• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イノベーションは、おいしいところだけ取ればいい

第7回 多様性こそ強みの根源

2015年10月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

●前回までのまとめ・“王道”は実は“虎の穴”●

 前回の連載では、イノベーション、すなわち、新しい製品やサービスを多くの顧客に届けるやり方には、大きく分けて3つあるというお話をしました。それが、2つの“覇道”と、1つの“王道”です。

 “王道”とは、既存の製品・サービスの顧客がより一層満足するような、よりよい性能の製品やサービスを提供する“持続的イノベーションの道”です。多くの企業が“合理的な”意思決定をすれば、自ずとこの道を選ぶことになります。しかし、前回にもお話ししたように、一見、一番楽そうに見えるこの道が、実は一番競争が激しく、最も困難な道なのです。

 なぜなら、市場と進むべき方向が明らかなため、多くの企業が意欲を持って参入し、持ちうる資源の多くを投入した総力戦になるからです。

 ですから、この誰もが目指す“持続的イノベーション”という“王道”は、実は、ヘビー級のプレーヤー達が牙を剥いて食い合う“虎の穴”なのです。

私たちは破壊的イノベーターを目指そう!

 ところで皆さんは、相場の格言で「人の行く裏に道あり花の山」というのをご存じでしょうか? 日本証券業協会のホームページによれば、

 「株式投資の格言といえば、何をおいてもまず出てくるのが、この言葉である。投資家は、とかく群集心理で動きがちだ。いわゆる付和雷同である。が、それでは大きな成功は得られない。むしろ他人とは反対のことをやった方が、うまくいく場合が多い」とされています。

 株式投資が分の資金を他人のビジネスモデルに投資することであるのに対し、会社経営は他所様から預かった資本を自分で考えたビジネスモデルに投資することです。

 いずれにせよ、既存事業の延長線上での企業成長は既に株価に織り込まれてしまっているため、市場の期待を上回る成長(サプライズ)を実現しなければ、株価の一層の向上は見込めません。つまり、企業価値を向上させるためには、“人と同じ道”を行っていたのでは覚束ないということです。

 そこで、今回以降の連載では、イノベーションの“裏道”、すなわち、一見非合理的に見える、破壊的イノベーションを起こすための戦略(覇道)をステップ・バイ・ステップで学んで行きます(下図参照)。

コメント2

「しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法」のバックナンバー

一覧

「イノベーションは、おいしいところだけ取ればいい」の著者

玉田 俊平太

玉田 俊平太(たまだ・しゅんぺいた)

関西学院大学経営戦略研究科教授

博士(学術)(東京大学)。経済産業研究所フェローなどを経て現職。イノベーションの研究者。監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)、『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長