• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

路上駐車が東京と大阪だけで9万台もあった

akippa社長 金谷元気氏に聞く(前編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2018年4月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

出かけた先でクルマを停められる場所が見つからない。目の前の月決め駐車場には空きスペースがあるが、今日だけそこに停めさせてもらえないだろうか――。このような困りごとを、ネット経由のシェアアプリで解消しようというのがakippaだ。2014年にスタートしたばかりだが、既に1万6000カ所の駐車場と、約60万人のユーザーを擁している。社長の金谷元気氏に、どうドライブを掛けて急速に事業を立ち上げたのか、聞いた。

月決めや個人の駐車場をネット経由で時間借りできるアプリ「akippa」を2014年4月にリリースし、順調に利用者数を増やしています。駐車場のシェアリングを思い付いたきっかけは何だったのでしょうか。

金谷:起業して4年間は、主に携帯電話を法人に販売する代理店業務を営んでいました。事業は軌道に乗っていましたし、社員も仲が良く、申し分ありませんでした。

かなや・げんき 1984年生まれ。akippa社長。大阪府立松原高校卒業後4年間、Jリーガーを目指し関西サッカーリーグなどでプレー。引退後、上場企業にて2年間営業を経験し、2009年に24歳で1人暮らしをしていたワンルームの部屋で起業し、ギャラクシーエージェンシーを設立。契約されていない月決め駐車場や、マンションの駐車場などを15分単位で貸し借りできる駐車場シェアアプリ「akippa」を14年にリリース。15年に社名もakippaに変更し、今までに総額16億円以上の資金を調達した。趣味は、読書と「ももクロ」のライブに行くこと。(写真:山本祐之)

 ですがしばらくして、自分たちの仕事は数字を追っているだけではないかと、最初は感じていなかった疑問を抱くようになりました。本当に世の中のためになっているだろうか、私たちが扱っていた商品も、納得して買っていただくというより、説得して買っていただいているのではないか、と思うようになってきたのです。

 次に、社員とその家族に、生活の中で困っていることを聞いてみたんです。人々が困っていることを解決できるものをつくることができれば、それは“なくてはならぬ”ものになるからです。困りごとは200件ぐらい集まりました。

 そのうちの1つに「クルマで出かけた先で駐車場が満車と知ること」がありました。一方で、月決めや個人の駐車場は、いつもクルマが停まっているわけではありません。そこで、クルマで出掛ける人と、空き駐車場をつなげばいいのではないかと思ったんです。

 日本の駐車場事情について調べてみましたら、クルマは7600万台ありますが、コインパーキングは500万台分しかない。ある瞬間の路上駐車の数は、東京と大阪だけで9万台もありました。

 一方で月決めや個人の駐車場は1億台分あるんですが、その3割が空いていることも分かりました。さらに調べると、コインパーキング事業を手掛ける企業は、6社が上場していることも分かり、これは儲かる、堅いビジネスなんだと確信し、13年10月から営業を始めたんです。

オススメ情報

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授