• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京マラソンと箱根で証明!青学メンタル育成術

青山学院大学陸上競技部監督 原晋氏に聞く(前編)

  • 日経トップリーダー .

バックナンバー

2016年3月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

箱根駅伝を連覇した青山学院大学の原晋監督。2月28日には、リオ五輪の代表選考会を兼ねた東京マラソンでも、青山学院大学の下田裕太選手(2年生)が十代の日本最高記録を更新して日本人2位に入賞した。続く3位には一色恭志選手(3年生)が入り、原監督率いるフレッシュグリーンの一団が陸上界に新風を巻き起こしている。「わくわく大作戦」など一見「チャラい」キャッチフレーズを掲げて若者の心をつかみ、確実な結果を出す理由はどこにあるかを、箱根駅伝で勝利した直後に聞いた。
はら・すすむ
1967年広島県生まれ。県立世羅高校で全国高校駅伝準優勝、中京大学で全日本インカレ5000m3位。89年中国電力入社。陸上競技部に5年間在籍後、引退。以降、高額の省エネ空調機械をトップの成績で売り上げるなど“伝説の営業マン”として活躍した。2004年から現職。15年、16年の箱根駅伝などで青山学院大学を優勝に導く (写真:小野さやか、以下同)

青山学院大学にとって今年の箱根駅伝は昨年以上にプレッシャーが強かったのではないかと思います。どう跳ね除けてチームを勝利に導いたのでしょうか。

:昨年10月に駅伝シーズンが始まると、日々プレッシャーを感じました。知らず知らずのうちに去年のチームと比較しては、「あれができない、これができない」と減点方式で見ていたと思います。

 そんな中、箱根駅伝の前哨戦といわれる11月の全日本大学駅伝で東洋大学に敗れ、これはいかんなと反省しました。

 本来、私は減点方式が大嫌いです。教育の基本は、加点方式なんです。昔はどうだった、あの人はこうだった、ではなく今のチームをどう強化していくか。残り2カ月だからこそ「これができた、あれができた」と前向きに評価しなければならないと原点に返りました。そして「準備とこだわり」をモットーに、積み重ねてきた練習に改めてこだわって、箱根に向かおうと呼びかけたのです。

 試合はすべて準備の結果です。ですからしっかり準備した後は、仮に負けてもそれが実力と認めよう。そして、どんな順位に終わっても、笑顔でゴールしようと選手たちと約束していました。

選手と同じ目線に

駅伝はハードな競技ですから、これまでは真剣さや忍耐強さが強調されてきました。それを「わくわく大作戦」や「ハッピー大作戦」と、従来のイメージを一新するキャッチフレーズを使っています。

:ある種おちゃらけたことを言っているように見えますが、1つの旗の下、皆が楽しく頑張ることができる雰囲気をつくる意図がありました。だから、我ながらなかなかいい案じゃないかと(笑)。

 世間のプレッシャーは監督が一手に受けるもの。選手には重圧や緊張を感じさせたくなかったのです。試合前にそわそわ怒鳴り散らしても意味がありません。

 それよりも選手たちを、走りたくて仕方ないという心の状態に持っていくことのほうが大切です。従来、陸上界では、上からの強いプレッシャーで頑張らせようとする風潮がありました。私はむしろ、いかにメンタル面を引き上げるかを、いつも考えています。これは、サラリーマン生活を経験したからこその考え方だと思います。

コメント4

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長