• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

東京五輪の終幕が「空き家ビッグバン」の号砲に

2017年4月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このため、首都圏であっても郊外の駅からバスに乗って通勤・通学するような新興住宅地の中古住宅の価格の低下が激しいのです。いわゆる“駅バス物件”はまったく売れません。子供が独立したから、郊外のニュータウンの一戸建てを売却してマンションに買い替えようという団塊の世代の人たちは少なくないですが、売れないという悲鳴ばかりが聞こえてきます。横浜市や千葉市、千葉県船橋市などの都心への通勤圏でかつて4000万~5000万円ほどで購入した一戸建てやマンションも、数百万~1000万円程度でしか売れないケースが増えました。

共稼ぎ夫婦が郊外から都心の職場へ通うのは無理

子供たちは実家から出て、都心に住んでいるから郊外の一戸建ては老親の手に余る。だから買い替えたいけれども、いざ売ろうとするともはやなかなか売れない、ということですか?

牧野:その通りです。日本の経済成長を支えてきた団塊世代のお父さん・お母さんは、子供たちが戻ってきたときのために、これまで子供部屋を残してきたのですが、すでに都心で生活をしている団塊ジュニアの子供たちはなかなか実家には帰ってこられないのが現実です。団塊ジュニアたちは多くが共稼ぎですから、郊外の住宅に住んで、子供の保育園の送り迎えをしながら都心の会社に通うなどといった生活はできません。

ライフスタイルの変化、都心人口の増加

団塊の世代、郊外の住宅というと、私のような世代(50代)の人間は1983年放送のTBS系統テレビドラマ「金曜日の妻たちへ(金妻)」を思い出します。団塊ジュニア世代のお父さん、お母さんとは、おそらく、あのドラマの主人公たちの世代ですよね。日本がバブル経済へと向かう中で、郊外のニュータウンで華麗な生活を送るライフスタイルは、社会現象にもなったものです…。

牧野:私は東京都中央区の育ちですが、子供の頃、周りに住んでいた友達がどんどん郊外へと引っ越して、いなくなっていきました。あの時代は、都心から郊外の一戸建てへという流れがあって、それこそ「金妻」の舞台のようなニュータウンへ移っていったわけですね。それが今はまったく逆で、東京でも千代田区、港区、中央区といった都心三区の人口が増えています。

 近年の都心回帰を象徴的に表している例の一つとして、私が育った東京都中央区の人口の推移があげられます。中央区の人口は、1990年代半ばには7万人を切るところまで落ち込んでいましたが、その後、30歳代から40歳代を中心とする転入者が増加し、今では15万人以上へと急増しています。非常にきれいなV字グラフです。生産年齢人口(15歳から64歳までの「働き手」と呼ばれる人たちの人口)の比率も日本トップクラスへ。日本で有数の若い街となっています。

東京都中央区の佃大橋の上に立つと、どちらの方角を見てもタワーマンションが視界に入ってくる。タワーマンションは人々の都心回帰の受け皿となった。

コメント37件コメント/レビュー

私も築38年の戸建てに住んでいます。駅からは坂道だらけの徒歩15分、家内はバスのみ利用です。
買い物には自家用車が必需品です。この度駅近マンションに移ることにしました。ただ住んでみないとマンションのデメリットは分からないし住民間の問題も考えれるので、現在の住まいは緑豊かだし家庭菜園もできるので別荘にしようと思っています。ドイツなどに行くと郊外には小屋が併設された都市住民の畑みたいなものがたくさんあるようです。
バス便郊外住宅も安価な都心住民の別荘になれば良いと思います。富士五湖や信州に行かずとも多摩丘陵で、お充分緑は多く空気も水も綺麗です。(2017/12/30 10:03)

オススメ情報

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も」の著者

柳生 譲治

柳生 譲治(やぎゅう・じょうじ)

日経ビジネスアソシエ副編集長

業界紙記者、雑誌編集者、建設作業員など様々な職業に就いた後、2001年日経BP社入社。日本経済新聞社デジタル編成局プロデューサー、日経ビジネス副編集長などを経て、2018年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も築38年の戸建てに住んでいます。駅からは坂道だらけの徒歩15分、家内はバスのみ利用です。
買い物には自家用車が必需品です。この度駅近マンションに移ることにしました。ただ住んでみないとマンションのデメリットは分からないし住民間の問題も考えれるので、現在の住まいは緑豊かだし家庭菜園もできるので別荘にしようと思っています。ドイツなどに行くと郊外には小屋が併設された都市住民の畑みたいなものがたくさんあるようです。
バス便郊外住宅も安価な都心住民の別荘になれば良いと思います。富士五湖や信州に行かずとも多摩丘陵で、お充分緑は多く空気も水も綺麗です。(2017/12/30 10:03)

東京の郊外が、高齢化で人口減ってる=土地が余り出してるんなら、そこに産業誘致すればいいんですよ。馬鹿の一つ覚えみたいに、耕作放棄地とか工場跡地に売れないマンションとかショッピングモール建てるだけが能じゃないでしょ。そもそも仕事無くて、収入もなければ誰もそんなもの買わないわけで、仕事=収入から何とかする必要がある。
それに、バブルとか円高で遠くの山奥とか海外に工場とか研究所つくっちゃったんだけど、メールじゃイマイチ話が円滑に伝わらないし、トラぶったら飛んできゃいいわけだから、適当な空きがあるなら、やっぱ近場が一番って考えてる企業結構あると思うんですよ。だから、小池さんとかが音頭をとって、その場所をつくってやれば、郊外は復活できると思うんだけどな。自民党でもいいよ。(2017/05/16 15:08)

著者は不動産投資のコンサルティングをされているようですし、
結末に賃貸を勧めるのはポジショントークでしょう。

家が耐久消費財だとしても、同じ条件なら賃貸よりも持ち家の方が当然低コストです。
40年分の賃料と新築物件のローン金利含めた総支払額を比較してみてください。
あえて生涯賃貸を選ぶ人はそのあたりの損得を気にしない高収入の方でしょうね。(2017/05/11 18:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

会社も社員も多少「やせ我慢」をして、長期的に物事を考えるべきだ。

川野 幸夫 ヤオコー会長