• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「遺骨」を捨てる人も、「一族の墓」は維持困難

“無形化”する墓 ──「墓は持たない」という選択

  • 柳生 譲治

バックナンバー

2017年10月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

高齢社会に突入し年間130万もの人々が亡くなる一方、葬儀を執り行い先祖の墓を守る側の人間は、少子化により減り続けている。直葬、散骨、共同墓、手元供養、墓じまい ── 核家族化や高齢ひとり暮らし世帯の増加といった社会の変容もあり、葬儀や埋葬に関わる状況は激変している。多死・人口減少社会の中で、日本人の死生観にどんな変化が起きているのかについて、葬儀や墓の事情に詳しい第一生命経済研究所の小谷みどり主席研究員に聞いた。

(聞き手は柳生譲治)

激変する葬儀、その背景にあるもの

小谷みどり(こたに・みどり)氏
第一生命経済研究所 主席研究員

大阪府出身。奈良女子大学大学院修士課程修了後、ライフデザイン研究所(現・第一生命経済研究所)に入社。博士(人間科学)。専門は生活設計論、死生学、葬送問題。国内外の墓地や葬送の現場を歩き、大学で生活経営学や死生学などを教えている。主な著書に、『<ひとり死>時代のお葬式とお墓』、『ひとり終活 不安が消える万全の備え』など。

この20年くらいで、亡くなった人の葬儀の簡素化が進んだということを実感しています。今は家族を中心とした身内だけで内々に行うことが主流になっています。

小谷:かつて葬儀は残された者たちの「義務」と考えられており、見栄や世間体もあって葬儀は盛大に行われていました。葬式をキチンと執り行わなければ世間体が悪いと考えられたのです。とりわけ地方では立派な葬式をしなければならないという一種の“圧力”があったと思います。そのために、近所のおばさんたちも葬式の手伝いに駆り出されていました。でも、核家族が当たり前になって、地域社会も大きく変わり、人づき合いも減り、世間体や見栄を気にする人は少なくなりました。

「世間体」や「見栄」を気にする、伝統的意識を持つ人たちが減ったために、葬儀の簡素化や多様化は進んでいった、と。

小谷:それも一つの要因だったと思っています。ほかにも原因を挙げれば、長寿化により故人が高齢のケースが増えたことも、葬儀のあり方に大きな影響を与えています。例えば故人が高齢であれば友人も少なくなりますし、葬儀に参列できる人もかなり減るためです。

 さらに、三世代同居の時代がすでに遠くなり、核家族やひとり暮らし世帯が増えたことも背景にあります。家族の形は大きく変容しました。日本では従来、葬儀は「家」の重要な儀式であり、人生の終末期から死後までの手続きや作業は子孫が担うべきだとされてきましたが、子供たちは成人後に両親と別に住むことが一般的になり、現実として、離れて住む親や親族の葬儀に労力や時間を割くことは難しくなりました。一方、親の側も、「家族に負担をかけたくない」と小規模の葬儀を望むことが増えており、簡素化に拍車をかけています。

核家族化で変容、日本人独特の死生観

死生観も変化している?

小谷:死に対する感覚は、核家族で育った人と、三世代が一つ屋根の下に暮らし仏壇が生活環境にあったような人とでは、大きく異なります。例えば家の鴨居にかけられていた先祖の写真、かつて各家で行われていた「お盆」の行事──そうしたものは、亡くなった人をしのぶ“装置”として機能していました。そこには日本人独特の死生観がありましたが、今ではそうした環境も失われています。そもそも「盆踊り」は本来、地域の人たちで死者を弔うための儀式でしたが、今では単なる夏祭りくらいにしかとらえられていないのではないでしょうか。こうした社会の変容も、伝統的な葬儀の衰退と関連しているのではないかと思います。

コメント18件コメント/レビュー

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は、自分の何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。

 何代前のご先祖様であっても知っていなければならないと考えているのだろうか。
 (何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。)

 それとも、曾祖父母まで知っていれば良くて、曾々祖父母は知らなくても良いのだろうか。
 (曾々祖父母は「どこの馬の骨かわから」なくても良いのだろうか。)

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人も、どこで線引きするのかなどおそらく考えもせずに
 「じいちゃんの親(三代前)」
と書いたのだろう。

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は自分の曾孫までは自分のことを知っていて欲しいのだろうが、それを曾孫に押し付けるのは「どこの馬の骨かわからん」と書いた人のエゴでしかない。(2017/11/17 11:13)

「キーパーソンに聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は、自分の何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。

 何代前のご先祖様であっても知っていなければならないと考えているのだろうか。
 (何代前のご先祖様まで知っているのだろうか。)

 それとも、曾祖父母まで知っていれば良くて、曾々祖父母は知らなくても良いのだろうか。
 (曾々祖父母は「どこの馬の骨かわから」なくても良いのだろうか。)

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人も、どこで線引きするのかなどおそらく考えもせずに
 「じいちゃんの親(三代前)」
と書いたのだろう。

 「どこの馬の骨かわからん」と書いた人は自分の曾孫までは自分のことを知っていて欲しいのだろうが、それを曾孫に押し付けるのは「どこの馬の骨かわからん」と書いた人のエゴでしかない。(2017/11/17 11:13)

下で「自分の事しか考えられない」と書いた者ですが、最後にもう一度。

家系を考えるときに、「現代」という観点を持つのはナンセンスです。
祖先から親、自分、子供、、そして子孫。時の流れの中ではどの一部もその時の「現代」であり、今の自分が居る所が「現代」ではないです。
と、いうか、自分が居る場所を「現代」とするのは、その先に繋いで行かないと宣言したも同然です。
先祖を偲ぶのは、行く末に思いを馳せる事でもあります。

墓を移動するのは結構、建て替えるのは結構ですが、仕舞うのは如何なものか。
ランドマークを壊してどうするの。
墓も無く、当然ながら仏壇も無く過去帳すら無い。
じいちゃんの親はどこの馬の骨かわからん!というご子孫にするのですね。(2017/11/08 08:52)

神の創造したDNAは、過去現在未来永劫、永遠の命をつないでゆきます。しかし、その永遠の命の1パートを一生懸命に生きた個の命はやがておわり無の世界に還ります。

親鸞は、自分が死んだら、賀茂川のいほ(魚)の餌にせよとの遺言を残されました。武田信玄は、
甲冑をきせて諏訪湖に沈めよ との遺言を残されました。

アインシュタイン、周恩来、鄧小平、ネール、ガンジー、ビビアンリー、マリアカラスは散骨を選択しました。

自分が死んだら、どこに還るか、それは自由なのです。水中墓もありです。(2017/11/06 14:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長