• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

創業者、アツの後を継ぎましたが

第1回:創業の地バングラデシュ、経済的自立への挑戦

2015年8月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 途上国の貧しい学生にも教育の機会を提供しようと、世界中で映像を使った授業を行う「e-Education」プロジェクトを手掛けてきたNPO(特定非営利活動法人)のe-Education。

 これまではファウンダー(創業者)である税所篤快さんを通して、その歩みをたどってきた。

 実は、「5大陸“ドラゴン桜”」と名付けたこの活動にはもう1人、キーパーソンがいる。活動を始めた2010年から税所さんと二人三脚でプロジェクトに取り組み、2014年7月からはe-Educationの代表理事を務めている三輪開人さんだ。

 世界に広がるプロジェクト全体を統括し、各地に赴いた大学生メンバーたちをマネジメントしてきた三輪さんの取り組みからは、もう1つの“ドラゴン桜”ストーリーが浮かび上がってくる。

 e-Education代表理事の三輪開人です。

 これまでの連載では、創業者であるアツ(税所篤快)を通して、e-Educationの取り組みを紹介してもらっていました。

 今回からは、活動を始めた2010年当初からe-Educationにかかわり、アツが代表を離れた現在は単独で代表理事を務める私が見てきたこと、考えてきたことをお伝えしていきます。それによって、「5大陸“ドラゴン桜”」と名付けて突き進んできたe-Educationの新たな面に触れてもらうことができ、より深くe-Educationを理解してもらえるのではないかと思っています。

 私は今年6月、バングラデシュの首都・ダッカに行きました。e-Education創業の地であるバングラデシュで、さらなる飛躍を遂げるべく、現地スタッフと一緒に現地で走り回ってきたのです。

e-Educationを創業した3人(左から三輪さん、マヒンさん、税所さん)

 e-Educationを知らない方のために、私たちの活動を簡単に紹介します。

 e-Educationは途上国の教育格差解消を目指したプロジェクトです。「世界の果てまで、最高の授業を届ける」ことをミッションとしています。

 途上国には家が貧しい、教師が不足しているといった理由で十分な教育を受けることのできない生徒が数多くいます。彼らの多くは大学進学をあきらめ、わずかな賃金で働くことを選ぶため、貧困の連鎖が生じてしまいます。

 僕らはこの負の連鎖を断ち切ろうとしています。具体的には現地の有名予備校などに勤める一流教師の授業を撮影し、DVDに収録し、十分な教育の機会がない高校生に提供するのです。この方法なら、教師が不足している村に住んでいても、家庭が貧しくても、生徒たちは最高の授業を受けることができます。実際、e-Educationは活動を開始した初年度からバングラデシュ最難関のダッカ大学への合格者を輩出するなど、十分な成果を上げることができました。

 2012年以降は「5大陸“ドラゴン桜”」のキャッチフレーズの下、仲間を増やしながら活動を世界中に広げてきました。現在は10カ国で複雑かつ多様な教育の問題解決に挑戦しています。これまでに5000人以上の高校生に映像授業を届け、バングラデシュだけでも難関大学への進学を決めた生徒は200人を超えています。

コメント0

「バングラデシュのドラゴン桜 二人三脚編」のバックナンバー

一覧

「創業者、アツの後を継ぎましたが」の著者

三輪 開人

三輪 開人(みわ・かいと)

e-Education代表理事

e-Education代表理事。前代表理事の税所篤快とともに同NPOを設立。2013年にJICAを退職してこの活動に専念し、14年より2代目の代表理事になった。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長