• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【1】開高健、柴田錬三郎、今東光 三人の文豪からもらった人生の栄養

2015年7月11日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アソシエ:今回から始まる「乗り移り人生相談」。まずは、読者からの相談ではなく、当欄担当の私(日経ビジネスアソシエ副編集長・三橋英之・当時)からいろいろとお聞きしたいことが。

シマジ:何でも聞いてくれ。

アソシエ:「週刊プレイボーイ」で開高健さんの人生相談「風に訊け」の連載が始まった頃、私は高校生でした。高校生の男子が週プレを買う一番の目的は当然別のところにあったわけですが、「風に訊け」は大好きでした。開高さんの言葉は、深い森のような印象で、静謐ながら生命の濃密な匂いがすると言うか…。この人が経験してきたことや目にしてきた世界を前にすると、ちっぽけなことに悩んでいるのがバカらしくなってくるんですよね。

 ただ、残念ながら柴田錬三郎さんの人生相談コーナー「キミはやれ、俺がやらせる」も、今東光さんの「極道辻説法」も、私が小学生時代の連載で、リアルタイムでは読んでいません。後年、お二人の回答が本にまとまったものを読んでぶっ飛びました。毒舌を通り越して罵詈雑言。「勉強せい。この怠け者」「オナニーでもやっていろ。たわけ者!」「何をとぼけた質問をしやがる。こん畜生め!」。こんな調子で相談者をぶった切って圧倒的に面白く、しかも痛烈な言葉の裏に若者への期待というか愛のようなものが感じられる。すごい人たちだなと改めて感じ入った次第で。

 そこで是非とも、この三人の文豪ととても濃い時間を過ごされたシマジさんに、三人の素顔を教えていただきたいのです。

大僧正のオナニーに目頭が熱くなった

シマジ:面白い話はいくらでもあるからね。何から話そうか…。強烈なエピソードという意味では大僧正だろうな。

 今さんはシバレン(柴田錬三郎)さんの紹介で会ったんだ。シバレンさんの人生相談が終わった後、何人かの作家が人生相談のコーナーをやってくれたんだが、人気が出なくてね。当時の編集長から「おいシマジ。誰かいい人いないかな」と言われたわけ。そこでシバレンさんのところに行って相談すると、「それなら今東光大僧正だな。お前、会ったことあるか」。「ありません」と答えると、その場で電話してくれてね。「今さん、私の担当編集者でシマジっていう面白い奴がいるんだけど、会ってやっていただけませんか」とお願いしてくれた。受話器を置いてシバレンさんが「明日来いって言ってるぞ」。

 翌日、平河町のマンションにあった今さんの仕事場を訪ねた。この時、今さんは77歳。会った瞬間、その魔力にやられたね。万巻の書を読んできた教養と何百人の女をこましてきた色気が顔からにじみ出ているんだ。何とも言えないいい顔でね。一遍で好きになった。

 今の若い人は知らないかもしれないが、今さんというのは凄い人でね。とても良い家に生まれたお坊ちゃんなんだけど、素行が悪いというので中学を2つ退学になって、それからは独学。谷崎潤一郎の弟子になって、親友が川端康成。その川端の強い薦めで「新思潮」(東大系の文芸同人誌)の同人になって、20代にして新進気鋭の作家として既に名を成しているんだ。なのに30代に入ると筆を折って仏門に入る。ところが、30年近くの沈黙を経て再び筆を取るや、60才で直木賞を受賞。僧侶としては、比叡山延暦寺に小僧で入って最後は天台宗ナンバー2にまでなっている。

コメント0

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【1】開高健、柴田錬三郎、今東光 三人の文豪からもらった人生の栄養」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長