• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

商業的に勝てなければイノベーションではない

第1回 「技術革新」では物足りない理由

2015年7月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

電球のイノベーションの秘密、知っていますか?

 着想転換、技術回天力、爆流、快革、改新、創発・・・第0回が掲載されたその日のうちに、多数の方から「イノベーション」の新しい日本語訳をご提案いただきました。ありがとうございます。「MBAものはやめていただきたい」といった厳しい御意見もいただきました。

 確かに私はビジネススクールの教員ですし、皆さんが関西学院大学にお越しいただくことを心よりお待ちしておりますが、日経ビジネスオンラインに連載させていただくからには、読まれるだけの価値あるものをご提供したいと思っておりますので、飽きるまでお付き合いください。

イノベーションの語源

 イノベーション(innovation)という英語はイノベート(innovate)という動詞の名詞形で、その語源はラテン語のインノバーレ(innovare)です。innovareの中にはnova(新しい)という言葉が入っていることからも判るように、インノバーレの意味は「何かを新しくする」です。

 イノベーションはその名詞形ですから、イノベーションという言葉を語源から解釈すれば「何かを新しくすること」となります。

 そういう意味では、新しいアイデアを初めて創り出すインベンション(invention:発明、創案)という言葉とよく似ていますが、後述するように、現在では多くの学者の議論により、イノベーションの条件として、(1)アイデアが新しい(=発明)だけでなく、(2)それが広く社会に受け容れられる(=商業的に成功する)、の両方が必要だ、というのが定説になっています。

インベンション(発明)とイノベーションの違い

 あるアイデアに新規性があれば、その発明を書面にして特許庁に出願すれば特許はもらえるかもしれません。しかし、特許がもらえたからといって、そのアイデアを盛り込んだ商品が商業的に成功を収めるとは限りません。

 事実、E.マンスフィールドが行った米国大企業のプロジェクトのケーススタディによれば、調査したプロジェクトが技術的に成功した確率は80パーセントもあったものの、それらの技術的に成功したプロジェクトが商業的にも成功した確率はわずか20%に過ぎなかったそうです。

コメント4

「しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法」のバックナンバー

一覧

「商業的に勝てなければイノベーションではない」の著者

玉田 俊平太

玉田 俊平太(たまだ・しゅんぺいた)

関西学院大学経営戦略研究科教授

博士(学術)(東京大学)。経済産業研究所フェローなどを経て現職。イノベーションの研究者。監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)、『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長