けている。今のままでは『おもてなしの国』という評判が地に落ちるのではないか」。NEC取締役執行役員常務で国際ユニヴァーサルデザイン協議会理事長(IAUD)も務める清水隆明氏は、そう語る。どういう意味なのだろう。

(聞き手は秋場大輔)

清水 隆明氏(しみず・たかあき)
NEC取締役執行役員常務兼チーフマーケティングオフィサー(CMO)
1978年4月NEC入社。2006年4月官庁ソリューション事業本部長、2010年4月執行役員に就任。2011年7月執行役員常務、2013年4月執行役員常務兼 CMO(チーフマーケティングオフィサー)。2013年6月取締役 執行役員常務兼CMO(チーフマーケティングオフィサー)、現在に至る。国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)理事長には2015年6月に就いた。

2020年の東京オリンピックを目指して、道路や宿泊施設など、さまざまな社会インフラ整備が進んでいます。しかし、清水さんは重要な視点が欠けているという持論をお持ちですね。

清水:政府は2020年に訪日客数目標を、2015年比倍増の4000万人としましたよね。実現可能性は十分にあると思いますが、外国人が実際に日本にやってきて、幻滅するのではないか、「日本ほどひどい国はない」と思うのではないかと危惧しています。

どうしてでしょう。

清水:私事なんですけれども、2015年6月にIAUDの理事長に就任しました。IAUDはユニバーサルデザイン(UD)の普及を推進する団体として2003年に設立された組織です。UDとは、できる限り多くの人々に利用可能なように最初から意図して、機器、建築、身の回りの生活空間などをデザインすることです。

 NECは設立当初からIAUDに参画しているのですが、昨年2月、前任の理事長が体調不良で辞任されたため、弊社に理事長就任の要請がありました。その頃、NECは社内に「デザインセンター」を設立、私が担当役員になりました。IAUDの事情、それからNECの実情が重なり、私がIAUD理事長に就任したのですが、このポストに就いて日本の社会を見渡してみると、「おもてなしの国」と自画自賛している場合ではない気がしてきたのです。

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長