• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【122】社会学は人生の役には立たない。でも…

2015年12月26日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大学での勉強が就職につながるのか不安です

Q私は、関西の私立大学の2回生です。最近、自分の人生をどうしたいのか、自分の人生において何を目標をとしていけばいいのか分からない、とよく思うようになりました。やらなければならないレポートなどをこなすだけの毎日です。社会学を専攻しているのですが、そろそろ始まる就職活動などを考えると、これからの自分につながるのかと不安になりますし、こなすだけの毎日が続く気がしてとても怖いです。

(20歳・男性)

シマジ  まあ、結論から言えば、相談者がいま学んでいる社会学が就職活動に役立つことも、その後の社会人生活を助けることも、おそらくないだろうね。

ミツハシ いきなり、身も蓋もないですね。

シマジ  ミツハシだってそう思っているだろ。そういえば、ミツハシは経済学部卒だったな。大学での勉強が仕事に役立ったという実感はあるか?

ミツハシ ないですね。私は就職してすぐに『日経ビジネス』に配属され、15年間、経済・経営の専門誌で記者をしてきたわけですが、それでも大学で学んだ経済学と、企業取材などを通じて経済や経営の「今」を伝える作業には、大きな隔たりがあったというのが実感です。

人間というわけの分からない生き物が介在しているわけだからね

シマジ  そんなものだよ。俺は集英社インターナショナル時代に、経済学者の中谷巌先生の本を2冊作った。最初が『痛快! 経済学』だ。多くの人が難しいと感じる経済を、マンガをふんだんに使ってこれ以上ないほど分かりやすく解説したこの本はベストセラーになった。それから10年後に、もう一度中谷先生に書いてもらったのが、やはりベストセラーになった『資本主義はなぜ自壊したのか』。こちらの本は、中谷先生が学び教えてきた経済学というのが、実は間違っていたと告白した懺悔の書だよ。

ミツハシ あの中谷先生が「市場原理主義が社会を破壊する」と言い出したわけですから、驚きましたね。

シマジ  結局、経済学は自然科学ではないということだね。経済というものをどれだけ精緻に理論化しても、そのモデル通りに実際の経済は動かない。そこには人間というわけの分からない生き物が介在しているわけだからね。人間は理屈だけでなく好き嫌いの感情で動く。簡単にデマに騙されるし、不安に駆られて破滅的な選択をすることもある。マーケットメカニズムに任せておけば、効率的な資源配分ができるなんて、人間という生き物の滅茶苦茶さや下品さを知っていれば、幻想に過ぎないと直感的に分かると思うね。

コメント4件コメント/レビュー

学ぶ方法と楽しさを教えるのが大学、とは卓見だ。
学生時代の勉強は、目的が定まっていない分、実用的には成り得ない。実際、社会人になってから読んだ本、学んだ知識のほうが学生時代に得たものよりも遥かに大きい。しかし、学生時代に本を読み、議論していたことは、社会人になって必要な勉強をする時に役に立った。
勉強は、社会に出てからが本番。学生の方々は、そのための厚みを作って欲しい。(2015/12/26 16:03)

「再録 乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「【122】社会学は人生の役には立たない。でも…」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

学ぶ方法と楽しさを教えるのが大学、とは卓見だ。
学生時代の勉強は、目的が定まっていない分、実用的には成り得ない。実際、社会人になってから読んだ本、学んだ知識のほうが学生時代に得たものよりも遥かに大きい。しかし、学生時代に本を読み、議論していたことは、社会人になって必要な勉強をする時に役に立った。
勉強は、社会に出てからが本番。学生の方々は、そのための厚みを作って欲しい。(2015/12/26 16:03)

知らなかったのかな?
大学というのは「忍耐力」と「要領」という社会に出てから必須の素養を養成する場所なのだよ。くそ面白くもない、社会に出てから何の役にも立たないくだらないことを1年間聞かせて、学年末に試験をされ、なお且つめげずに「優」を取るには、途方もない忍耐か、大いなる要領か、あるいはその両方を備えていなければできない話なのだ。
多くの会社が大学の出身学部は全く重視してないが、「優」の数を重視するのはそのためなのだよ。
しかも講義のくそ面白くなさ度は、一般に有名大学ほど上がっていくという文部省の調査結果がある・・・・らしい。(2015/12/26 15:27)

「就職や仕事に役立つ実学を学校で教えるなんていうのも愚の骨頂だ」全く同感です。しかし、最近、真面目に、そっちへ行こうという動きがありますよね。
本当に、馬鹿も休み休み言え!ですよ。日本の将来を憂います。(2015/12/26 13:11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長