• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

うどんの殿堂、2年で破産

高屋 友明氏[一般財団法人うどんミュージアム元代表]

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2015年8月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全国から30種類以上のうどんを集めた飲食店、「うどんミュージアム」。京都に設立して人気スポットとなるも、わずか2年余りで破産した。「コンセプトは間違っていなかった」。元代表は今でもこう断言する。

[一般財団法人うどんミュージアム元代表]高屋 友明氏
1971年京都府生まれ。中学を卒業後、大工となる。2007年、京都市に高屋工務店を設立して独立する。個人宅向けのリフォーム業などを手掛けた。2012年、一般財団法人「うどんミュージアム」を立ち上げて、代表に就任。経営が行き詰まり、2015年3月、自己破産した。
うどんミュージアムの概要
京都市で工務店を経営していた高屋友明氏が一般財団法人うどんミュージアムを設立。2012年12月、京都市の祇園に全国30種類以上のうどんが食べられる同名の飲食店をオープンした。2014年12月、大阪市に大阪店を開店。だが、現場の運営が混乱するなどして両店とも今年2月24日に閉店。法人は3月5日付で京都地方裁判所より破産手続きの開始決定を受け倒産した。

 「全国のご当地うどんが30種類以上、ここに来れば食べられる」

 日本中どこを探してもない、ユニークなスポットを作ろうと思い立ち、京都市の祇園に「うどんミュージアム」を開店しました。うどんのテーマパークとして多くのマスコミにも取り上げられ、来店者が行列を作るほどの人気を博しました。大阪市の心斎橋にも2号店を作り、ゆくゆくは東京店もオープンしたいと考えていました。

 ですが経営が立ち行かなくなり、今年2月24日、京都店、大阪店とも閉めて、倒産しました。全国各地のうどんを提供いただいた関係者などに、少なからずご迷惑をおかけしました。申し訳ないと思っています。

 私はもともと、京都市で工務店を経営していて、うどんとは無縁でした。そんな私がうどん店を経営するようになったのは、次のような経緯からです。

軽い気持ちでの提案が実現

 大工出身の私は2007年、独立して工務店を設立しました。ですが最初は全く注文が取れません。焦った私はホームページを通じて集客するため、検索エンジンの結果表示技術などを勉強し工夫を続けました。その効果は半年後から表れ始めました。注文は順調に増え続け、2年後には年間4億円を売り上げるまでに成長したのです。

 噂を聞きつけた人から、ホームページを使った集客方法についてのセミナーで、話をしてほしいと頼まれました。その後もセミナー講師の話が数多く舞い込み、いろいろな方と出会うようになりました。

コメント10件コメント/レビュー

現在関西に住んでいる道産子です。例えば、東京に「そばミュージアム」が出来たとして、関西圏からそれ目的で観光客が大勢押し寄せると想像できますか???私にはできません。ふらっと入ることはあっても、結局は関西風のだし汁のそばを選んで食べて「これなら地元でも食べられる」と思ってリピーターにはならないでしょう。そして地元民は元々地元の美味しい店を知ってますからわざわざ足を運ぶことも無いでしょう。その逆も然りです。関西の人は関西風のだし汁が万国共通で通用すると思っているようですがちょっと違いますね。うどんやそばは、味覚の評価が全国共通化されているラーメンとは違います。(2015/08/21 09:51)

「証言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現在関西に住んでいる道産子です。例えば、東京に「そばミュージアム」が出来たとして、関西圏からそれ目的で観光客が大勢押し寄せると想像できますか???私にはできません。ふらっと入ることはあっても、結局は関西風のだし汁のそばを選んで食べて「これなら地元でも食べられる」と思ってリピーターにはならないでしょう。そして地元民は元々地元の美味しい店を知ってますからわざわざ足を運ぶことも無いでしょう。その逆も然りです。関西の人は関西風のだし汁が万国共通で通用すると思っているようですがちょっと違いますね。うどんやそばは、味覚の評価が全国共通化されているラーメンとは違います。(2015/08/21 09:51)

つぶれた原因を人のせいにしていますが、もっともっとなぜなぜを繰り返して本質原因をつかまなくちゃね。コンセプトは、立地は、価格は、社員の待遇はとか、それらを全部ひっくるめてざっくりと分析してますけど、それではまた同じ過ちを繰り返してしまいます。人を見る目が無かったというのが結論なら、ジャーどんな人を雇うべきだったのか とかね。(2015/08/19 20:02)

生まれも育ちも大阪人ですが、うどんは好きなので京都店を開業した頃に興味をもって入口まで行きました。が、ざっと見ただけで何もせず出ました。名ばかりの博物館という印象で、地域性を考慮しても安い店でもなく、「何か違うな」という思いだったからです。まさかあれで1億も売り上げたとは驚きましたが、京都店は修学旅行生がグループで入っているのを見ていますので、祇園に限らず、京都の悪いタイプの店(要するに、お上りの一見さん相手)として生きていく方向を選んでいたのかとは思いました。●
昨日、別件で四ツ橋付近に行き、用が済んだ後に数駅歩こうとぶらぶらしていると偶然大阪店を見つけました。その後にこの記事を読んだのですが、あの場所で「立地が良い」と思った理由は、私には理解できませんでした。アメリカ村を含む御堂筋西側~堀江地区あたりは、交通網でも便利とは言えない地域で、大阪人でも「わざわざ行く場所」というイメージのエリアではないでしょうか。心斎橋~難波間を移動する非爆買い外国人旅行者が、はたして西進するか?と考えれば自明かと。●
持ち逃げの件は知りませんでしたが、無くなったからといって、惜しい思いもしない店でした。他の人のコメントにあるラーメン博物館は2度行きました。食べるためではなく、内装の見物目的で。今思えば、前述の私が「ざっと見ただけで出た」あの時点で貴店は負けていたのです。(2015/08/19 10:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員