• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【62】ロシアの美青年と恋に落ちてもノープロブレムだ

2015年10月31日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

彼と結婚してロシアに行くべきでしょうか

Q私は幼少時からの紅茶中毒者で、母の銀器磨き係です。誠に勝手ながら、島地様とは浅からぬ縁を感じております。今回ご相談させていただきたいのは、商社勤務の彼氏と結婚してロシアに一緒に行くべきかどうかです。彼は、大学時代に知り合い、一目で激しい恋に落ちた最初の相手です。現実主義で楽天家の彼と快楽主義の私は様々な紆余曲折を経て、結果的に密度の濃い付き合いを続けてきました。そして、今は安定した関係を手に入れています。彼と一緒にいると、生きものとしての私が無意識の内に喜んでいると感じます。一方で、私は他の可能性を諦められません。現状としては、ずっと他にも複数の男友達に惹かれている状態です。美しい男も、知的でアグレッシブな男も、献身的に愛してくれる男も、様々なタイプにそれぞれの魅力があり、私との関係も様々です。肉体関係のあるものも、昔あったものも、友達として長年信頼関係を培ってきたものも。彼がこの事実を知っているのかどうかは分かりませんが、私は死ぬまで彼に本当のことは話さない覚悟で他の男性と付き合ってきました。今は頭を空っぽにして、どうするべきか考えています。機会があれば、アドバイスをいただけますでしょうか。

(26歳・女性)

シマジ  相談者も紅茶好きか。墓に持って行く秘密も抱えているようだし、親しみを感じるね。

 結論から言えば、相談者は彼氏と結婚してロシアに行くといいと思う。旦那は最低3年は駐在するだろう。ロシアに3年以上暮らすなんていうのはなかなかないチャンスだから、大いに愉しむといい。しかも、いまのロシアは面白いはずだ。ロシアンマフィアが大活躍中だからね。

ミツハシ シマジさんはロシアには行ったことがあるのですか。

シマジ  ミハイル・ゴルバチョフが大統領に就任した頃に行った。

ミツハシ ゴルバチョフ時代ということは約20年前ですね。

シマジ  ソ連邦崩壊の少し前だから、政治は混乱し、国は機能麻痺を起し、男たちは自信喪失に陥っていた。でも、女たちは元気だったね。本当に女性というのはどんな状況でもたくましく生きていく生命力を持っている。俺がモスクワで泊まったホテルのエントランスには若い娼婦が鈴なりになっていたよ。一見するとごく普通の女の子という風情なんだが、これが娼婦なんだ。

 ホテルのバーで飲んでいるとうるさいのなんの。バーの客より女の子の方が多いくらいで、四方から「うちに来ない」というお誘いだ。

ミツハシ で、お誘いに乗ったんですか。

シマジ  当時はもう、陽気に遊んでいた若い頃とは違っていたから、そんな気が起きなくてね。あどけない顔をしたロシアの女の子から「あなたと寝たい」なんて言われると、ちょっとげんなりしたね。

 俺はそんな具合だったけど、そのホテルに知り合いが泊まっていたんだ。有名人だから名は伏せるが、その男と飲んでいたら「シマジさん、実は昨日の夜、行ったんだよ」と言って面白い話をしてくれた。奴はロシア女が好きで、娼婦を買いにしょっちゅうモスクワに通っていた。とにかく安かったそうだ。娼婦の値段で、その国の経済力が分かるね。こんな話、ミツハシが出た一橋大学じゃ、教えてくれないだろう。

コメント0

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【62】ロシアの美青年と恋に落ちてもノープロブレムだ」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官