• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

合理的だからこそ破壊される、イノベーションのジレンマ

第5回 経営者には、F1カーとラリーカーの両方の免許が必要だ

2015年9月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回のまとめ…破壊的イノベーションの主犯2人

 前回の本稿で私達は、大手優良企業が破壊的イノベーションに打ち負かされてしまう要因は、主に2つあることを学びました。そのうちの1つは、「ある性能評価軸における顧客の需要(要求水準)には上限があり、顧客はそれ以上の性能に価値を感じない」という事実でした。

 そしてもう1つは、「企業が価値を提供するメカニズム、すなわち、人材や資金のようなインプットを価値の向上というアウトプットに変換するプロセスや価値基準は、経営者が意図的にマネージしない限り変わらないため、そのままでは既存優良顧客や株主の満足度を最大化するようなプロジェクトは通すものの、既存顧客にオモチャ呼ばわりされるような破壊的なビジネスモデルは却下するように出来ている」ことでした。

 今回の目標は、この、企業に働く2つの力が相まって既存優良企業が“破壊”されていくメカニズムを、クリステンセン先生のバーチャル講義を通じて学び、余すところなく理解することです。

顧客の「技術の需要曲線」に気づけるかどうかがカギ

 前回のバーチャル講義では、まず横軸に時間を、縦軸に既存製品の主要顧客が重視する性能を取り、既存製品の主要顧客が利用可能な性能の上限を表す「赤い点線」を引きました。そして、この何の変哲もない「技術の需要曲線」こそが、クリステンセン教授の理論を理解する上で最も重要な構成要素だと申し上げました。

 そして、このことを理解していただくために、皆さんが自動車を買い換えるとしたら、最高時速が300キロで価格が300万円の自動車Aと、最高時速が400キロで価格が400万円自動車Bのどちらの車を選ぶかお尋ねしました。

 そして、教室では、多くの人が“性能の劣った”最高時速300キロで価格が300万円の自動車Aを選ぶことをお話しました。

コメント3

「しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法」のバックナンバー

一覧

「合理的だからこそ破壊される、イノベーションのジレンマ」の著者

玉田 俊平太

玉田 俊平太(たまだ・しゅんぺいた)

関西学院大学経営戦略研究科教授

博士(学術)(東京大学)。経済産業研究所フェローなどを経て現職。イノベーションの研究者。監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)、『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック