• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

キーパーソンに聞く 「金妻」住宅地の落日、高齢化でスラム化懸念も

レビュー

とても参考になった
 

62%

まあ参考になった
 

27%

参考にならなかった
 

10%

ぜひ読むべき
 

55%

読んだほうがよい
 

26%

どちらでもよい
 

17%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

東京の郊外が、高齢化で人口減ってる=土地が余り出してるんなら、そこに産業誘致すればいいんですよ。馬鹿の一つ覚えみたいに、耕作放棄地とか工場跡地に売れないマンションとかショッピングモール建てるだけが能じゃないでしょ。そもそも仕事無くて、収入もなければ誰もそんなもの買わないわけで、仕事=収入から何とかする必要がある。
それに、バブルとか円高で遠くの山奥とか海外に工場とか研究所つくっちゃったんだけど、メールじゃイマイチ話が円滑に伝わらないし、トラぶったら飛んできゃいいわけだから、適当な空きがあるなら、やっぱ近場が一番って考えてる企業結構あると思うんですよ。だから、小池さんとかが音頭をとって、その場所をつくってやれば、郊外は復活できると思うんだけどな。自民党でもいいよ。(2017/05/16 15:08)

著者は不動産投資のコンサルティングをされているようですし、
結末に賃貸を勧めるのはポジショントークでしょう。

家が耐久消費財だとしても、同じ条件なら賃貸よりも持ち家の方が当然低コストです。
40年分の賃料と新築物件のローン金利含めた総支払額を比較してみてください。
あえて生涯賃貸を選ぶ人はそのあたりの損得を気にしない高収入の方でしょうね。(2017/05/11 18:18)

日本と比較にならない人口密度のカナダやオーストラリアの不動産が堅調どころかバブルの火消しに追われている(原因はあの国だけどより近い日本だって無縁ではない)。また先週新千歳からレンタカー借り長万部やニセコ見て来たけど2~300平米程度の敷地の一軒家が都心のタワマン上層階並みで売られていた。翻ってカナダやオーストラリアの郊外やニセコと比べ国道16号沿いがそんなに酷い生活環境でしょうか。今買うならどうでも良いお値段ですがまさかのバリュートラップなのでしょうか、10年20年後にならないと誰も分からないでしょうけど。(2017/04/27 16:38)

1980年代から1990年代にかけて各地の駅前再開発に乗り新規出店で、特に東北方面の都市に転勤を繰り返しておりました。
当時、都会化する地方都市には活気がみなぎっていました。
時代は下り、それらの自治体の多くは若者がいなくなり、数十年後には自治体そのものの消滅が懸念されていることに悲しみを抱いています。
日経記事でも度々取り上げられ、23区でも一部を除いて人口減少、高齢化による将来が懸念されているそうです。
少子高齢化は全国平均的に推移するのではなく、特定一部に若年層が移動し、都内でも江東区、港区では学校が足りなくなる状況になっています。
この傾向は加速度的に全国各地に限界集落を形成していき、一部都内を除きどこにでも起こりえる近未来だろうと思われます。

個人的には、やっとローンを完済した家は老朽化し、土地の資産価値は大幅下落、周辺は老人の町になり駅前商店街はシャッター街になりつつあります。
都心で賃借物件を借り働いている息子には、「絶対に家を買おう等と考えるな、近い将来、都内でも空き家だらけになる。」と言い聞かせています。

大阪も名古屋も福岡も、他人ごとではないですよ。(2017/04/24 14:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授