• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いよいよ資産運用なしでは生きられない国になった

第1回 リーマンショックから7年…何を学び、何を忘れたのか?

2015年9月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 資産運用業務に従事してからはや30年以上経つ。80年代は日本の不動産バブルの生成と崩壊を目の当たりにした。90年代後半には為替ヘッドとしてLTCMショック、2日で20円の急激な円高を経験した。2000年代前半は、日系運用会社の米国現法立ち上げ社長として9.11に直面した。その後も、欧州系運用会社の日本法人社長として、リーマンショックや3.11などの対応に奔走した。

 振り返れば、「想定外」の危機の連続で、胃に穴を開けそうになりながら市場と向き合ってきた。だから、真のプロ運用者なら、いかに真摯に日々の苦しい戦いを続けているか、その気持ちがわかるつもりだ。同時に、日米欧それぞれで、人の運用に対する向き合い方の成熟度が異なる様を体感もした。

年金資金が蒸発した会社に叱責されて…

 幾多の修羅場を経験してきた私にとってすら、2008年の9月、リーマンショックのインパクトは強烈だった。ほとんどの資産価格が瞬く間に何割も下落した。

 「あなたがたは、お預けしたお金が我々社員の老後の年金資金だと分かって運用しているのか!」そんな風に厳しく叱責されたのは、同年11月外資系運用会社社長になって新任挨拶をしていた席上でのことだ。

 指標となるベンチマークに対して相対的に勝っていようが、絶対的に負けている中では空しい。いったい将来の社員への年金支払いはどうなるだろう…。年金責任者は真面目であればあるほど、大変なプレッシャーで押しつぶされそうになったはずだ。そして、運用会社は、プロとして何かやりようがなかったのか・・・?そんな風にやり場のない怒りをわれわれにぶつけたのだと思う。

コメント8

「資産運用、痛恨の失敗に学ぶ!」のバックナンバー

一覧

「 いよいよ資産運用なしでは生きられない国になった」の著者

岡村 進

岡村 進(おかむら・すすむ)

人財アジア代表取締役

1961年生まれ。1985年東京大学法学部卒。同年第一生命保険に入社し、20年間勤務。2005年スイス系UBSグローバル・アセット・マネジメント入社。2008年から日本法人社長。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授