• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【200】婚約と同時に婚姻届にサインをさせなさい

2016年2月20日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新しい職場に移ってから、彼が攻撃的になりました

Q年明けから付き合っている彼が、最近転職しました。職場環境・待遇に不満があり悶々としていたところ、友人の会社に誘われたということでした。仕事が変わって環境・待遇は改善されたものの、私と休みが合わず、体力的にもキツいようで、気持ちに余裕がなく性格が攻撃的になりました。待遇(給与)に関しては、私との将来を考えてと聞いていただけに不満を口にするのは憚られるのですが、同時にその空気が重くて仕方ないですし、これでは本末転倒です。すぐにでも別れてしまいたいくらい残念な男と思っていますが、付き合う前は10年来の友人で、人間関係がなくなるのは寂しい気もします。もう少し様子をみるべきでしょうか。

(28歳・女性)

シマジ:友人の会社で働くというのは結構、難しいものなんだよ。

ミツハシ:相談者の友人というのはたぶん経営者でしょうね。そうすると、友人同士でありながら、雇い、雇われるの関係になりますからね。

シマジ:相談者のほうも、自分を誘ってくれた友人の手前、無様なところは見せられない。何とかしていいところを見せよう、役に立とうとするから、そうしたしがらみのない会社で働くのとは全く違うプレッシャーがかかる。そんな中で働いていると友情がだんだんと重荷になってくるだろうな。

ミツハシ:経営者と社員、あるいは上司と部下も同様かもしれませんが、やっぱり違う景色を見ていますからね。どうしてもお互いに不満が溜まるはずです。

シマジ:それを遠慮して口にしないで我慢していると、不満はどんどん増大していく。はっきりと口にし合う関係だと、つい言い過ぎて相手を傷つける。しかも、小さな会社でしょっちゅう顔を合わせているんだとすると、息が詰まってくるだろうな。

こういうときは、顔を合わせないほうがお互いのためだ

ミツハシ:相談者は「すぐにでも別れてしまいたいくらい残念な男」と言っています。余裕がなくイライラしている男というのは、同性にとってもありがたくない存在ですが、特に女性は嫌いますよね。

シマジ:器が小さく見えるんだろうな。小さな男というのを女は嫌うからね。まあ、こういうときは、顔を合わせないほうがお互いのためだ。相談者は「10年来の友人で、人間関係がなくなるのは寂しい」と感じているわけだから、当分の間は会わないことだ。会えば、彼のことをどんどん嫌いになっていくんじゃないか。会わずに、しかし、1日1回は電話でもメールでもいいから、連絡はし続けることだな。何にイライラしているのか、詰問するのではなく、寄り添うようにして彼の悩みを理解してあげれば、イライラも少しはやわらぐだろう。

 おそらく彼はまだ若いのだろう。30歳前後だと、仕事が思い通りにならず、かといって弱みを友達や彼女にも見せられず、虚勢を張る男というのは少なくない。その虚勢が良い形で現れれば、どんなに忙しくても好きな女の前では、きみのために使う時間なら全然惜しくないよという、俺のような毒蛇的演技を磨く方向に進む。自分の彼女に攻撃的になるというのは、まだまだ幼い坊やであり、10年来の友達である相談者に甘えているんだよ。

 だが、現実に相談者の彼はまだ幼く、発展途上なのだから、しばし様子を見てあげてほしいね。仕事がうまくいって自信がつけば、器のほうも広がるかもしれない。何しろ10年来の友人なのだから、急いで縁まで切る必要はないと思う。会えば、彼がイライラし、相談者が「残念な男」と思うようなときは、冷却期間をおけばいい。そのまま距離が開く一方ならそこまでの縁だし、関係が改善されるならそれに越したことはない。時間に回答をゆだねるというのも、人生の智恵だと思うね。

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【200】婚約と同時に婚姻届にサインをさせなさい」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授