• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

名門私立と雑草公立、革新を起こすのはどっち?

第8回 イノベーションに必要な4タイプの人材

2015年11月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回までのまとめ…人の行く、裏に道あり、花の山

 前回の連載では、一見合理的かつ王道に見える持続的イノベーションの道が、実は敵が多く、総力戦を強いられるレッド・オーシャンだというお話をし、そんな持続的イノベーションよりも破壊的イノベーションを目指す方が賢明だというお話をしました。そして、ブレイクスルーとなるアイデアを出すためには、チームのメンバーは多様である方がよいというお話しもしました。

スタンフォード“バイオデザイン・プログラム”の事例

 デザイン・スクールで有名なスタンフォード大学には、医療機器分野のイノベーターを教育することに特化した「バイオデザイン・プログラム」というフェローシップ・プログラム(給費生制度)が設けられています。

 バイオデザイン・プログラムは2001年の創立からまだ十数年しか経っていないにもかかわらず、既に米国内外でイノベーション人材育成プログラムとしての評価を確立しつつあります。バイオデザイン・プログラムを模したカリキュラムは、米国国内のみならず、シンガポール、インドといったイノベーションに敏感なアジアの国々や、アイルランド、デンマーク、フランス、スウェーデン、フィンランド、スペインといったヨーロッパの国々でも展開されています。

 バイオデザイン・プログラムはこれまで26社のベンチャー企業を輩出し、2013年までに卒業した106名のフェローの43%が起業し、大学の教員や臨床医になった21%のうちの多くがスタートアップ企業のコンサルティングをしているそうです。

 バイオデザイン・プログラムで生み出された技術は15万人以上の患者の治療に貢献し、バイオデザイン・プログラム出身のベンチャー企業はこれまでに計2億ドル以上の出資を受けて500人分の雇用を創出しているそうです。

コメント8件コメント/レビュー

私は女性ですが、時々、上司の指示(または代理)で、経営や新規事業に関する会合やセミナーに参加する機会があります。そこでの参加者の大多数は、企業経営者や、恐らく新規事業に携わる役職者の方々だと思いますが、休憩時間になると、男性用のお手洗いに長蛇の列ができ、女性用のお手洗いはがら空きなのです。テーマパークや高速道路のサービスエリア、デパートなどでは、必ず女性用のほうが混雑するものなのに、このようなセミナーで逆転現象が起こっているのは、企業経営やイノベーションの中核にいる女性がいかに少ないかということを表していると思います。

実際、会場内を見回しても、女性は片手で数えられるほどしかいないことも多いです。多様性によるイノベーションが真に有効であるとすれば、事業の中核が日本人男性ばかりで占められている日本企業は、イノベーションから最も遠い環境にあるのではないでしょうか。(2016/02/18 12:31)

「しゅんぺいた博士と学ぶイノベーションの兵法」のバックナンバー

一覧

「名門私立と雑草公立、革新を起こすのはどっち?」の著者

玉田 俊平太

玉田 俊平太(たまだ・しゅんぺいた)

関西学院大学経営戦略研究科教授

博士(学術)(東京大学)。経済産業研究所フェローなどを経て現職。イノベーションの研究者。監訳に『イノベーションへの解』(翔泳社、2003年)、『イノベーションのジレンマ』(翔泳社、2000年)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は女性ですが、時々、上司の指示(または代理)で、経営や新規事業に関する会合やセミナーに参加する機会があります。そこでの参加者の大多数は、企業経営者や、恐らく新規事業に携わる役職者の方々だと思いますが、休憩時間になると、男性用のお手洗いに長蛇の列ができ、女性用のお手洗いはがら空きなのです。テーマパークや高速道路のサービスエリア、デパートなどでは、必ず女性用のほうが混雑するものなのに、このようなセミナーで逆転現象が起こっているのは、企業経営やイノベーションの中核にいる女性がいかに少ないかということを表していると思います。

実際、会場内を見回しても、女性は片手で数えられるほどしかいないことも多いです。多様性によるイノベーションが真に有効であるとすれば、事業の中核が日本人男性ばかりで占められている日本企業は、イノベーションから最も遠い環境にあるのではないでしょうか。(2016/02/18 12:31)

多様な人材が必要であることに異論はありませんが、元来、人間というのは多様なはずであり、その多様さを妨げている組織と教育に問題があるのではないでしょうか。
怖いのは、その多様さを奪う組織的教育が無意識のうちに人々の中に浸透していくところです。それを象徴しているイベントが大学生の就職活動だと思います。就職活動中の学生は見事なまでに同じ衣装をまとっています。
企業に入る前がこの状態ですから、人材に多様性を期待するのは難しいと思います。
もはや絶望的ともいえる状況ではありますが、こうしたイノベーションに関する記事がクローズアップされることで時代の潮流が変わっていけば、組織も人も変わっていくかもしれません。
大事なことは、誰かがラジオ体操を見て多様性が失われていることに気付き声を上げることなのだと思います。(2015/11/18 23:21)

出典も含めて大変勉強になりました。

ところで、記事で紹介されているスタンフォードのバイオデザイン・プログラムについてですが、日本の大学でこのようなプログラムを設けているところはありますでしょうか?

イノベーションの鍵が、人材の多様性にあるのだとすれば、いかに多様な人材を創出するかが重要なわけですね。となると、日本の大学および大学院こそ、多様化を進めていただきたいものです。私の出身校(東大理)の教授会においても、多様性が著しく欠如しています。もっとも、最近は、任期付きの職種に関しては、意識的に女性を登用していますが、肝心の教授会は、というと・・・。

霞が関も経団連もラジオ体操も異様でしょうが、日本の大学組織も等しく異様だと思います。(2015/11/12 18:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員