• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農場で研修したら、人はすぐに見分けられる

サカタのタネ代表取締役社長 坂田宏氏に聞く (後編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2016年9月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

種という「生き物」を扱って約1世紀の、サカタのタネ。三代目社長の坂田宏氏は研究開発とともに「人材」の重要性を指摘する。その見分けるポイントも種苗会社らしいユニークなものだ。

社員数は今、どれくらいですか。

坂田:国内が600人強で、海外も入れた世界全体で2100人を超えています。その約2割が研究開発の人材になります。研究開発ができる人材の採用・育成は大きな根幹の1つではありますね。

坂田宏(さかた・ひろし)氏 1952年神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。第一勧業銀行(現・みずほ銀行)を経て、81年に坂田種苗(現・サカタのタネ)入社。国内営業を経験後、欧州での現地法人立ち上げに関わり、6年間オランダに駐在。SAKATA SEED EUROPE B.V.(現・EUROPEAN SAKATA HOLDING S.A.S.)総支配人、社長室長、広報宣伝部長、経営企画室長などを歴任し、2005年常務取締役管理本部長となる。2007年6月から現職。創業家の3代目に当たる。(写真・菊池一郎、以下同)

どんなところを見て、採用されるんですか。

坂田:研究開発に関しては人となり。それと、植物等に対しての情熱というのも重視しますね。管理系でも、やはり仕事に対する情熱のところはよく見ます。なかなか15分の面接では分からないことも多いですけれど。

 ですから、できるだけいろいろな社員、レベルの人間の目で見るということはやっています。採用面接は最低3回はしますから、多い方じゃないでしょうか。

 最初は人事が面接し、最終面接には我々、役員クラスが入ります。それと、研究開発の場合は事前に農場での研修というものをやっています。それで、かなり人物は見えますね。

農場で研修したら、人となりがすぐに分かるでしょうね。

坂田:分かります。

ちゃんと整理整頓できるかとか、人と一緒に仕事ができるかとか。

坂田:それと、どんなことを質問してくるか。どんなふうに作業をやっているかを見ても、分かります。

生き物を扱っていることが大前提

なるほど、サカタのタネらしいですね。

坂田:採用も事業もそうですが、我々が扱うのは生き物だということが大前提としてあります。新しい品種を開発するのには10年単位の時間がかかりますから、先見性は非常に重要です。ニーズを先取りして研究開発に生かしていくということと、先読みしたニーズが時代とマッチしているか。それと、私も口を酸っぱくして言っていますけれども、オリジナリティーですね。新しいもの、ほかにないものを作るという、この精神。これを、情熱を持っていかにやれるか。

 「プリンスメロン」を開発したときも、何回もやめようかと思ったことがあったそうです。担当者が「もう嫌だ」「もういい」と何回も言ったそうですけれど、創業者が「もうちょっと頑張れ」と励ましながら開発した。あれも情熱の賜物です。

 これは創業者がよく言っていたことですが、研究開発のポイントは「捨てる」ことだそうです。捨てるということは、取捨選択するということですね。いいものだけを残して、あとは全部捨てる。捨てる勇気を持つのは、なかなか難しい。

コメント0

「トップリーダーかく語りき」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士