• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

生かされているかぎり「上を目指す責任」がある

火を噴く実業家 KISSジーン・シモンズのビジネス塾(第3回)

2016年6月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

派手なフェイスペイントに、火を噴くパフォーマンス。1970年代初頭にデビュー以来、ヒット曲を連発し、現在に至るまでハードロックの頂点に君臨し続けるロックバンドKISS。その創設メンバーのジーン・シモンズは、アーティストとしてだけでなく、スゴ腕の実業家としても知られている。ブランド・アイデンティティーを熟知し、バンドの象徴であるフェイスペイントをいち早く商標登録して、ビジネス化した先駆者だ。現在までに、ライセンスした商品は、コミック、アクションフィギュア、テレビゲームからコンドーム、棺桶に至るまで5000アイテム以上にのぼる。また、プロのスポーツチーム、レストラン・チェーン、金融ベンチャー、レコードレーベルなどの事業も手がける。そうした経験を踏まえて昨年、これから起業を目指す人たちに向けて書籍『KISSジーン・シモンズのミー・インク~ビジネスでドデカく稼ぐための13の教え』を執筆した。ロサンゼルス・ビバリーヒルズの豪邸に住むジーン・シモンズ氏を訪ねて、インタビューし、実業家としての素顔に迫った。今回のテーマは、「ジーン流マーケティング」。

(聞き手は、音楽プロデューサーの田端花子氏)

ジーン・シモンズ
ロックバンド、KISSのベーシスト、ボーカリスト。1949年イスラエル・ハイファ生まれ。母親のフローレンスさんはナチスの強制収容所のサバイバー。58年に母親とともに米国に移住。当初英語がまったく話せなかったが、テレビやマンガを通じてマスターしたという。ビートルズにあこがれ、学生時代に音楽活動を開始。70年代初頭、ポール・スタンレーとKISSを結成。シングル、アルバム総売り上げは1 億3000万枚超にのぼり、現在も活動を続けている。実業家としても知られ、キャラクタービジネス、ブランドビジネスの可能性にいち早く気づき、ライセンス商品、権利管理、分配などを自ら担当。音楽関連以外にも数々の事業を手がけている。2016年10月13日~31日ラフォーレミュージアム原宿にて「KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~」の開催決定。

レストラン・チェーン、アリーナフットボールチーム(LA KISS)、多言語翻訳サービス会社、マーケティング会社、レコード会社、出版社、映画・テレビ番組プロデュースなどさまざまな事業を手がけていますが、どの事業に進出するかはどのように判断しているのか? 事業の有望性を見極める判断基準のようなものはあるのか?

ジーン・シモンズ(以下、ジーン):私には多くのビジネス・パートナーがいて、ビジネスの提案を受けることが多い。常にアンテナを張っていれば、点と点が線に繋がることがある。自分の勘が働くときもあるよ。そんな時はアクションを起こしてみることだね。思いもよらない方向に広がっていくことがある。私と実の家族が登場するリアリティー番組「Gene Simmons Family Jewels(ジーン・シモンズのファミリー・ジュエル)」がいい例だね、最初は私の音楽活動のドキュメンタリー番組としてテレビ局に話を持って行ったら、いつの間にか私のファミリーの番組になっていて、大成功した番組となった。

上記のビジネスにはどのような形で関わっているのですか? 広告塔としてなのか、それとも経営アドバイザー的な役割なのか?

ジーン:あらゆる場面でかかわっている。100%のコントロールがないと、私がやる意味がないと思っている。

例えば、レストラン・チェーンのROCK&BREWでは、どのような形で経営に携わっているのか? 

ジーン:すべての分野で携わっているよ。そうじゃないと、自分の思ったような責任を果たせない。

 ただ、自分の出来ること、得意なことをよく認識している。だから私は料理には口出ししない。だが、リサーチはする。

 マーケットリサーチで一番大切なのは口コミだ。そしてお客さんの声を丁寧に聞き取る。それによって、メニューを変える、ということはあるよ。Rock&Brewsは地ビールにこだわっている。大量生産でない味わいをぜひ楽しんでほしい。ビールの種類を見たら驚くと思うよ。80種類以上ある。また、子供連れでも楽しめるということにこだわった。ハイエンドな酒と料理を提供するが、子供が遊べる空間もある。ちなみに、ロサンゼルス国際空港の店は、最近、空港内レストランのなかで売り上げナンバーワンに輝いた。

地ビールレストランRock&Brewsは大人気店。ジーンの取材時にロサンゼルス国際空港の店を訪ねようと思ったが、満席で入れなかった。全米に15店を展開。
KISS創設メンバーのポール・スタンレー(左)も、ジーン・シモンズとともに、Rock&Brewsの経営パートナーを務める。

コメント0

「火を噴く実業家 KISSジーン・シモンズのビジネス塾」のバックナンバー

一覧

「生かされているかぎり「上を目指す責任」がある」の著者

田端 花子

田端 花子(たばた・はなこ)

音楽プロデューサー

ソニー・ミュージックエンタテインメント、エグゼクティブ・プロデューサー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長