• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【113】誰も評価しなくても努力には価値がある

2015年12月19日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

正当な評価が得られず気持ちが沈んでしまいます

Q突然ですが、島地さんは神の存在を信じますか? 努力すれば報われるとお思いですか? 陰で誰かが見ていて評価してくれるものだとお考えですか?

 私は前向きな姿勢で仕事に取り組み、実際パフォーマンスも出しています。島地さんに倣い、おそらく部署で一番、本も読んでいます。ですが、景気や業績の関係もあるのかも知れませんが、後ろ向きで与えられた仕事のみをダラダラこなす同僚とそれほど大きく評価が違うわけでもなく、近頃モチベーションが下がっています。考えが甘い、自己評価が高いだけ、との指摘を受けるかも知れませんが、努力が成果にならない現状に気持ちが沈んでいます。

(30歳・男性)

シマジ もちろん俺は神様の存在を信じている。俺の信じる神様はとても寛容でね。一度たりとも俺を裁いたことはない。とても広い心で俺のことをじっと見守ってくださっているんだ。そんな寛容な神様がいつも見てくれているからこそ、俺は下品なことと卑怯なことは絶対にできないんだよ。

 神様は人々の前に姿を現すことも、地上に降臨することもない。それこそ神の深謀遠慮だと思うね。人類はときどき天才を生みだすが、そのずば抜けた知恵の働きというのは滅多に次の代には伝わらない。むしろ、天才の子供は凡庸な場合の方が多い。大天才の男と女が結婚しても、その知恵が子供に伝わらないように神様が邪魔をしているんだと思うね。人間が利口になり過ぎると神の姿を暴いてしまうかもしれない。そうならないように、神様は天才が遺伝しないよう操作をしているんだと思うね。

今後10年努力を続けるなら、明らかな差が付いているはずだ

ミツハシ でも、人類の中にはときどき神様の言葉を聞く者が現れますね。

シマジ  不思議なことに、啓示を受けた者によって神様の寛容さはまちまちなんだな。仏教はかなり寛大な宗教だが、シマジ教は何を許すかの線引きが全く違う。人に害を与えることは別として、下品と卑怯以外は何をやってもいいというのが俺の神様の教えだ。男女のことも、下品で卑怯な手を使っていないイーブンな関係のセックスなら、世間の道徳からはみ出していようが俺の神様は寛大にお許しくださる。ただし吝嗇は下品だし、嫉妬も下品だから俺の神様は許してくださらない。

ミツハシ その意味で言うと、シマジ教の神様はこの相談者の悩みを「下品である」と一喝するでしょうね。

シマジ  確かに、この相談者の感情はあまり上品とは言えないね。だけど、まあ仕方ないだろう。30歳と若く、まだ会社組織の理不尽さをそれほど経験していない身であれば、ダラダラと仕事をしている同僚と努力している自分が同じ評価をされることに腹も立つんじゃないかな。

 相談者には、結果は後からついて来ると言いたいね。努力を続けた者と、漫然と時を過ごしてきた者とでは、10年もすればとてつもない差が生じる。同じ会社にいる30歳くらいの若手の間ではそれほどはっきりした差はないのが普通だが、相談者が今後10年努力を続けるなら、誰の目にも明らかな差が付いているはずだ。

コメント3件コメント/レビュー

努力が報われるかどうかは運もあると思います。
さて、この相談者が努力をして同僚がそうでもないのに評価が変わらないとのことですが、この相談者の努力が全くあさっての方向だったりしないのか、はたまた同僚は見えないところで前向きな努力をしているかもしれませんね。
正当な評価をしたら同僚のほうが上だったなんてことはよくあることです。このような時は一方的ではなく両者をしっかり見ないといかんですよね。(2015/12/21 15:02)

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【113】誰も評価しなくても努力には価値がある」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

努力が報われるかどうかは運もあると思います。
さて、この相談者が努力をして同僚がそうでもないのに評価が変わらないとのことですが、この相談者の努力が全くあさっての方向だったりしないのか、はたまた同僚は見えないところで前向きな努力をしているかもしれませんね。
正当な評価をしたら同僚のほうが上だったなんてことはよくあることです。このような時は一方的ではなく両者をしっかり見ないといかんですよね。(2015/12/21 15:02)

同僚がだらだらとしてる、と言うのは本当かな。出先では受けが良いとか、なんらかの要因があるのかも知れない。
あるいはコネがあるとか。
業績だけで評価してもらえるのであれば、ある意味で楽なんですけどね。

で、努力してると潰しが利く人間になれるので、あとあと良い事がありますよ。(2015/12/21 10:06)

ミツハシ高弟、すごい。シマジ教の奥義を極めつつある。若さ故の荒々しさがまだあるとはいえ。
で、ところで、サラリーマンの努力は90%以上の確率で報われますよ。30年以上サラリーマンをやって周りを見て断言できます。言い換えれば、努力しないヤツが勝つこともあるけど、努力してるヤツが負けることは滅多にない。
しかし本文中にもありましたけど報われるために努力するのは寂しく虚しいですね。人間は死ぬまで成長できるのだから、自分の成長のステップを一つづつ楽しむために努力するのが健全だと思います。ま、でもこれは年を取ったから言えることで、思い返せば30歳の頃はいろんな邪念や煩悶がありましたけど。(2015/12/19 10:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長