• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ウコン、むしろ肝臓に悪い」は本当か

左巻 健男・法政大学教職課程センター教授に聞く

2016年10月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人口減少が加速し様々な産業で市場が縮小する中、活気に沸いているのがサプリメントを始めとする健康食品産業だ。市場規模は2兆円に迫り「国民の約4分の1(あるいは50代以上の約3割)が毎日、何らかの健康食品を利用している」との統計もある。
そんな中、「多くのサプリは無駄どころか、むしろ体に悪い」と主張する専門家がいる。話を聞いてきた。

(聞き手は鈴木信行)

左巻 健男(さまき・たけお)
栃木県小山市出身。千葉大学教育学部卒業。東京学芸大学大学院修士課程修了(物理化学・科学教育)。埼玉県大宮市(現さいたま市見沼区)立春里中学校や東京大学教育学部附属高等学校の教諭を務めた後、京都工芸繊維大学アドミッションセンター教授を経て2004年から同志社女子大学。2008年より、法政大学生命科学部環境応用化学科にて教授職。2014年4月より法政大学教職課程センター。

2014年に書籍『病気になるサプリ』(幻冬舎新書)を上梓するなど様々な場でサプリの危険性、問題点を訴えておられます。とりわけ『病気になるサプリ』では、ダイエット系からアンチエイジングもの、抗がんジャンルまであらゆる健康食品を批評しています。さすがここまで思い切ったことを書くと、ヘビーなクレームが各方面から入りそうですが。

左巻:それがそうでもないんですよ。僕はあくまで科学的エビデンスを元に批評をしているので、内容に対し反論があるならいくらでも議論、説明する用意がある。でも向こうは別に、内容に関する議論や説明を求めているわけではない。

サプリが科学的に効くのか、効かないのか、白黒はっきりつけたくはない、と。

左巻:だから僕の所に直接クレームが来ることはめったにない。掲載したメディアの方には、「こんな記事を載せたからにはバーターで宣伝記事を書け」みたいな圧力が来ることもあるみたいですが。彼らにしてみれば、批評にいちいち反論しなくても、儲かっているという事情もあるのでしょう。

逆に「肝機能障害の原因」との報告あり

『病気になるサプリ』には、サプリ愛好家には衝撃的な話が次々に出てきますが、まず多くの会社員にインパクトがあるのが「じつはウコンは肝臓に悪い」の項です。

左巻:ウコンはショウガ科の植物で、その成分はデンプン、カリウム、ビタミンC、カロテンなどと、クルクミンなどクルクミノイド類です。このうち「肝臓によい」と言われるのはクルクミノイド類ですが、その肝障害抑制効果は、試験管レベルや動物実験の結果でしかなく、人の臨床試験での科学的根拠はありません。

 一方で、ウコンが肝機能障害の原因になるという部分についてはエビデンスがあります。健康食品・サプリで最も多く報告される健康被害は肝機能障害なのですが、原因物質として、単一の成分としての報告は、ウコンが一番多いのです。

本当ですか。

コメント11件コメント/レビュー

私もサプリ無用論者です。なんでも食事として摂るほうが効率よく吸収できるし、副作用の害もなく安全だと思っています。もともとウコンはあくが強い香辛料ですから、薬と心得た方がいい食品です。サプリとして摂れば量が半端ないですから、あくを分解するのに肝臓に負担がかかり過ぎ、マイナスの効果の方が大きいです。一般にサプリに言えることですが、一つの成分に特化して大量に摂っても、身体が消化するかどうか、どれくらいで過剰になるのか、過ぎたるは及ばざるが如しのことわざの通り、適量をはかるのはとても難しいことです。長きにわたれば必ず何らかの弊害が生じます。以前にがりを摂るサプリが流行した時、友人がさっそく実行していて、見れば顔がパンパンに腫れて、体を触ってみれば肝臓が固くなっていました。摂りたければ豆腐で取った方がいいと助言したら、体調の悪さが治ったといっていました。
入院するほどでもないが不調なときは、人類の長い人体実験の結果を参考に、何が効くか調べて、それをメーンとした献立を考えて、食事で摂るのがベストです。
長い目で見れば、サプリも病院も必要としないので、結局安いのです。(2016/10/10 07:44)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

「「ウコン、むしろ肝臓に悪い」は本当か」の著者

鈴木 信行

鈴木 信行(すずき・のぶゆき)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日本経済新聞産業部、日経エンタテインメント、日経ベンチャーを経て2011年1月から日経ビジネス副編集長。中小企業経営、製造業全般、事業承継、相続税制度、資産運用などが守備範囲。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私もサプリ無用論者です。なんでも食事として摂るほうが効率よく吸収できるし、副作用の害もなく安全だと思っています。もともとウコンはあくが強い香辛料ですから、薬と心得た方がいい食品です。サプリとして摂れば量が半端ないですから、あくを分解するのに肝臓に負担がかかり過ぎ、マイナスの効果の方が大きいです。一般にサプリに言えることですが、一つの成分に特化して大量に摂っても、身体が消化するかどうか、どれくらいで過剰になるのか、過ぎたるは及ばざるが如しのことわざの通り、適量をはかるのはとても難しいことです。長きにわたれば必ず何らかの弊害が生じます。以前にがりを摂るサプリが流行した時、友人がさっそく実行していて、見れば顔がパンパンに腫れて、体を触ってみれば肝臓が固くなっていました。摂りたければ豆腐で取った方がいいと助言したら、体調の悪さが治ったといっていました。
入院するほどでもないが不調なときは、人類の長い人体実験の結果を参考に、何が効くか調べて、それをメーンとした献立を考えて、食事で摂るのがベストです。
長い目で見れば、サプリも病院も必要としないので、結局安いのです。(2016/10/10 07:44)

グルコサミンは、サプリだけでなく、医薬品もあります。医薬品とサプリの差は、成分量が多少違うくらいです。医薬品の成分は有効性が一定程度は証明されているということだと思います。
これを、医薬品は効果があり、サプリは効果が証明されていないというのは、無理があるのではないでしょうか?成分量やレシピの違いを言い出したら、ジェネリック薬品も、否定することになるのではないかと、思いますが、どうなのでしょうか。ウコンについてではなく、グルコサミンの詳細を聞きたくなりました。(2016/10/06 15:40)

サプリ、トクホ摂取は、音楽聴いたり本読んだり映画見たりスポーツ観戦したりするのと同じと思えば腹も立たない。かも。(2016/10/06 12:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長