• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ソニーの技術者が“聖地巡礼”アプリを作るまで

大企業の中で「やりたいことをやる」方法論を聞く

2017年9月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 “聖地巡礼”という言葉、最近よく聞きます。もともとは、エルサレムや四国の八十八箇所などの、宗教的に大きな出来事があった場所や、聖なる場所を巡ってくることですね。昨今ではアニメやマンガ、ドラマの舞台になった場所に赴くことを指して、この言葉が使われていることはご存知の方が多いでしょう。ファンにとっては、ドラマの現場はまさに「聖地」というわけです。

 その“聖地巡礼”を支援するスマートフォン向けアプリ「舞台めぐり」が、ソニーの関連企業「ソニー企業」から公開されて人気になっています。ユーザー数は18万人を超え、登録作品数も80作品を超えているそうです。

 現実とフィクションの狭間に立って、実際の街角や風景を、スマホを通して「ゲーム」のように楽しむこのアプリを「東京ゲームショウ2017」でご紹介すべく、開発者の方にお話を聞きに…え、元々はブルーレイディスクの開発者? どういうこと?

安彦剛志・ソニー企業株式会社事業開発室コンテンツツーリズム課「舞台めぐり」チーム代表 シニアプロデューサー

ブルーレイの開発に当たっていた方だというのもそうですが、そもそも、ソニーからこのアプリが出たということにもかなり驚いているのですが。そうだ、しかも「ソニー」じゃなくて、「ソニー企業(Sony Enterprise Co., Ltd.)」なんですよね。こちらはたしか銀座のソニービルの。

 安彦剛志・ソニー企業株式会社事業開発室コンテンツツーリズム課「舞台めぐり」チーム代表 シニアプロデューサー(以下・安彦):ええ、そうです。ソニービルの大家さんです。取材に来られたということは、Yさんは元々、アニメがお好きなんですね?

…。…どうなんでしょう。いや、人並みじゃないかな。「舞台めぐり」のお話は、日経テクノロジーオンラインの「目黒川はなぜ"ミニリュウの巣"なのか」を読んで初めて知りました。

安彦:ああ、テックオンの内山(育海)さんが取材にいらした。

そうなんです。彼女から「あのアプリは、安彦さんという面白い方が作っているんですよ」と聞きまして、のこのこやってきた次第です。

安彦:あの時はとても興味を持っていただき、長々といらないことまで話をしちゃいました(笑)。

なぜ、「ソニー企業」で「舞台めぐり」なのか

人気アニメ作品「ガールズ&パンツァー」を用いて茨城県・大洗の街を遊ぶ。「舞台めぐり」のコンテンツ「ガルパンうぉーく!」の画面イメージ

アプリのお話もとても興味深いのですが、今回は、もともとソニーの技術者の「華」だったであろう、記録メディアのブルーレイの開発をやってきた方が、今、なぜ「ソニー企業」で、聖地巡礼アプリを作られているのかを伺いたいんです。

安彦:あ、「聖地巡礼」だけが目的ではないんですけどね(笑)。

念のためお聞きしますけれど、いやいやこの業務をやっているわけはないですよね?

安彦:もちろんです。自分がやりたいからやっています。

というか、自分の好きなことを、会社の仕事としてやっている?

安彦:「ソニーのビジネスとして成り立つ」という大前提の上ですが、その通りです。

ですよね。それって、かなりの数の会社員の、ひとつの夢だと思うんです。ぜひ、どこでどうしてどうやったらこうなったのか、洗いざらい教えていただけませんか。

コメント5件コメント/レビュー

「今の時代であれば、技術は後からついてくる」
「相手(客・上司・スポンサー)が何を望んでいるかを読み取るのが大事」

この考えの重要さがこの記事を読んでいて伝わってきた。

今ある手持ちの技術で何ができるかとあれこれ考えて頓珍漢な商品を作るメーカーがいくつもあるけど、顧客の中にある「こういうモノが欲しい」という要望を読み取って、それを現実化することがいかに大事かという事だと思う。(2017/09/27 22:53)

「(Yが)キーパーソンに聞く 」のバックナンバー

一覧

「ソニーの技術者が“聖地巡礼”アプリを作るまで」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「今の時代であれば、技術は後からついてくる」
「相手(客・上司・スポンサー)が何を望んでいるかを読み取るのが大事」

この考えの重要さがこの記事を読んでいて伝わってきた。

今ある手持ちの技術で何ができるかとあれこれ考えて頓珍漢な商品を作るメーカーがいくつもあるけど、顧客の中にある「こういうモノが欲しい」という要望を読み取って、それを現実化することがいかに大事かという事だと思う。(2017/09/27 22:53)

 いやあ楽しい、打てば響くような応答。そしてしっかりと相手の状況や気持ちを引き出している。本当に面白い。
 最近映画「The Battle of Britain(空軍大戦略)」見てたら、旗揚げした途端に、俳優の側から出演したいという希望がたくさん出てきて、結局ほとんど求人しなかったらしい。
 やっぱり人間、ゼニカネをこえたところで”なにかをやってみたい”と思っているんだよね。その思いが、お金持ちではなく、”賢さ(叡知)”を有することへの自尊心なんだ。

 いよいよ大きな世代交代が起きてきている。(2017/09/22 03:53)

面白い話でした。しかし、この話から何を読み取るといいんでしょう . . . いえ、ケチを付けている訳では全くありません。ただ、色々な疑問が湧くのです。

こういう活動でないと面白い商品が出来ないということなんでしょうか。よっぽど、組織が硬直しているんでしょうか。よっぽど上司が駄目なんでしょうか。ソニーが特にそうだということなんでしょうか。それとも、これが特殊な事例で、普通は会社の正式な事業として面白い商品が出てくるんでしょうか。ベンチャー企業がなかなかうまくいかない代わりに、日本では会社員が非公式にベンチャー企業のような活動をすることが一般的であるということなんでしょうか。革新的なサービスや製品が中々日本から出てこないのは、結局、こううい人々の趣味に掛ける情熱に頼るしかないからなのでしょうか(このような活動を、もっと系統的に育ててる仕組みがないから?)。(2017/09/21 14:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長