• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バリの兄貴「日本は年功序列を取り戻すんや!」

バリの兄貴こと丸尾孝俊氏を迎えて(1)

2017年10月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大富豪対談も、いよいよ最終コーナー。今回のゲストは正真正銘の大富豪、バリの兄貴こと丸尾孝俊氏だ。

 中学校卒業後、看板屋に丁稚奉公。飲食業、トラック運転手などを経てバリ島へ。手持ち資金18万円からはじめた商売は関連数十社(従業員数千数名)のグループ会社に成長。現在、バリを中心にアジアに数百ヘクタールの不動産と数十件の自宅を所有している。現地の孤児院や病院などに寄付を行う人柄は、本人がモデルとなった堤真一主演映画「神様はバリにいる」(原案書籍:出稼げば大富豪)で存分に描かれている。若者を中心に兄貴を慕って、バリを訪れる人も数多い

 本コラムのホストである華僑の大富豪に従事した大城太氏も憧れるバリの兄貴。ビデオ通話機能を利用して、バリの兄貴との対談を実現した様子をお届けする。

バリの兄貴
本名:丸尾孝俊。1966年、大阪生まれ。中学校卒業後、看板屋に丁稚奉公。その後、飲食業、トラック運転手などからの独立を経てバリ島へ渡り現在は関連数十社へと成長しバリに住まいアジア中心に数百ヘクタールの不動産と数十件の自宅を所有。現地の孤児院や病院などに寄付を欠かさぬ人柄は、本人がモデルとなった映画「神様はバリにいる」(原案書籍:出稼げば大富豪)で存分に描かれている。

ずっと海外にいる兄貴から見て、今の日本をどのように感じていますか? 特に働く環境をどのように感じていますか?

兄貴:僕がずーっと思っていること。やっぱり、日本はね、勢いよく年功序列を取り戻す必要があると思ってます。いろんな職業の中で、昔は当たり前やった、年功序列制度、これを取り戻してかからんと、助からんやろなと思っています。

 これはね、職人さんに限らず、いろんなオフィスや営業の仕事においても、やっぱり経験を積んだ人が、常に上司にある状態。どっちかいうたら、立派な大学出たから出世街道でキャリアという考え方よりも、いかに実際実務をこなしてきた方かというのが肝心。よりよいサービスや、人が唸るモノづくりだったりとかが、欠かせないと思ってます。

大城:私も年功序列制がいいと考えております。アメリカ型の成果主義は、アメリカ人と話していても一部の人だけがいいと考えています。

 旧来の日本型の年功序列制は、世界に誇る人材育成法だと思います。年功序列制だからと言って、若い人にチャンスがないわけではありませんので。

兄貴:この年功序列型の社会をね、じゃーどういうふうに作っていくんですかと。今後の日本は、どういうふうに助かるんだろうな、どういうふうに上向きになるんだろうなと、真剣に考えると、もう一度、高卒であるとか中卒であるとか、こういった若者の就職枠を積極的に設ければ良いと真剣に思ってるんです。

 例えば、中卒であったら、高校で3年間、大学で4年間だとしたら、7年間実業実務の修行ができるわけや。7年もあれば、そこそこの板前、コックさんになっていたり、そこそこの経理や人情備わった人事ができたりと社会に通用する実戦向きな成長ができる。実際実務にあたれば、本当の職人さん、本当のビジネスマンを育成、そして誕生可能と考えています。

 だから中学や高校を卒業しても、就職先が見当たらん、ましてや大学出ても就職せず将来の検討がつかんような人生だったら、日本は救われないと感じます。企業や社会風潮も大卒でないと採用せん、そもそも残念な傾向やわ。一刻も早く社会で活躍してもらおうと思えば、より若いうちから社会に出さないかん。

 それは、丁稚奉公! 住み込み見習い! より若いうちが柔軟や。

大城:適性や本人の希望は大切ですね。就職のためには大学へ、だと本末転倒になっていますね。

コメント9件コメント/レビュー

成果主義の結果が社内派閥の活性化だからな~
年功序列が良いとは思ってないけど、日本式のなんちゃって成果主義は唾棄すべきもの
評価する者が成果主義を理解してない中であんなもの初めても、
歪んで、可笑しな形で浸透するだけ

仕事そっちのけで部下に任せて社内政治に注力した者が出世して、
真面目に一生懸命働いている者が給料も待遇も下
優秀な人ほど逃げ出すわけですよ。(2017/10/04 17:21)

「大富豪対談」のバックナンバー

一覧

「バリの兄貴「日本は年功序列を取り戻すんや!」」の著者

大城 太

大城 太(おおしろ・だい)

前仲原物産社長

大学卒業後、外資系金融機関、医療機器メーカーを経て、華僑の大物と言われる人物に師事。起業1年目でアルバイトと2人で年商1億ビジネスを作成。現在、前仲原物産、エスディーメディカルなど5社の代表を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

成果主義の結果が社内派閥の活性化だからな~
年功序列が良いとは思ってないけど、日本式のなんちゃって成果主義は唾棄すべきもの
評価する者が成果主義を理解してない中であんなもの初めても、
歪んで、可笑しな形で浸透するだけ

仕事そっちのけで部下に任せて社内政治に注力した者が出世して、
真面目に一生懸命働いている者が給料も待遇も下
優秀な人ほど逃げ出すわけですよ。(2017/10/04 17:21)

年功序列は日本型社会主義の中心制度ですからね。年収1000万円を超える人が安定雇用を理由に年収が下がるのをよしとして納得し、非正規雇用を正社員として採用するための原資にその賃金が回るならば、良い制度になりましょう。仲間が皆相応に安定した生活をおくれる制度。しかし、無能な年配者を雇う制度と不満を漏らす、今は若者その将来は若者に同様にののしられるかも知れない人たちが、将来の収入が頭打ちになることを嫌うなら、成立しないでしょう。
筆者の言うようなたたき上げだらけの年功序列の毎年同じことを繰り返しているような国内志向の会社は、早晩淘汰されるのが明らかだと思います。世界と闘うためには、知識集約型の競争的人事のない会社には未来はないと思います。良くも悪くも不満でも。(2017/10/04 17:09)

年功序列には賛成です。
うちの会社でも十数年前に成果主義を取り入れてから
おかしくなってきました。
成果主義と言っても、客観的な評価の基準が無いまま導入したため
上司の覚えがいい人が出世するだけの訳の分からない会社になってしまいました。
「技術の前には平等」だとか「能ある鷹は爪を出せ」だとか「学閥は無い」
と言った創業当時の伝説だけが残る
「イエスマン」だらけのくだらない会社になってしまいました。(2017/10/04 15:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長