• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“シンギュラリティ信奉者”の翻意が難しい訳

進歩を信じる人が万能AIを信じる

2018年3月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数年で最も驚いた出来事について書く。筆者がまったく信じていないビジョンを信じている知人に相次いで会ったことだ。

 2017年の末、30年近い付き合いの経営者と会食した。数年ぶりに会ったため話が弾み、禁酒中を宣言していたにも関わらず相当飲んでしまい、気持ち良くなっていた時、いきなり質問された。

 「谷島さん、シンギュラリティについてどう思いますか。人工知能が進化して世界が一変するという、あの話です」

 調子に乗って楽しく話していたこともあって即答した。

 「サイエンスフィクションとして楽しんでいる人に文句は言いませんが、本気でそう主張する人がいて困惑します」

 彼は頷き、数秒おいてゆっくりと言った。

 「色々な人に聞いていますが私の周囲には谷島さんと同意見の人が多い。でも私はその日が来ると信じています」

 勿論冗談ですよ、と言って笑うのではないかと相手の様子をうかがうと真顔である。しまったと思ったが後の祭りで話を続けようがない。

 「その件を議論すると長くなるでしょうし、ひょっとすると喧嘩になりそうですから次回やりましょう」

 冗談めかした言い方でお茶を濁し、会食を終え、再会を期して別れた。

尊敬する人がシンギュラリティを信じていた

 その人は東証1部上場企業の取締役を経て、米国企業のCEO(最高経営責任者)を務め、現在は自分で作った日本企業の責任者をしている。もともとIT(情報技術)企業に入社した人でテクノロジーに強く、マネジメントもできる。

 失礼な物言いになるが、ちゃんとした人である。修羅場を何度もくぐってきており、騙されない人でもある。それにも関わらずシンギュラリティの到来を固く信じていた。素面に戻るほどと書くと嘘になるが、酔いがある程度覚めるくらい驚いた。

 冒頭の繰り返しになるが、筆者の考えを述べておく。いわゆる「シンギュラリティ(特異点)」の話は出来があまり良くないSF(サイエンスフィクション)であり、錬金術や永久機関の話に近い。

 これも前述の通り、SFを楽しむのは結構である。錬金術や永久機関の試行錯誤を経て科学や技術は進歩してきたとすれば、シンギュラリティを目指したり考えたりする活動から有意義な何かが出てくることは考えられる。

 とはいえ本気で力説されると「永久機関がいよいよできる」と喜んでいる人を見るようで、尊敬している人の場合どう応じたらよいものか困ってしまう。

コメント23件コメント/レビュー

単純に考えて、
『近い過去に手動でしかできなかった作業が、現在は自動で行えるようになっている。しかも、低価格で実現できており、なおかつ、その進歩は急速である。』
ということを肌で体感していれば、
『シンギュラリティもそのうち実現できるのだろうなぁ』
と思うのではないでしょうか。

要は、シンギュラリティが現在の技術の延長線上にあると理解するのか、
異なる技術がないと実現できないと理解するのかの違いでしかないと思います。

筆者は、「過去何度も話題になったが実現できなかった、今回も実現できない」と考えられておられますが、三度目の正直ということわざがあるように、「過去何度も話題になったのだから、今回は実現できるだろう」と考える人たちもいるわけです。(2018/04/13 23:26)

オススメ情報

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「“シンギュラリティ信奉者”の翻意が難しい訳」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

単純に考えて、
『近い過去に手動でしかできなかった作業が、現在は自動で行えるようになっている。しかも、低価格で実現できており、なおかつ、その進歩は急速である。』
ということを肌で体感していれば、
『シンギュラリティもそのうち実現できるのだろうなぁ』
と思うのではないでしょうか。

要は、シンギュラリティが現在の技術の延長線上にあると理解するのか、
異なる技術がないと実現できないと理解するのかの違いでしかないと思います。

筆者は、「過去何度も話題になったが実現できなかった、今回も実現できない」と考えられておられますが、三度目の正直ということわざがあるように、「過去何度も話題になったのだから、今回は実現できるだろう」と考える人たちもいるわけです。(2018/04/13 23:26)

 とてもおもしろく読みました。数々のコメントもとても参考になりました。
で、ちょっと違う角度が書いてみます。

 私としては、シンギュラリティについては半信半疑。カーツワイルのインタビューなども
見聞きしましたが、実に論理的で説得力があると思う反面、どうしてこんなに自信満々に言えるのだろうか、とも感じた。コメントにもありましたが、こういう天才に自信満々に言われると、すぐヘナヘナになるのが日本人の弱点ですね。

 カーツワイルの話からは、(ノーベル医学生理学賞受賞者の)利根川進博士の論を思い出しました。人間の知性や行動は、物理化学的なものにすべて還元されるという意見です。どちらも、超楽天的な知性万能主義ですね。
 その前提は、「人間の知性は脳に依存する」という前提からなんだけれども、本当にそうなの?と思ってしまう。で、気がついたのは、カーツワイルのような極めて優れた知力を持つ人の中には、人間の感情、情動、愛着、意思などを重視しない(ときに夾雑物でしかないと考える)人が時々います。差別でなく事実として、アスペルガーや自閉症スペクトラムと呼ばれる精神症状の方々にもこういう傾向のある人が多い。

 私が思うに、シンギュラリティを積極的に支持する人は、抜群に賢くて、感情に興味のない人が多いのではないかでしょうかね。そうでなければ、時代に遅れるわけにはいかないと考える付和雷同派かな。もちろんそれが一概に悪いというのではありませんが。

 昔、故・大滝詠一さんが山下達郎さんと対談しているときに、「異性に、“あなたのことは嫌い”と言って、“好き”という気持ちを伝えることはロボットや機械ではまずできないと思うんだよね」と言っていました。
 アスペルガーなどの方々もこの手の感情コミュニケーションが不得意なことはよく知られています。そしてAI万能派なら、表情や声音のデータを取り、傾向分析し、機械学習することで、これが可能になると思うんじゃないでしょうか。

 しかし本当にそれを可能にするのは、その状況に至る人間関係や感情の発達歴、愛着、思いやりの形だったりするはずです。シンギュラリティについての議論を聞いていると、どうもそちらの方に思いの至らない人が増えている気がします。(2018/04/13 12:25)

とてもネガティブで感情的な記事だと感じる。何かが「できない」「起こらない」「実現しない」等と否定して一体どんな新しいことが生まれるのだろう。

新しいことが起こる、その時にどうするか、それまでに何をしていけば良いか、と考えて行動する方がずっと前向きなように思う。

しかも筆者の否定の根拠は他のコメントにもあるが、人間と機械は違うから、という単純な思い込みによるもの。

カーツワイルは情報という観点から現在の人類を再定義し、これがAIと融合して新しい人類に進歩すると書いているわけで、人間と機械を二元的に分けて考えてはいない。

すでに現在、人間は機械をアシスト的に使用しており、スマホに聞けばあらゆることを調べ、体験することができ、その度合いは日毎に高まっている。これがもっと進み、物理的にも人間と融合したとしても、何らおかしくはないと思う。(2018/04/12 11:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授