• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【173】ワイングラスをもっと堂々と握れ

2016年1月23日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

夫はスパゲティやスープを音を立ててすすり上げます

Q 結婚3年目の夫の、外食時のマナーについて相談です。夫はスパゲティやスープを食べるときに音を立ててすすり上げます。カトラリーが皿に当たる音も耳に入らぬ様子で、かがみ込んで早食いします。ナイフで食べ物を口に入れていたこともあるくらいです。やんわりお願いしたら、スパゲティをすするのは減りました。自宅では好きに食べさせています。マナーでガチガチになるのは私もばからしいと思います。ワンちゃんのように食事に無我夢中になる人は夫以外の男性では見たことがなかったので、そんな夫を可愛いと思ってしまう部分もあります。どうしたらいいでしょうか。

(34歳・女性)

シマジ  ミツハシ、これを飲んでみなさい。

ミツハシ おっ、グレンキースじゃないですか。蒸留を停止しているから仕方ないのでしょうが、グレンキースはバーに行ってもなかなかお目にかかれなくて、まだ飲んだことがなかったんですよ。これはオフィシャルですか。

シマジ  ウイスク・イーのオリジナル商品だ。そういう停止している蒸留所のことを英語でモスボールと言うんだ。

まあ、そんなのは珍しくも何ともない

ミツハシ インプレッシブカスク1992とありますね。では、生涯初グレンキースを…。ほーっ、想像していたのとは全然違うお酒ですね。「蒸留停止」という言葉のイメージから、もっと古びてシブい感じのお酒を想像していましたが、とてもフルーティーですね。

シマジ  最近小金が入ったんで、またぞろいろんなシングルモルトとシガーを買い込んでしまったんだ。このグレンキースはそのうちの1本だよ。

ミツハシ じゃあ、今日は珍しいシングルモルトをいろいろ期待しています。それでは、相談に移りましょう。

シマジ  スパゲティやスープを、音を立ててすすり、カトラリーをガチャガチャ皿にぶつける。まあ、そんなのは珍しくも何ともない。だって、普通の日本人が西洋料理を食べるようになってまだ50年くらいのものだ。長い時間をかけて全く違う食文化を育んできた民族が、わずか50年そこらでヨーロッパの食事マナーを身につけたとしたら、そっちのほうが不自然だよ。

日本人のステム信仰がやまないのはなぜだろうな

ミツハシ かと言って、これじゃあ、相談者は旦那さんと外でフレンチやイタリアンを食べたくても食べられないでしょう。

シマジ  なに、私は食事のマナーをわきまえていますという顔をして、すましてレストランでメシを食っている連中だって妙チクリンなことをしている。中でも俺がくだらんと思うのは、ワイングラスのステム(脚)を持って飲みにくそうにワインを飲んでいる連中だよ。

ミツハシ 前にもそれを怒っていましたね。

シマジ  いい大人があんなせせこましい格好でグラスを持つもんじゃない。細いステムを2本か3本の指の先で支えるから、どうしても腕と肩に力が入って緊張する。あれがエレガントだなんて俺にはどうしても思えない。ワインなんてものは、手のひらと5本の指を使ってカップをしっかり握っておおらかに飲めばいいんだよ。

コメント4

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【173】ワイングラスをもっと堂々と握れ」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長