• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社員はなぜ、数字に興味を持ってくれないのか?

第16回:産廃処理の職人が“相場師”に育つまで

2016年10月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

経営に関する数字を社員に公開するのは、経営者にとって勇気が要ること。なのに、思い切って公開しても、社員はありがたがらないし、一向に興味を持たない――。産廃処理業界の改革を目指す、石坂産業(埼玉県三芳町)の石坂典子社長が、かつて直面した現実だ。社員の視線を「数字」に目を向けさせるため、どんな努力を積み重ねてきたか。そして、長い年月をかけて成功させたとき、どんな大きな変化が会社に生まれたのか。

 ご無沙汰しておりました。約1年ぶりの更新にて失礼します。

 その間、何をしていたのかといえば、本業(=社長業)の傍ら、この連載をまとめて1冊の本(こんな本です)にしていました。

 せっかく本にするなら、あの話もこの話も書き足したい! と、のめりこむうち、連載の更新が滞ってしまった次第です。

 大変、申し訳ございませんでした。

 

 それはさておき、中途半端に終わっていた前回の続きです。

 昨年の夏、私は、いわゆる「個人保証」を、取引のある金融機関のすべてから外してもらいました。個人保証とは、中小企業などの経営者が個人として、会社の借金の連帯保証人になること。会社の経営が傾けば、経営者が一家揃って路頭に迷いかねない、怖さをはらんだ仕組みです。だから、「個人保証を外してもらった」と、ほかの経営者の方々に話せば大抵、うらやましがられます。

昨年の夏、個人保証を外すことに成功した石坂社長。「数字に強い社員が揃っていたおかげ」と話す(写真:栗原克己)

 では、どうして私は、個人保証を外してもらえたのか。
 金融機関に「外してください」と、思い切って切り出すまで、私には相当な葛藤がありました。
 しかし、いざ交渉を始めると、拍子抜けするほどあっさりしたもので、すぐに外してもらえました。
 なぜ外してくれたのか。金融機関の方に尋ねたところ、「経営の透明性の高さ」が、評価されたらしいことが分かってきました。
 では、「経営の透明性」とは何でしょうか。
 どうやら、社員が会社の数字をきちんと把握していることが、「経営の透明性」として、評価されたようです。
 しかし、社員に会社の数字に興味を持ってもらうというのは、実はなかなか難しい……。

 前回のお話を駆け足で振り返れば、こんな感じです。

 そして今回は、社員に会社の数字に興味を持ってもらえるようになるまでの、私の七転八倒です。

不器用なくらい、真面目な人がいい

 2002年、私が30歳で社長に就任した後、わずか1年で、ベテランを中心に、約4割の社員が会社を去りました(詳しくは、第2回をご参照ください)。社長就任早々、したたかな洗礼を受け、人の上に立つしんどさを思い知らされましたが、へこたれてはいられません。辞めていった社員の穴を埋めるための採用活動に奔走しました。

 面接で、私は意識的に「業界経験がない真面目そうな人」を、優先して通しました。
 産業廃棄物処理会社では、珍しいことです。
 なぜなら、産廃処理の現場では、パワーショベルやフォークリフトなどの重機を取り扱うことが多く、免許はもちろん、技術的な熟練が求められます。だから、どこの会社でも経験者の中途採用が圧倒的に多いのです。
 けれど、私はそんな同業他社と、一線を画することを決意しました。

 まだ産廃業界の常識を知らない、それどころか世間の常識にも疎いかもしれない。そんなまっさらな人材に、私と一緒に、ゼロからこの会社の新しいカラーをつくってもらいたい。それならば不器用なくらいに真面目で、経験のない若者のほうが合うだろう。私はそう考えたのです。

コメント7件コメント/レビュー

所沢方面で仕事が出たら是非一度お世話に成りたいと思っている会社。
社長である彼女の一言一句は会社組織だけでなく日本社会を変える為のベクトルも示唆している。(2016/10/30 13:59)

「ドラ娘がつくった「おもてなし産廃会社」」のバックナンバー

一覧

「社員はなぜ、数字に興味を持ってくれないのか?」の著者

石坂 典子

石坂 典子(いしざか・のりこ)

石坂産業社長

1972年東京都生まれ。高校卒業後、米国への短期留学を経て、父親が創業した石坂産業に入社。2002年社長就任。現在、2児の母。13年、同社は経済産業省の「おもてなし経営企業選」に選ばれた

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

所沢方面で仕事が出たら是非一度お世話に成りたいと思っている会社。
社長である彼女の一言一句は会社組織だけでなく日本社会を変える為のベクトルも示唆している。(2016/10/30 13:59)

会社を持続させることが社長の仕事、そのためには社会になくてはならない会社、社会からも求められる仕事、価値を提供できる会社にする、という強い志で、そのことを社員に対しても問いかけていく、あきらめないで自分の目線を磨きあげながら社員に問いかけていく。会社というのは、株主、オーナーのもので社員を使って稼いでいくだけの人間観のない会社経営ではない。新しい資本主義の中での会社運営の方向を指し示してくれている。情報公開をしている会社が、中小企業でも増えてきているが、その情報をどう使っていくか、ここのところを石坂社長は質問力を駆使しながら伝えていっている。あまりこのように言うのはよくないかもしれないが、ハーレーにのった女神がこれからの会社経営の方向性、実践を実況放送してくれている感じがする。このコラム、ぜひ継続してください。
(東京中小企業家同友会 中央区支部会員)(2016/10/28 11:27)

父が病気で倒れ、期せずして家業の電気工事店を継ぎました。3年で1名退職、1名採用。御多聞に漏れず従前は徒弟制で従業員に数字を一切見せていませんでした。市販の原価管理ソフトを導入し1年分入力したデータで個別原価計算のたたき台を提示したところ、3割の従業員は「目から鱗」だったようです。半数は無関心、2割からは「職人を値踏みする気か」と反発されましたが。
今後の管理会計ルール構築は従業員に手伝ってもらえることになったので、今後は従前年功+資格のみだった給与体系に、明確となる(予定の)収益貢献度を加味した形に整備をしていきたいと思います。(2016/10/27 07:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長