• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ノッポさんが5歳で知った“大人のズルさ”

高見 のっぽ[俳優・作家]

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2017年9月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(日経ビジネス2017年5月15日号より転載)

 もう83歳になりました。NHK教育テレビの『できるかな』(当初は『なにしてあそぼう』)に「ノッポさん」として初登場したのは50年も昔です。それから20年以上、“小さい人”が自由な発想を膨らませるようにとの一心で、紙とハサミを手に全力で工作に取り組みました。日経ビジネス読者の皆様の中には、“小さい人”だった頃に「ゴン太くん」と一緒の私をテレビで見かけた方も多いのではないでしょうか。

(写真=村田 和聡)

 実は私、不器用なんです。でも、本当に一生懸命やりました。病気をしても1回も休まずに。保育者や父母、子供たちから支持されても、不安だったんです。もっと上手な人が現れて、仕事を奪われてしまうのではないかと。それでも続けられたのは、私自身の小さい頃の記憶によるところが大きかったと思います。

 人生の転機は5歳の頃に訪れました。おばちゃんが大人の理屈で、卒園式の謝辞を読むという私の晴れの舞台を奪ってしまいました。所詮、5歳の私には分からないと侮ったのでしょう。その時から私の大人を見る目は変わりました。大人には軽蔑すべき人がいるとね。

 大人にとっては、生意気で扱いにくかったでしょう。学校でも、教室の片隅から「おまえにそんなことを言う資格あるのか」といった目で、じっと先生を見つめているわけですから。

 そんな性格は戦争で決定的になりました。「鬼畜米英」と叫んでいた先生たちの一部が、終戦後1カ月もたたないうちに「民主主義とはいいものだな」と恥ずかしげもなく言うようになったわけです。ひきょうですよね、大人は。

コメント4件コメント/レビュー

アーメン、その通りです!(2017/09/24 16:44)

「有訓無訓」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アーメン、その通りです!(2017/09/24 16:44)

全く同感。
親であろうが社長であろうが、一定の敬意は払うが基本は対等。
その代りに責任は持つ。
自分もそうして生きて来たつもり。
ところが世の「長」と付く人のなんとも傲慢なことか。
のっぽさんの「ずるい」という表現がしっくりくる。
そう、世の中「ずるい社長」だらけだ。(2017/09/22 19:10)

かつて,近所の怖いおじいちゃんは,一人や二人はいたものでしたよね.

私達が忘れてしまった,思い出さねばならないことが,
端的に記されていて,心に響きました.

「みんなが愛せる国を造るには、一生懸命、人間が人間に優しくする以外にない」
その通りですね.

現代の風潮は,不寛容が過ぎると思います.(2017/09/17 09:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長