• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“シンギュラリティ信奉者”の翻意が難しい訳

進歩を信じる人が万能AIを信じる

2018年3月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ数年で最も驚いた出来事について書く。筆者がまったく信じていないビジョンを信じている知人に相次いで会ったことだ。

 2017年の末、30年近い付き合いの経営者と会食した。数年ぶりに会ったため話が弾み、禁酒中を宣言していたにも関わらず相当飲んでしまい、気持ち良くなっていた時、いきなり質問された。

 「谷島さん、シンギュラリティについてどう思いますか。人工知能が進化して世界が一変するという、あの話です」

 調子に乗って楽しく話していたこともあって即答した。

 「サイエンスフィクションとして楽しんでいる人に文句は言いませんが、本気でそう主張する人がいて困惑します」

 彼は頷き、数秒おいてゆっくりと言った。

 「色々な人に聞いていますが私の周囲には谷島さんと同意見の人が多い。でも私はその日が来ると信じています」

 勿論冗談ですよ、と言って笑うのではないかと相手の様子をうかがうと真顔である。しまったと思ったが後の祭りで話を続けようがない。

 「その件を議論すると長くなるでしょうし、ひょっとすると喧嘩になりそうですから次回やりましょう」

 冗談めかした言い方でお茶を濁し、会食を終え、再会を期して別れた。

尊敬する人がシンギュラリティを信じていた

 その人は東証1部上場企業の取締役を経て、米国企業のCEO(最高経営責任者)を務め、現在は自分で作った日本企業の責任者をしている。もともとIT(情報技術)企業に入社した人でテクノロジーに強く、マネジメントもできる。

 失礼な物言いになるが、ちゃんとした人である。修羅場を何度もくぐってきており、騙されない人でもある。それにも関わらずシンギュラリティの到来を固く信じていた。素面に戻るほどと書くと嘘になるが、酔いがある程度覚めるくらい驚いた。

 冒頭の繰り返しになるが、筆者の考えを述べておく。いわゆる「シンギュラリティ(特異点)」の話は出来があまり良くないSF(サイエンスフィクション)であり、錬金術や永久機関の話に近い。

 これも前述の通り、SFを楽しむのは結構である。錬金術や永久機関の試行錯誤を経て科学や技術は進歩してきたとすれば、シンギュラリティを目指したり考えたりする活動から有意義な何かが出てくることは考えられる。

 とはいえ本気で力説されると「永久機関がいよいよできる」と喜んでいる人を見るようで、尊敬している人の場合どう応じたらよいものか困ってしまう。

コメント27件コメント/レビュー

>情報処理学会誌の2015年1月号でシンギュラリティの特集
>SF作家のかたがフェルミのパラドックスを使ってシンギュラリティを否定する話
私も読みましたが、「地球外文明が見つからない→地球外文明の寿命は短い→文明の寿命を延長するためのシンギュラリティを生み出せなかった→よってシンギュラリティは不可能」という説明で、仮説にしてもあれこれと穴がある代物でした。

私自身は今世紀中に「強いAI(汎用AI)」は作る事が難しいと見ていますが、「弱い(専門)AI」はあと20~30年程度で一般に普及していくと(機械翻訳や自動運転も機能を限定した上で普及)考えています。
そうなると、クラウドネットワークとの組み合わせで複数の専門AI同士が繋がりあい、一種の群知性としての「強いAI」が自然発生する可能性もあります。

しかしながらこの記事の筆者は、このような色々な可能性を省みずに、紋切り型の論調でシンギュラリティは絶対に起こりえないと断じているのがやや滑稽に見えます。
地動説を信じない中世の学会や、ライト兄弟の初飛行直前に、機械が飛ぶ事は絶対に不可能と論じたサイモン・ニューカム博士の逸話を想い起こしました。

ちなみに、5月現在において地上波で放送しているTVアニメ「BEATLESS」や「シュタインズ・ゲート0」は同じ問題を論じています。諸兄はご覧になられるのも一興かと。(2018/05/08 19:16)

オススメ情報

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「“シンギュラリティ信奉者”の翻意が難しい訳」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>情報処理学会誌の2015年1月号でシンギュラリティの特集
>SF作家のかたがフェルミのパラドックスを使ってシンギュラリティを否定する話
私も読みましたが、「地球外文明が見つからない→地球外文明の寿命は短い→文明の寿命を延長するためのシンギュラリティを生み出せなかった→よってシンギュラリティは不可能」という説明で、仮説にしてもあれこれと穴がある代物でした。

私自身は今世紀中に「強いAI(汎用AI)」は作る事が難しいと見ていますが、「弱い(専門)AI」はあと20~30年程度で一般に普及していくと(機械翻訳や自動運転も機能を限定した上で普及)考えています。
そうなると、クラウドネットワークとの組み合わせで複数の専門AI同士が繋がりあい、一種の群知性としての「強いAI」が自然発生する可能性もあります。

しかしながらこの記事の筆者は、このような色々な可能性を省みずに、紋切り型の論調でシンギュラリティは絶対に起こりえないと断じているのがやや滑稽に見えます。
地動説を信じない中世の学会や、ライト兄弟の初飛行直前に、機械が飛ぶ事は絶対に不可能と論じたサイモン・ニューカム博士の逸話を想い起こしました。

ちなみに、5月現在において地上波で放送しているTVアニメ「BEATLESS」や「シュタインズ・ゲート0」は同じ問題を論じています。諸兄はご覧になられるのも一興かと。(2018/05/08 19:16)

pythonで遊んでいる「AI技術者」という末席に入るか微妙な程度の者ですが読ませていただきました。
「実現しない」と度々理由理屈もなく断言されるのがはやり不思議に思いました。
今のAIブームを支えているDeepLeaningの技術を触っていますが、確かにすぐ「強いAI」ができるとは思えません。しかし先人方が分進秒歩の勢いで新しい考えを出すのを追う立場で見る者としてはいずれ「強いAI」は作られると感じています。

極論ですが、人間の脳細胞の数には上限があります。
しかし、いずれ作られるであろうニューラルネットワークのパーセプトロンの数は脳細胞の数を突破できないものでしょうか。

実際にはそんな必要は無いでしょう。そして意図して超えることはいずれ可能になるでしょう。
強いAIが作れないという断言には同意できない理由の1つです。(2018/05/08 13:48)

「できる」「できない」の議論なら、「できない」と帰結できる可能性が高いと思う。なぜなら「できない」例(反証)を1つだけ示せばよいから。
「できる」を証明するには、あらゆる「できない」の帰結を否定できる論理的な証明が必要と思う。
例えば「人類は不老不死になる」というのは、現在の常識では明らかに「できない」と帰結できるが、じゃぁ肯定できるかというと、少なくとも反証はできないのでは?・・・論理的に証明できますか?
何をもって「できる」といい何をもって「できない」というかの厳密な定義が必要な気がします。(それ以上に、どうすれば人類が幸せになれるかの議論の方がはるかに重要と個人的には思いますが)(2018/05/06 12:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO