• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

外交では事実認識が大事

米ハーバード大学名誉教授エズラ・ヴォーゲル氏に聞く

2015年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このほど来日したハーバード大学名誉教授のエズラ・ヴォーゲル氏に、習近平国家主席下の中国と米中関係をどう見ているかを聞いた。ヴォーゲル氏は、欧米の学者187人が5月5日に発表した日本政府に対し第2次大戦における「過去の清算」を促す声明(日本語英語)に名を連ねている。現在の安倍晋三政権のアジア政策と、今回の声明を発表した理由とそこに込めた思いも併せて聞いた。ちなみに同声明への賛同研究者は450人に達している。

(聞き手は、石黒 千賀子)

現在の習近平政権下の中国をどうご覧になっていますか。

エズラ・ヴォーゲル(Ezra Vogel)氏
ハーバード大学名誉教授
1930年米国オハイオ州生まれ。50年オハイオウェスリアン大学卒業後、米陸軍に2年間勤務し、58年米ハーバード大学にて博士号(社会学)取得。日本に加え、61年以降は中国研究にも着手。67年にハーバード大学教授、72~77年同大学東アジア研究所長、80~88年同日米関係プログラム所長、95~99年同フェアバンク東アジア研究センター長などを歴任。79年に出版した『ジャパン・アズ・ナンバー・ワン』は日本でベストセラーになった。2011年には10年強を投じて執筆したという『鄧小平』(日本語版は2013年)を出版した(写真:大高 和康、以下同)
 

ヴォーゲル:習氏は若くして福建省長や浙江省党委員会書記を務めるなど、地方では行政手腕を発揮し、高く評価されてきました。父親がかつて副首相だったおかげで広い人脈があったことも功績作りに役立ったと思います。

 しかし、国家主席に就任するまで世界情勢を学んだり国際政治に接したりする機会はあまりなかった。ここが鄧小平氏とは大きく異なる点です。

 米国でも州知事から大統領になる人は、行政は経験が豊富で強いですが、世界情勢には疎いケースが多い。一方、連邦議員から大統領になる人は、世界情勢には詳しいものの、行政に弱い。


習氏はゴルバチョフを反面教師にしている

習主席は、米国でいうガバナータイプということですね…

ヴォーゲル:そう。海外の経験が豊富だった鄧小平氏と比べると、世界のことをあまり知らないできた。鄧小平氏ともう1つ異なる点があります。鄧小平氏は、国の政策の方針など大事なところはよく考えて、あとはまかせていたが、習氏は権力を自分の手に集中させ、毎日15時間くらいは働いて、細かいところまで自分で統制したいタイプです。

 そうした習氏が中国を統治する立場に立った時、国民に自由を認めたことでソ連の崩壊を招いたゴルバチョフ氏のことを意識し、中国がそうした事態に陥ることを非常に懸念したと聞いています。だから中国共産党と異なる意見を持つ西欧の思想や知識階級、少数民族の存在を非常に危険視しており、厳しいスタンスを貫いている。

 今の中国は1978年頃とは異なり、経済面でも、軍事面でも大変力を付けてきており、非常に自信を深めている。国際政治の経験が乏しい一方で、自信を持ったがゆえに、外交をうまく展開できなかったと私は見ています。

 例えば、尖閣諸島問題も鄧小平氏のように棚上げしていたら、いろんなことがうまくいったでしょう。しかし、自信満々だったから強気に出てしまった。

しかし、中国は南シナ海でも領有権を主張し、暗礁を埋め立てるなど強気な姿勢はむしろ一層際立っています。

ヴォーゲル:中国は今、大国にふさわしく海洋を自由に移動できる「Freedom of navigation(航行の自由)」というものを確保したいと強く考えている。過去100年強は弱かったが力を付ければ、それを表すのは自然なことで、南シナ海や東シナ海で強気に出ても外国は認めると考えていたように思います。

コメント36

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「外交では事実認識が大事」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長