• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【16】男の「忙しくて逢えない」は信用しない方がいい

2015年9月12日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

多忙で「恋愛など考えられない」と言う男性を好きになった

Q初めまして、いつも楽しく読ませていただいております。

仕事が忙しく「今は恋愛など考えられない」と言っている男性に好意を抱いています。その男性と、どの程度の距離を保てばよいのか分かりません。独立した直後で本当に忙しいようで、食事に誘われる時も「今からどうか」と突然ですし、こちらから誘うとたいてい仕事を理由に断られます。彼は物書きです。

以前シマジさんはこの相談コーナーで「ぬるい幸福は物書きをダメにする」というシバレンさんの言葉を紹介されていました。私としても、この男性を癒し、支えてあげたいのですが、邪魔にはなりたくありません。私の魅力が足りないのが一番の問題という気もいたしますが、どうぞアドバイスをお願いいたします。

(27歳女性)

忙しければ忙しいほど、男は好きな女に逢いたくなる

シマジ:相談者には酷なことを言うようだが、男が口にする「仕事が忙しくて逢えない」はあまり信用しない方がいい。どんなに忙しくても、いや、忙しければ忙しいほど、男は好きな女に逢いたくなるものだ。

 日本一の売れっ子作家として週刊誌5誌くらいに同時連載していたシバレン(柴田錬三郎)さんを思い起こしても、どれほど忙しかろうが女に逢っていたよ。

 そのシバレンさんと一緒にお会いした、挿絵画家の岩田専太郎さんは凄かったね。この人は数多くの連載小説の挿絵を描いた超売れっ子だった。70歳近くになっていた岩田さんが俺に「あなたはおいくつですか」と訊くから「まだ28歳です」と答えたら、しみじみと「うらやましいね」と言うんだ。「岩田さんが今28なら、何をしますか」と訊ねたら「締め切りを破って女に逢います。私は律儀に締め切りを守りすぎました」とおっしゃるんだ。

 それから数年して岩田さんはお亡くなりになるんだが、葬式に行ったら、10人以上の女性が喪主として鎮座ましましている。締め切りを破ってでも女に逢っていたら、どんなことになったのか想像するだけで愉しくなったね。

 まあ、岩田さんは特殊すぎるかもしれないが、朝から晩までびっしりとスケジュールの詰まった超多忙なビジネスマンだって、女のためならエンヤコラだよ。その中には、誰もが知る有名企業の社長なんかもいるが、みんな好きな女のためなら、万難を排して時間を捻出している。そういう連中は、女と逢うことをバネにして多忙な日常にエネルギッシュに挑み、いい仕事をしているという面もある。画家のピカソだって愛人が替わるたびに画風が変わっていったではないか。多忙と恋愛は関係ないと思うね。

コメント2

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【16】男の「忙しくて逢えない」は信用しない方がいい」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長