• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビジネスセンスは、相場の修羅場で磨け!

2016年2月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新年になって一転、世界的に株式相場が急落し、将来の不安が叫ばれている。なぜ急にこうもセンチメントが変わるのか、素人の方には皆目見当もつかないのではないか?

 投資信託の販売会社ではどうか? この激変期に、プロとして気の利いたことを言える販売員がいったいどれだけいることだろう。多くの売り手もさすがに景気の良い言葉が出てこず、売りあぐねているのが実情ではないか。

 しかし、皆さんは、おかしいと思わないだろうか?

 ガンガン相場があがっているときには、乗り遅れますよ~といってファンドの買いを煽る。落ちた時にはしゅんとなる。それじゃぁ素人とプロの差がわからないではないか。そして、結局投資家は高値つかみになり、悪循環で運用が嫌いになっていくだけだ。

 いま個人投資家が販売員に聞くべき質問はシンプルだ。

今は買い場なのか、売り場なのか?

 「なぜ新年になって急落したのか?」「今は買い場なのか?売り場なのか?」「その根拠は?」「具体的に注視している材料を3つあげよ」と。自信がない販売員は早口でまくしたてるだろう。それは論外。誠実な販売員は、いやぁ様子を見ましょう、というだろう。これはましだが合格点には達しない。一体何の様子を見ているのか?また上がることを待っているのならまさに高値掴み製造機ではないか。

 自分の軸をもって相場を語るのがプロだ。質問して、説得力のある答えが戻ってこなかったら付き合いをやめるべきだ。そのぐらいの相手と話すぐらいなら、大事なお金の行く先を自分で考えたほうが真剣な分だけよりよい答えが出てくるはずだ。

 皆さんの中には、いやいやNISAによる長期投資だから相場を見ない!というかたもいるだろう。それは相場と向き合う姿勢を誤っている。大きな間違いだ。簡単な例を挙げよう。日本株は1989年末のバブル崩壊以降25年もの間下落を続けてきたのだ。「本当にこの長期投資を続けてよいのか?」それを常時自問自答し続ける作業が不可欠なのである。

 長期投資であれ、短期投資であれ、常時相場について考えることの大事さは変わらないのだ。そしてそれは面倒に感じるかもしれないが、世界の変化を常時監視している点で、「次世代ビジネスパースン」に不可欠の条件なのだ。

 私は、年末前後に日本株をある程度売却した。もう運用に直接タッチしていないので相場の日々の材料は追っていない。しかしもともとここでも記してきた通り、世界経済はリーマンショックの集中治療室から抜け出ていない戦時が継続していると考えており、少しでも悪いニュースが出てくればセンチメントが急落する脆弱な市場だと思っている。

コメント1

「資産運用、痛恨の失敗に学ぶ!」のバックナンバー

一覧

「ビジネスセンスは、相場の修羅場で磨け!」の著者

岡村 進

岡村 進(おかむら・すすむ)

人財アジア代表取締役

1961年生まれ。1985年東京大学法学部卒。同年第一生命保険に入社し、20年間勤務。2005年スイス系UBSグローバル・アセット・マネジメント入社。2008年から日本法人社長。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者