• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本人には「リアリズム」の視点が欠けている

今、世界史と地政学を学ぶ理由(1)

2016年5月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「世界史」と「地政学」がにわかに注目を集めている。メディアの報道を見ると「地政学的リスク」という文字があちこちで躍る。書店では「○○の世界史」というタイトルが棚を占める。地政学とは何なのか。世界史とはいかなる関係にあるのか。地政学と世界史を学ぶと、世界で起きているニュースはどのように理解できるのか。『世界史で学べ! 地政学』などの著書がある茂木誠氏に聞いた。

(聞き手 森 永輔)

「地政学」という文字を頻繁に目にするようになりました。この言葉の使われ方を見ていると、「世界史」と何が違うのだろうという疑問が浮かびます。

東京都出身。大学受験予備校の世界史科講師。iPadを駆使したビジュアルな授業に人気がある。近著に『世界史で学べ! 地政学』『ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ』がある。(撮影:菊池くらげ、以下同)

茂木:まず「歴史」についてお話ししましょう。事実の羅列・記録は歴史ではありません。なので年表は歴史とは言えません。年表を歴史にするためには歴史観を加える必要があります。たくさんある出来事の中で、どの事実に注目するのか、ある事実ともう一つの事実はどういう関係にあるのかを解釈するための視点ですね。

私が高校時代に習ったのは世界史ではなくて年表だった気がします。その年表すら十分に覚えることはできませんでしたが。

茂木:同じ事実を見ても、その解釈の仕方は幾通りもあります。その解釈の視点の一つが「リアリズム」という考え方に基づいて歴史を見る方法です。「歴史には正義も悪もない。生存競争を続けているだけ」とする歴史観です。地政学は「リアリズム」の一つで、地理的条件に注目して国家の行動を説明します。

 学者や教科書の執筆者は自分の歴史観を示すのを嫌がる傾向があります。歴史観は多様なので、異なる歴史観を持つ人から必ず批判されます。それを恐れて、事実の羅列に終始するのです。

他の国の歴史教育も、事実の羅列にとどまる傾向があるのですか。

茂木:例えば米国には検定制度がありません。だから、教科書会社がそれぞれの歴史観に基づいた教科書を出版しています。日本への原爆投下を「仕方がなかった」と解釈する教科書があれば、「必要なかった」と書いているものもあります。

 日本の学会はこの半世紀にわたって事実に重きを置く実証主義とアイデアリズム(理想主義)に重心を置いてきました。アイデアリズムというのは、世の中は「進歩」「統一」「戦争のない世界」などの理想(アイデア)に向かって動いているという歴史観です。

 例えば国連中心主義というのはアイデアリズムに基づいた考え方の典型例です。日本もこれに則って、第2次世界大戦までの行動を反省し、国連の一員として活動し、軍備を制限すれば平和に貢献できると考えてきました。

 ところが、周囲を見渡すと、どうもそうなっていないことが肌感覚として分かってきました。それが、世界史と地政学が注目を集めるようになった原因なのだと思います。

 悪である共産主義が打倒され、冷戦が終わった。自由と民主主義の世界が実現し、紛争はなくなるだろうと米国の思想家フランシス・フクヤマ氏が『歴史の終わり』で論じました。しかし、そんな世界は到来しませんでした。中東は大混乱に陥って、過激派組織の「IS(イスラム国)」が登場。中国は海洋進出を強化。ロシアもウクライナ問題に介入し、西側に対して再び対決姿勢を取るようになりました。

 こうした現実を説明する手段として、リアリズムが注目されているのだと思います。

コメント12件コメント/レビュー

▼『事実の羅列・記録は歴史ではありません。なので年表は歴史とは言えません』→ わたしはこれこそが歴史だと考えています。歴史は連続的であり、ひとつの事実は他の事実から導かれるからです。きっかけとしての事実、結果としての事実、これがまたきっかけとなり、別な事実が生まれる…これらを追うだけで、充分歴史は語れます。▼ 「ある視点に基づいて」、丁寧にひとつ一つの歴史的事実を取り上げていくことを歴史観というならその通りだと思いますが、結局事象が複雑すぎるために、歴史的事実の取捨をしちゃうでしょう、ヒトって。そうなるともう『歴史観』というより『歴史願望』ですよね。よくあるでしょう、◯◯は実はなかった! ◯◯は捏造だ! みたいな(極端な例えですが)。学者が歴史観を出さないのはこういうことを避けるためであって、極めて当たり前のことだと思いますけど。▼ 個人的には、地政学は歴史学の一分野であり、まずは歴史を丁寧に学ぶべきだと思っています。明治時代からとは言わず江戸時代から学ばないと、明治時代のあの思想が出てきた背景が分からないじゃないですか。▼ 歴史なき地政学は地理学です。(2016/05/14 08:15)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

▼『事実の羅列・記録は歴史ではありません。なので年表は歴史とは言えません』→ わたしはこれこそが歴史だと考えています。歴史は連続的であり、ひとつの事実は他の事実から導かれるからです。きっかけとしての事実、結果としての事実、これがまたきっかけとなり、別な事実が生まれる…これらを追うだけで、充分歴史は語れます。▼ 「ある視点に基づいて」、丁寧にひとつ一つの歴史的事実を取り上げていくことを歴史観というならその通りだと思いますが、結局事象が複雑すぎるために、歴史的事実の取捨をしちゃうでしょう、ヒトって。そうなるともう『歴史観』というより『歴史願望』ですよね。よくあるでしょう、◯◯は実はなかった! ◯◯は捏造だ! みたいな(極端な例えですが)。学者が歴史観を出さないのはこういうことを避けるためであって、極めて当たり前のことだと思いますけど。▼ 個人的には、地政学は歴史学の一分野であり、まずは歴史を丁寧に学ぶべきだと思っています。明治時代からとは言わず江戸時代から学ばないと、明治時代のあの思想が出てきた背景が分からないじゃないですか。▼ 歴史なき地政学は地理学です。(2016/05/14 08:15)

「年表を歴史にするためには歴史観を加える必要があります。」というよりは、過去の歴史は戦争の勝者による歴史観の下に書かれてきた。今は戦後70年も経っているが、第二次大戦の勝利国である米ソを初めとした国々の主張する「歴史」が正しいとされている。彼らが正義であり、日独伊は「悪」と定義されている。何故総合力で劣る日本が最悪の開戦という道を選択したかという理由についても、日本に同情する記述はない。こういう世界における歴史観の標準を無視して、異常な膨張を続ける中国の軍事力に対抗すべく日本が軍事力を強化すれば、「悪者の日本で再び軍事主義が台頭している」と表現する。これが客観的に正しくないといくら主張しても、敗戦国の主張は割り引いてしか評価されない。国際司法裁判所が一方が訴えたら訴えられた国が応じなければならない様に変更しない限り、戦勝国の言い分が優先される慣習は変わらない。国連常任理事国の拒否権にしても、21世紀の世界にこんな不条理が生き続けている事こそ「その他大勢」の国々が手を携えて変えていかなければならないのに、経済援助などで手なずけられて口を封じられている。日本は拒否権を持つ中国が常に反対する常任理事国入りを目指すのではなく、現在の不平等の象徴である常任理事国の特権を先ずは半減、そして全廃することに全力を挙げるべきだ。それに対する支援を多くの国から勝ち取る為にも、自衛隊の国外での軍事活動は「全て国連指揮下に委ねる」として国連軍としての活動に限定し、それを実行し続けるべきだと思うのだが。(2016/05/13 17:36)

先ずは何より先に日経でこのような記事が取り上げられた事に対して拍手を送りたい。日本周辺の外交情勢がきな臭くなっている昨今、未だに「リアリズム」の視点が欠けた「憲法学者」「進歩的知識人」「左派政治家」…etc.の声が幅を利かす日本において多くの国民に読んでもらいたい記事である。その上で言っておきたいのは『「リアリズム」の視点が欠けている』というのは決して日本人の生来の国民性に由来するものではないという事。戦後のGHQを始めとしてコミンテルン、中共、北朝等日本人に「リアリズム」を持ってもらっては困る勢力とその息のかかった人々が国民から徹底的に「リアリズム」的思想を排除してきたのが要因である。極端な話、あらゆる国家にとって外交上の相手国が「リアリズム」に疎い方が都合が良く、相手国を積極的にそうなるように誘導するような情報戦が世界中では繰り広げられている。それを「情報戦」と気付かずに「進歩的思想」として賞賛してきた日本の言論界、政界、教育界は猛省すべきである。(2016/05/13 09:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長