• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

創業260年余りの「たち吉」はなぜ倒れたのか

岡田 高幸氏[旧たち吉元社長]

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2015年9月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

創業260年余りの歴史を持ち、日本の食卓を彩った、京都の老舗食器販売大手「たち吉」。百貨店不況と、消費者の陶磁器離れに打つ手なく、特別清算を申請した。創業家最後の社長は、「目先の利益を求め、らしさを失った」と反省の弁を口にする。

[旧たち吉元社長]岡田 高幸氏
1977年8月、創業家の14代目として東京都に生まれる。早稲田大学商学部卒業。2001年たち吉に入社。日本橋三越本店のテナントで3年間販売員を務める。法人外商の担当や京都本社の経理・財務係長を経て、2010年6月社長に就任。2015年3月、新会社(社名は同じ)の設立と同時に退任した。

旧たち吉の特別清算の概要
たち吉は結婚式の引き出物などで人気を博したが、中国製の安価な製品に押されるなどして、顧客離れが加速。2014年3月期に債務超過に陥った。2015年2月、投資ファンド運営のニューホライズンキャピタル(NHC)が約11億円を投じて支援を決定。同年3月にNHCが設立し、社名を引き継いだ新会社に全事業を譲渡。旧社は商号を四条富小路に変更した。7月15日に京都地裁に特別清算を申請。負債額は28億7000万円。

 「たち吉」の名の下、京都の老舗陶磁器販売会社を続けてまいりました。しかし近年は経営難に陥り、投資ファンドの支援を受けました。そして7月15日京都地裁に特別清算を申請するに至りました。経営者として反省点も多く、この場を借りて関係者の皆様にお詫び申し上げます。

 たち吉は1752(宝暦2)年創業、263年の歴史を持つ京都の老舗食器店です。京都の雑貨商が前身で、当初はよろいなどの販売も手掛けていたようです。次第に大衆用の茶碗など焼き物の販売を手掛けることになり、明治中期に屋号を「橘屋吉兵衛」から「たち吉」に変更。戦後は私の祖父とその義兄が株式会社にし、質のいいものを選んで販売するセレクトショップに仕上げました。

 たち吉は、1980年代後半から90年代初頭のバブル期に全国の百貨店に次々に進出します。北は北海道から、沖縄の三越、中国・上海の高島屋にまでテナントを展開しました。この百貨店依存型ビジネスは中元、歳暮、結婚式の引き出物などの需要の高まりに乗じて大成功を収めました。

 92年3月期には271億円と過去最高の売上高を計上。京都には京セラや任天堂、ワコールなど名だたる企業がありますが、「たち吉」も、京都では誰もが知るブランドに育ちました。日本の食器産業を支えてきたという自負は今でも持っています。

コメント8

「証言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員