• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「北の国から資料館」来場者減で閉館

地方創生の拠点、放映終了と老朽化で幕

2017年4月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ドラマ「北の国から」のロケ地として全国にその名が知られる北海道富良野市。最近では富良野で演劇を学んだ山下澄人さんの小説『しんせかい』が芥川賞に選ばれ話題になった。そんな富良野で地方創生の拠点となり、多くの観光客を集めた資料館が昨年、閉館した。

[「北の国から資料館」元運営者]仲世古善雄氏
1943年生まれ。北海道富良野市にある麓郷木材工業の社長。本社のある麓郷地区はテレビドラマ「北の国から」の舞台。故地井武男さんが演じた登場人物のモデルとして撮影、制作に協力。95年、私財を投じ「北の国から資料館」を設立。
資料館の閉館の概要
田中邦衛氏が主演し、1980~90年代にかけて人気を呼んだドラマ「北の国から」の資料約500点を展示した「北の国から資料館」。95年、北海道富良野市にオープン。最大9万人だった年間来館者数は年々減少し、2015年度は約2万人にまで落ち込んだ。赤字経営で建物の老朽化も進んだため営業継続を断念。昨年8月末で閉館した。
昨年8月31日、「北の国から資料館」が閉館。夏季限定オープンから21年の歴史に幕を下ろした。閉館式で運営者の仲世古善雄氏(右)は脚本家の倉本聰氏から花束を受け取った(写真=朝日新聞社)

 北海道富良野市で木材会社を営んでいます。市内にある広大な東京大学の演習林の木を伐倒して、麓郷地区にある作業所で加工してきました。

 昨年、私は苦渋の決断をしました。1995年の開館以来、私財を投じて運営してきた「北の国から資料館」の閉館を決め8月31日に営業を終えたのです。ファンのため、スタッフや地元の方のため、そして何より脚本家の倉本聰先生とドラマに関する貴重な資料を後世に残すため努力してきましたが、最後は力尽きました。

来場者数が減り赤字続き

 「北の国から」は倉本先生が脚本を手掛け、81年にフジテレビ系列で放送を開始した人気ドラマです。半年の連続ドラマ放送の後、8回のスペシャル版が制作されました。田中邦衛さん演じる主人公の五郎が2人の子と東京から故郷の富良野に移り住む物語です。

 テレビドラマとしては異例な現地ロケ主体で、映画並みの予算をかけた作品でした。そのため、地元にも多くのロケ地があり、五郎一家が過ごした家などのセットも残されています。

 写真パネルや小道具、衣装など貴重な資料も数多くありました。これら約500点を集め、展示したのが北の国から資料館です。

 ドラマが始まる前の富良野は冬場のスキー客以外、ほとんど観光客が来ない場所でした。旅館や民宿、ペンションも冬だけの営業で、夏場などは閉めているありさまでした。

コメント1件コメント/レビュー

しかたのないことですが残念です。フジテレビでなんとかできなかったものでしょうか。
80年代のストーリー全盛期のときに麓郷を訪れたことがありましたが、さすがに遠くて再訪する機会を作れませんでした。
しかし資料館は閉館しても、変わらぬ風景やロケ地は十分訪れる価値があると思いますので、絶対また行きたいと思います。(2017/04/12 08:20)

「証言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

しかたのないことですが残念です。フジテレビでなんとかできなかったものでしょうか。
80年代のストーリー全盛期のときに麓郷を訪れたことがありましたが、さすがに遠くて再訪する機会を作れませんでした。
しかし資料館は閉館しても、変わらぬ風景やロケ地は十分訪れる価値があると思いますので、絶対また行きたいと思います。(2017/04/12 08:20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長