• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

洪水被災民を激怒させた「死傷者ゼロ」発表

過少申告で責任回避、ネットの被害写真は瞬時に削除

2016年7月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2016年7月23日、河北省“民政庁”のウェブサイトは“救災処(災害救援課)”名で「7月23日18時までの全省における“洪澇(洪水と冠水)”の災害状況」と題する報告を掲載した。その内容は以下の通り。

 7月18日から21日まで我が省の大部分地区では降雨が続き、省内の一部地区では洪水と冠水の災害が発生すると同時に地滑りと土石流による災害が多発し、一部の被災者が孤立し、死者と行方不明者が発生した。23日18時までの時点で、全省の11市に属する148県(市、区)と“定州市、“辛集市”が被災し、被災人口は904万人、災害による死者は114人、行方不明者は111人に上った。また、30.89万人が緊急避難し、倒壊家屋は15.5万部屋、農作物の被災面積は7235km2、収穫全滅面積は300km2で、災害による直接経済損失は163.68億元(約2619億円)に達した。

死者114人…過少報告では?

 一口に「農作物の被災面積7235km2」と言うが、これは日本の「都道府県面積ランキング」で第16位に位置する宮城県の面積(7282km2)に匹敵する広さであり、収穫全滅面積300km2は東京23区の面積(621km2)の約半分に相当する広さである。それほどの面積が洪水と冠水により被害を受けたからこそ、被災人口が904万人に及んだのだが、死者と行方不明者はそれぞれ114人と111人であったというのである。但し、中国という国情を考えた場合、被災人口904万人に対して死者114人、行方不明者111人というのはあまりにも少ない感じがするのだが、果たしてそれは本当なのか。そこには実際の死者と行方不明者を過少に公表して人的被害の大きさを隠蔽している可能性はないのか。

 河北省の中南部に位置する“邢台(けいたい)市”は省都“石家荘(せっかそう)市”に南面し、「邯鄲(かんたん)の夢」の故事で名高い“邯鄲市”に北面している。さて、“大賢村”はその邢台市の管轄下にある“邢台県”に属する“東汪鎮”にある人口2000人規模の農村である。大賢村は邢台市経済開発区に隣接しており、将来の発展が期待されている。大賢村の南には邢台市西部の山岳を源流とする季節性の河川“七里河”が流れている。七里河は全長95kmで、上流部分を七里河、下流部分を“順水河”と呼ぶが、七里河部分は52kmあり、川幅は最も広い所で1700m、最も狭い所で130mである。

コメント5件コメント/レビュー

共産党幹部以外は人間じゃないんでしょう。
こんなバカを庇うとんでもないコメントを掲載する日経社員も共産党員と同じ発想か。
こんなマスコミは信用できんな。馬鹿野郎。(2016/08/08 08:48)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「洪水被災民を激怒させた「死傷者ゼロ」発表」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

共産党幹部以外は人間じゃないんでしょう。
こんなバカを庇うとんでもないコメントを掲載する日経社員も共産党員と同じ発想か。
こんなマスコミは信用できんな。馬鹿野郎。(2016/08/08 08:48)

情報は、口をあけてピーピー言ってれば誰かが運んできてくれる訳じゃなく、自分で取りに行かなければいけないのが中国です。おそらくは中国だけじゃなく世界標準かと・・
災害放送が整備されている日本だって、最終的にはそれを聞くのは本人の意思ですよね。土砂降り音で聞こえなかったら別のメディアで取りに行くべきで、「聞こえなかったから知りませんでしたー。だから自治体の責任でーす。」は、日本でも通用しません。
深夜の大雨で不運が重なったという部分は有ると思います。私だって酒飲んで寝ている間に災害放送されても起きないですもん。


被害偽装→責任回避については、言葉が見つかりませんね。それをやりたくなる気持ちは良く分かりますが。もしかしたらワンミスでも犯したら一生再スタートが切れないタイトロープ社会なのかも。日本の10倍の人口を抱える中国ですから、競争率が10倍でも驚きません。

それとは別に、死傷者のカウント方法については、中国の独自性が有ると思います。これは褒め言葉じゃありませんが。でも、その事を考えるとき、近くの某川堤防沿いに立ち並ぶブルーシート/ダンボールハウスについて考えちゃいますね、彼らが被災しても誰か把握できるのだろうか?と。(2016/08/04 19:11)

中国の責任逃れ目的での死者数の過少報告の問題はいつものこととして、微博(マイクロブログ)で通知しただけで、伝えたつもりになっているのはありえませね。
田舎に行けば行くほど、高齢者になればなるほどスマホでネットなぞしないんじゃないですか?
非常災害だからこそ、テレビや地元のラジオ局経由でリアルな言葉を通して避難指示を出すべきでしょうし、放水の何日前に警告し、数時間前には最終通牒する日本とは大違い。人の命を一体何と思っているのだと憤りを感じずにいられません。(2016/07/30 10:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員