• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国の禁輸が解けねば、今年もホヤが大量廃棄に

阿部 誠氏[宮城県漁業協同組合理事]

2017年3月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

震災による津波で壊滅的な被害を受けた宮城県の水産業。名産品の養殖ホヤもその一つだった。 復活に向け努力を続けてきたが2013年、韓国の禁輸措置が実施され苦境に。 新商品の開発などで国内販売は伸ばしたが、最終的に7600トンが販売できず処分する事態に陥った。
[宮城県漁業協同組合理事]阿部 誠氏
1956年生まれ。千葉県にある全国漁業協同組合学校を卒業後、76年、宮城県信用漁業協同組合連合会(2007年、宮城県漁業協同組合に吸収合併)に入社。2013年から経済事業本部長、2014年7月から現職。
宮城県産ホヤ、大量処分の概要
宮城県は全国有数の養殖ホヤの産地。キムチの具材として人気があり、生産量の7~8割が韓国に輸出されていた。だが2013年9月、東京電力福島第1原発事故による汚染水流出問題を受けて、韓国が宮城や岩手、福島、茨城など8県の水産物に対して輸入を全面的に禁止した。その影響から生産過剰となり、7600トンのホヤの廃棄を余儀なくされた。
昨年6月から、生産過剰となった宮城県産のホヤの処分が産地の女川町などで始まった。漁業者が水揚げしたホヤは冷凍保管されたのち県外に運ばれ焼却処分された(写真=読売新聞/アフロ)

 東日本大震災から間もなく6年になろうとしています。津波によって宮城県の漁業は壊滅的な被害を受けました。ですが、漁業者をはじめ関係者の方々と復興に努めてきました。ホヤの養殖はその象徴的存在でもありました。

 宮城県は全国有数のホヤの産地です。石巻市の牡鹿半島や女川町、南三陸町などで養殖され、国や県の復興補助事業などを活用しながら再度、量産に努めてきました。その結果、年間1万トンを生産できるレベルにまで復活することができました。

 ところが昨年、そのホヤを大量に廃棄しなければならない事態に追い込まれました。震災の大きな被害から立ち直り、漁業者がホヤ養殖の復興のために努力をしてきた。手塩にかけてここまで育ててきた名産品を捨てなければいけない。本当に苦渋の決断でした。

コメント35件コメント/レビュー

「韓国が日本国内をはるかに凌ぐホヤの巨大消費市場」
海鮮、またはキムチの材料として日本のホヤは好適品でした。韓国は対馬海流(暖流)、ホヤの産地は日本海流(寒流)ですから。

「ホヤはアシが早い」
早さ・量の流通/販売機構を整備しないと美味しいものは食べられません。特に首都圏や関西では難しいでしょう。
韓国の業者が買い付けに来ていた頃は、取ってすぐに弾丸(言い方古いか)トラックで九州まで運んであとフェリーで。つまり、それだけコストをかけても売れるくらいの高値で買い取ってくれていたわけです。宮城でも1個100円くらいのイメージに対して。

「廃棄が始まったのは2016年夏から」
販売/飲食店で提供しているホヤは3年物か4年物がメインです。彼らは2016年夏に4年を迎えてこれ以上養殖できない(落下するので)ものを泣く泣く収穫したわけです(と記事本文中に書いてあります)。つまりこれらの養殖を開始したのは、韓国の禁輸措置が始まる前のものなわけです。
これでも養殖業者を非難しますか? いいかげんなコメントに腹が立ちます。(2017/04/20 11:31)

「証言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「韓国が日本国内をはるかに凌ぐホヤの巨大消費市場」
海鮮、またはキムチの材料として日本のホヤは好適品でした。韓国は対馬海流(暖流)、ホヤの産地は日本海流(寒流)ですから。

「ホヤはアシが早い」
早さ・量の流通/販売機構を整備しないと美味しいものは食べられません。特に首都圏や関西では難しいでしょう。
韓国の業者が買い付けに来ていた頃は、取ってすぐに弾丸(言い方古いか)トラックで九州まで運んであとフェリーで。つまり、それだけコストをかけても売れるくらいの高値で買い取ってくれていたわけです。宮城でも1個100円くらいのイメージに対して。

「廃棄が始まったのは2016年夏から」
販売/飲食店で提供しているホヤは3年物か4年物がメインです。彼らは2016年夏に4年を迎えてこれ以上養殖できない(落下するので)ものを泣く泣く収穫したわけです(と記事本文中に書いてあります)。つまりこれらの養殖を開始したのは、韓国の禁輸措置が始まる前のものなわけです。
これでも養殖業者を非難しますか? いいかげんなコメントに腹が立ちます。(2017/04/20 11:31)

この状況を作った東京電力は必ず全額補償をしなければならない。津波が発生したことも原因の大部分を占めるが、突然の環境変化を起こし、販売先を失わせたことにより、これまでの努力もムダにしてしまったからである。

しかし、どんな事情であれ、販売先が無いものを養殖するのはおかしい。何年も前から販売できなくなっているのに養殖し続け、「大量廃棄させられる」というのは異常である。特に相手はすぐに手のひらを返すような民族性を持った国である。

他の商品を養殖するのに数年かかるとはいえ、売れないと分かっているものを養殖するよりもはるかにマシである。

養殖業者の方が逆に強引に感じる。経営者なら、環境変化に合わせて事業内容を変えるべきだ。必ず東京電力も数年の事業転換費用の補償をすべきだが。(2017/03/27 09:19)

廃棄するくらいなら学校給食、養護施設への無料配布、もっと国内での販売で飲食店などへの強化にも限界がある、と言うことですか。待ってるよりも動くしか無いと思いますが、どうなんでしょう。(2017/03/26 15:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員