• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

学力不足は、ゆとり教育だけが悪者か

【番外編】『まず教育論から変えよう』著者、児美川孝一郎教授に聞く

2015年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

児美川孝一郎・法政大学キャリアデザイン学部教授

安倍政権になり、教育改革が急ピッチで進んでいる。だが教育学者の児美川孝一郎・法政大学キャリアデザイン学部教授は、議論を尽くさず、世界的な実証研究に目を向けようとしない拙速な動きに警鐘を鳴らす。

(聞き手は広野彩子)

今年5月、世間の教育談義のあり方に疑問を投げかける著書『まず教育論から変えよう』(太郎次郎社エディタス)を上梓しました。なぜ今、この本を書かれたのですか。

児美川孝一郎氏(以下、児美川):安倍政権になって様々な教育改革が急ピッチで進んでいます。しかし私の目から見ると、どうにも議論が荒っぽくて、このままではとんでもないことになってしまうのではないかという危機感がありました。きちんと議論をしているのならいいのですが、勢いで進んでいるような印象があります。

 もう1つは、私自身は教育研究者ですが、巷の、個人の経験則に基づいた教育論議がどうにも胡散臭いと感じておりまして(笑)。教育論議の中にも、こういうことをしたらこういう結果につながるのではないか、といったような、様々な論点にも目配りをした、検証の伴う胡散臭くない教育論議もあるのだ、ということを知っていただきたかったのです。本当は、そうしたしっかりした土台のうえで、議論をしなければいけないと思っています。

急ピッチで進んでいく教育改革

 安倍首相はあまり人の言うことを幅広く聞いていないように思います。以前は、教育政策も中教審を通さなければ、自民党が何と言おうとおかしな内容は通さない、最後の歯止めのような役割を果たしていました。しかし今は、自民党に教育再生実行本部がまずあり、それが教育再生実行会議で諮られ、最後に中教審に諮問されるのですが、その時点ではもう中身が決まっている、という状況になっているのです。

 以前なら教育界の委員もいましたし、経済界からの委員が「それはあり得ない」と合理性から発言をしてくれたこともありましたが、もうそれもやりにくくなりました。

現在進められている改革のどのあたりに危うさを感じるのですか。

コメント7

「教育ってそういうことだったのか会議 」のバックナンバー

一覧

「学力不足は、ゆとり教育だけが悪者か」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長