• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

研修4日で偽免許…中国プチ整形デタラメ事情

違法開業放置と期限切れ薬剤で大量被害の危険

2015年9月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 美しくなりたいという願望は誰にでもある。経済が発展し、生活水準が向上するに伴い、ますます多くの人々が美容整形への道に足を踏み入れる。2015年4月10日付で英字紙「China Daily」の“中文網(中国語ネット)”が報じたところによれば、中国で美容整形手術を受けた患者数(延べ人数)は、2005年には100万人であったものが、2006年:198万人、2007年:240万人、2009年:322万人、2010年:374万人と年々増大し、2013年には537万人となった。中国は美容整形手術を受けた患者数(延べ人数)で米国、ブラジルに次いで第3位にあるが、その患者数は2015年には743万人に達し、2018年には1110万人を上回り、米国およびブラジルを抜いて、世界一の美容整形大国になるものと予想されている。

中国美容整形市場は4500億元超

 現時点で中国における美容整形の市場規模は4500億元(約8兆6000億円)以上で、美容整形業界の就業者は3000万人以上に及んでいる。今や中国では、美容整形が不動産、自動車販売、旅行に次いで、サービス業界で第4位に位置する花形的存在となっているばかりか、中国における暴利業界の一つとなっている。中国の美容整形業界は現在成長期にあり、高成長と高利益を兼ね備え、今後の発展が約束されている。近年、中国経済は急激に減速し、不動産も株式も低迷している。人民元高による輸出の落ち込みに加えて頼みの国内需要は一向に拡大せず、中国企業は経営の悪化に苦しんでいる。このため、雇用は伸び悩み、就職難は大きな社会問題と化している。こうした中で美容整形業界は数少ない勝ち組と思われており、美容整形市場に参入することで一旗揚げようと考える人が少なくない。

 こうした人々の存在に目を付けたのが、「経験なし、医師免許なしでも、短期速成のトレーニングを受けることにより“微整形専家(プチ整形専門家)”になれる」をうたい文句に講習会を主催する詐欺師たちである。“微整形(プチ整形)”とは腫れない、切らない美容整形を意味し、二重瞼の埋没法、フィーラー(ヒアルロン酸)を使った隆鼻、顎出し、しわ取り、豊胸、ボットクス注射によるしわ取り、小顔、脚痩せ(ふくらはぎ痩せ)などを指す。要するに、メスを使わない比較的簡易な美容整形がプチ整形である。

コメント1件コメント/レビュー

国土は広大、人口は群を抜いて多い中国。国民の性格は大昔のままの自己中心的。この国ならではの話題でした。(2015/09/18 13:30)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「研修4日で偽免許…中国プチ整形デタラメ事情」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国土は広大、人口は群を抜いて多い中国。国民の性格は大昔のままの自己中心的。この国ならではの話題でした。(2015/09/18 13:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長