• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【2】人間関係を築くうえで一番いけないのは遠慮だ

2015年7月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

年上の人とうまく人間関係を築けません

Q私の悩みは年上の人とうまく人間関係を作れないことです。
同世代とは気楽に付き合えるのですが、同じ職場の先輩や上司との間に壁を作ってしまっています。
年上の人を前にするとどうしても構えてしまい、本音を言えず、通り一編のコミュニケーションに終わってしまうためです。
多くの作家の方々と強い信頼関係を築いてこられたシマジさんに、年長者と上手に付きあう方法を教えていただきたいのですが…。

(29歳男性・化学メーカー勤務)

臆せず飛び込んでいけ

シマジ:質問者は年長者ともっと深い人間関係を築きたいとは思っているわけだ。それは評価できる。若い人が自分を成長させようと思うなら、年上の人と付きあうことはものすごく大切だからね。

 子供時代を思い出してほしいのだけど、例えば小学校2~3年生の男の子なんていうのは、近所の5~6年生のお兄ちゃんたちと遊ぶことで急にしっかりしだすよな。色んな遊びを覚えて、男同士で遊ぶ際のルールや掟を学ぶ。そうして社会性を身につけていくわけだ。それは、少年時代に限った話ではなく、20代にも30代にも言えると思うな。

 新入社員の頃なら、5~6歳上の先輩から学べることはいくらでもあるはずだ。自分もある程度経験を重ねていけば、10歳も20歳も上の人たちの中に「凄い」という人間が見つかるだろう。臆せず飛び込んでいけばいいんだよ。

アソシエ:その「臆せず」というのが難しいのだと思います。

シマジ:人間関係を築くうえで一番いけないのは遠慮だ。「好きだ」「尊敬している」「愛している」という対象には絶対に遠慮しちゃいけない。恋愛と一緒だよ。

 女性が7~8歳年上の男性に恋をするなんて普通だよな。彼女たちは、かなり年上の男性に対しても臆しなどせず、対等に付きあっている。それを思えば、男同士で10や20の年齢差を気にする必要なんかまるでない。あの大先輩と少しでもお近づきになれればなんて考えるのではなく、この人と親友になりたいという気持ちで胸襟を開いて話をすればいいんだ。

 「あなたのことを尊敬している。もっと知りたい」という気持ちを抱いて秋波を送れば、ほとんどの人は、「かわいい奴だ」と目にかけてくれる。いわゆる偉い人ほど孤独なものでね。「自分なんかではこの人と釣り合いが取れないのでは」と恐縮してしまう人が多いから、そんな中で、遠慮なしに胸に飛び込んでくる若い奴というのはどうしたってかわいく映る。「ジジイ殺し」と言われる連中は、この遠慮なく飛び込むというのを本能的に実践しているんだな。

コメント0

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【2】人間関係を築くうえで一番いけないのは遠慮だ」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック