• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

海外から来て日本を壊し始めた集団の末路

「ある集団」に詳しい小菅康弘氏に聞く

2017年6月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 グローバル化が進み、ヒト、モノ、カネ、情報がボーダレスで移動する時代。ある国で育った集団が、国境を越えて別の国に移り住むことは珍しくなくなった。だがそうした集団の移動は往々にして軋轢を生む。移り住んだ国で勢力が拡大し、食生活などの違いからその国の環境を破壊してしまうなどの結果、敵視されて差別を受けたり、当局の規制の対象になってしまったりケースも少なくない。今の日本にも、海外から来て日本の環境などを壊し、当局からまさに規制の網を掛けられようとしている「ある集団」がいる。どうすれば彼らを救い、彼らと共生することができるのか。専門家に話を聞いた。

聞き手は鈴木信行

 人間には様々な「末路」があります。書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』では、「宝くじで1億円当たった人」「事故物件借りちゃった人」「キラキラネームの人」「自分を探し続けた人(バックパッカー)」といった、やらかした人々の末路や、「友達ゼロの人」「子供を作らなかった人」「電車で『中ほど』まで進まない人」「8時間以上寝る人」「体が硬い人」といった気になる人々の末路まで、23編の多様な「末路」を1冊にまとめました。

 大反響であっという間に8万部突破!右の書影をクリックいただければ購入できます。是非、お手に取ってご覧ください。


「末路本」の詳細が気になる人は…

一部の先進国に比べ日本はまだ、ヒト、モノ、カネの移動に対する障壁は比較的高いはずなのですが、その集団が日本に移り住み始めたのはいつ頃からなのでしょう。

小菅:戦後すぐです。1950年代から本格的な移り住みが始まり、1980~90年代には既に日本国内でかなりの勢力を築き上げました。日本に連れて来られた理由は、企業や事業者にとって低コストだったからです。

それが今では勢力が拡大し過ぎてしまい、近い将来、当局により規制の対象になる可能性があると聞きます。

小菅:2015年に当局が彼らを規制の対象にすべくプロジェクトを立ち上げています。規制が本格化すればこれ以上、日本に来るのは不可能になります。これまでも何度か規制の対象にすべきだという議論はあったのですが、彼らによって「経済が回っている側面」もあり、様々な利害関係から話が進まなかったようです。米国からの外圧もあったと推察されます。ちなみに欧州とオセアニアの一部には彼らはもう入国することができません。また、当局の中では、彼らだけを規制しても、結局、別の集団が入ってくるから規制に意味はないという慎重論もあったようです。彼らを日本に招き寄せている勢力からの圧力もあるのかもしれません。

当局からもマークされる国内一大勢力

彼らはそんなに日本の治安を揺さぶるようなことをしているのですか。

小菅:数が多いこともあって、食生活の違いなどから日本の環境を壊し始めています。とても丈夫で繁殖力が強いのも特徴です。

国のアイデンティティが崩れかねない、と。ただ、子供の頃は可愛いですよね。

小菅:可愛いです。でも大人になると雰囲気が変わってきます。長生きするので、最近は日本で彼らを受け入れた人が先に亡くなった場合、誰が面倒を見るのかという問題も取り沙汰されるようになりました。

セーフティーネット、社会保障問題的な側面もある、と。もともと彼らの出身地はどの辺りで、最近の流入にも歯止めがかからないのですか。

小菅:米国です。戦後どんどん移り住み、ピークの90年後半には100万近く来日し、今も年間10万は日本に来ていると聞きます。ある調査では、国内に180万が暮らしているとか。

180万! そんな話、多くの国民は聞かされていませんよ!

小菅:180万は家庭にいる集団の数字で、国内全体にはもっと多いと思います。

うーん。非常に深刻な問題ですね。1950年代から日本に輸入され、昭和の時代には“夏祭りの屋台の定番商材”として「色つきヒヨコ」と並んで子供達に大人気を博し、その後、飼い切れなくなった飼い主に野外に放されたことによる「水辺の環境破壊」が問題となり、2015年、環境省から特定外来生物の候補として指定された「ミドリガメ」(アカミミガメ)の問題は!

小菅:全くです。

コメント2件コメント/レビュー

タイトルに危機感を覚えて読みました。
どこかの人種かと思って。
ミドリガメのことで、ホッとしたような、でも深刻な問題ですね。

やれグローバルだのなんちゃら言われる昨今ですが、
今まで人も動物も上手く棲み分けして世界がそれでまわっていたんですから、
いまさらその調和を壊すことはしてはいけませんね。

難民受け入れで移民問題が話題に上りますが、
宗教や慣習、食生活が違う者が後から入ってきて
古来から住んで文化を作り伝統を守ってきた先人が片隅に追いやられるのは
なんとも不条理です、人も動物も。(2017/07/22 15:41)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「海外から来て日本を壊し始めた集団の末路」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイトルに危機感を覚えて読みました。
どこかの人種かと思って。
ミドリガメのことで、ホッとしたような、でも深刻な問題ですね。

やれグローバルだのなんちゃら言われる昨今ですが、
今まで人も動物も上手く棲み分けして世界がそれでまわっていたんですから、
いまさらその調和を壊すことはしてはいけませんね。

難民受け入れで移民問題が話題に上りますが、
宗教や慣習、食生活が違う者が後から入ってきて
古来から住んで文化を作り伝統を守ってきた先人が片隅に追いやられるのは
なんとも不条理です、人も動物も。(2017/07/22 15:41)

この記事では、米国産のカメが悪者のようであるがそれは本末転倒で、なぜならそれを持ち込み繁殖させ、売っている『露天商』という暴力団組織だ。私自身関東で暮らしていた時に、知らずに近所の住人のお手伝いということで、露天商の手伝いをしたことがあった、そいつは某暴力団の舎弟で自ら露天を三張り営んでいた。私は彼に頼まれ不正にコピーされた大判アイドルポスターを売っていたが、他の露店は当然ミドリガメやメスの全く含まれていないヒヨコなどを売っていた。しかし一番の問題は祭りが終わってしまえば、それらの小動物をそこに破棄して帰るのである。現に昨年破棄された大きなめんどりが神社の境内でたむろしていたが、オスしかいないために繁殖はできない、しかしカメなどはオス・メスの判断が暴力団員ではできないために、破棄されて交尾を繰り返し増えに増えるのである。他にも私の目の前で大量の金魚を笑いながら駐車場に捨てていた暴力団員もいたが、私は呆れるしかなかったのを憶えている。結局問題はこの祭りの風物である露店自体を取り締まるか『絶滅』させなければならない。小動物を敵にしても何ら問題は解決しないのである。(2017/06/30 06:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長