• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の難題、「見えないものに挑む」

2017年9月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「要するに日本人には頭が無いんでせう。」

 「私は日本人には、藝術家として、空想と情熱が乏しいのぢや無いかと思つてゐます。」

 「空想と情熱・・・・・さうかも知れませんね。此間日本歴史を讀返して見たですが、実に厭な寂しい氣がしました。日本人は一度だつて空想に悩まされた事はないんですね。眼に見える敵に對して復讐の観念から戦争したばかりで、眼に見えない空想や迷信から騒出した事は一度もない。」

 冒頭の問答は永井荷風が明治42年(1909年)に発表した『新歸朝者日記』からの引用である。仏米における長期滞在を終え、帰国した荷風は明治維新後の日本を批判する小説や随筆を次々に発表した。いくら何でも「頭が無い」とは言い過ぎだという気がするものの、日本人は「眼に見えない空想」への「情熱が乏しい」という評は100年以上経った今日でも通用する。

 眼に見える物であれば上手に作れる。納期や品質に悩まされる事があっても作り方を改善し、品質を高めていける。実際それを繰り返し、今では懐かしい言葉だが「経済大国」に日本はなれた。ところが眼に見えない何かを扱おうとした途端、下手になる。見えない何かが大事だと気付かない場合もある。悩まされなくて済むが大事な何かが欠落したままになる。

 本稿の題名に入れた「見えないものに挑む」という言葉は筆者が2004年に発表した一文の中で使ったものである。見えないものに日本人は弱いと考え、挑む必要があると書いた。執筆当時、荷風の『新歸朝者日記』を通読していなかったが、冒頭の問答が引用された別の本を読んだことがあったから、頭の片隅に荷風の言葉が残っていたのかもしれない。

ソフトウエアは見えにくい

 「見えないものに日本人は弱い」と考え出したのは2004年よりずっと前からである。きっかけは1985年から日経コンピュータ誌の記者になり、『動かないコンピュータ』という欄を担当し、たびたび記事を書いたことだ。

 せっかく買ったコンピュータを使わずに放置している企業を取材し、失敗事例を実名で報じる欄であった。使えない理由はコンピュータを動かすソフトウエアの開発に失敗したことだ。取材を通じ、「ソフトウエアは眼に見えないから難しい」という発言をしばしば聞いた。最も印象に残っている金融サービス会社の専務の述懐を紹介する。

 「当社がソフトウエアの開発を始めたのとほぼ同時期に、近所で高層棟の建築が始まった。我々のソフトウエア開発陣が何をしているのか、どこまで何が出来上がったのか、よく見えないから毎日不安だった。窓から見える高層棟は確実に出来上がっていく。建築は眼に見えていいなあ、と羨ましく思った」

 ソフトウエアは見えにくいが見る方法はある。プログラミング言語を使って記述した文書のようなものだから、印刷すれば読める。だがソフトウエア文書をにらんでいても問題は解けない。ソフトウエアを記述する前にやらなければいけない事があり、それをうまくできないから、動かないコンピュータが生まれてしまう。

コメント2件コメント/レビュー

全面的に賛同はできないが、面白い視点だと思った。
建築中のビルが徐々に高くなっていくのをみて”できあがっている”と判断するのは間違いであることは世の中の事例からも明らかな様に、”見えるもの”と”見えないもの”の差はそんなことではないとは意見させていただく。日本には「仏作って魂入れず」という言葉もあるので、”見えるもの”と”見えないもの”の見方が欧米と違っているのではないかな。(2017/09/06 12:18)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「日本の難題、「見えないものに挑む」」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全面的に賛同はできないが、面白い視点だと思った。
建築中のビルが徐々に高くなっていくのをみて”できあがっている”と判断するのは間違いであることは世の中の事例からも明らかな様に、”見えるもの”と”見えないもの”の差はそんなことではないとは意見させていただく。日本には「仏作って魂入れず」という言葉もあるので、”見えるもの”と”見えないもの”の見方が欧米と違っているのではないかな。(2017/09/06 12:18)

レビューとしては、「とても参考になった」、「ぜひ読むべき」をチェックしたが、全体としての読者の反応では、必ずしもこのような反応が多数派ではあるまいと思われ、レビューの分布自体に興味がある。荷風の『新歸朝者日記』は知らなかったが、記事冒頭に引用されている部分の内容には同感するところが多く、特に、「要するに日本人には頭が無いんでせう。」のくだりは、そう言いたくなることも多々感じるところである。小生は、想像力の質が問題だ、良質な想像力を養うことに努めよ、などと愚息どもには言い聞かせてきたが、周辺の誰もが、ものが見えない人ばかりだと(後半の荷風の引用が示唆するように)なまじ「見えないもの」が見えてしまうために不幸になるかもしれず、実は、悩ましい。とは言え、経営者こそ、見えないものを「正しく」見ることができないと務まらないのではないか。「見えないものは見るに及ばない、だから、見えない」という状態に安住できるのかという問いかけは非常に重要で、記事を高く評価したい。(2017/09/06 10:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長