• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「特権三昧」に浸る中国退職高官の優雅な生活

超大物の「公費チベット観光」告発には政争の影も

2016年10月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月5日の午後5時12分、ポータルサイト「新浪(sina.com)」が運営する“微博(マイクロブログ)”にハンドルネーム“北外喬木”と名乗る人物が下記の文章を書き込んだ。

この費用は誰が払うのか

 “首長(高級幹部)”が引退し、“十一長假(10月1日の国慶節連休)”にチベットを視察して、気晴らしをした。これは理解できる。“警衛(護衛)”、“安保(保安要員)”、秘書、随行員、医師を引き連れていたが、これは特別待遇だろう。これに加えて、娘、娘婿、“外孫(娘の男の子)”、“外孫女(娘の女の子)”、息子、息子の嫁、“孫(内孫・男)”、“孫女(内孫・女)”まで引き連れるとは、これは一体どういう意味か。この費用は誰が出すのか。

 上記文章の下には、「劉淇同志一行林芝視察接待具体案」と題する文章の写真が掲載されていて、そこには次のように書かれていた。

(1)時間:2016年10月1日~10月6日
(2)地点:チベット自治区 巴宜区、米林県、工布江達県
(3)首長一行メンバーリスト(計16人)
劉 淇(17期中央政治局委員、元北京市党委員会書記)、汪声娟(劉淇同志夫人)
劉 錚(劉淇同志娘)、周 騁(劉淇同志娘婿)、周逸安(劉淇同志外孫)、周怡然(劉淇同志外孫女)、劉昕(劉淇同志息子)、李蓉(劉淇同志息子嫁)、劉竹萱(劉淇同志内孫・男)、劉松萱(劉淇同志内孫・女)
-------------------------------------------------------------------------------------
張利民(北京市党委員会弁公庁副主任)、周立農(党中央弁公庁警備局処長、大佐クラス)、範 明(劉淇同志秘書)、張天一(劉淇同志護衛)、陳建立(劉淇同志随行員)、秦明照(北京同仁医院幹部保健科主任)

 上記の文章はネットユーザーの注目を集め、大きな議論を巻き起こしたが、10月6日早朝に当局の指示を受けて削除された。

コメント5件コメント/レビュー

スケールの大きな国は既得権者の特権のスケールも壮大ですね。日本の天下りが可愛らしく思えてしまいます。
特に・・・・
「2012年時点における退職高官61万人の年間総支出7250億元は、同年の国防支出(6570億元≒10兆1835億円)および“三農(農村、農業、農民)”への投入金(5420億元≒8兆4010億円)よりも大きかった。」
・・・・の箇所を読んで、清朝末期かくもあらん、という印象を受けました。(2016/10/24 14:57)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「「特権三昧」に浸る中国退職高官の優雅な生活」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スケールの大きな国は既得権者の特権のスケールも壮大ですね。日本の天下りが可愛らしく思えてしまいます。
特に・・・・
「2012年時点における退職高官61万人の年間総支出7250億元は、同年の国防支出(6570億元≒10兆1835億円)および“三農(農村、農業、農民)”への投入金(5420億元≒8兆4010億円)よりも大きかった。」
・・・・の箇所を読んで、清朝末期かくもあらん、という印象を受けました。(2016/10/24 14:57)

政治局員なら党内序列ベスト10位~30位までには入った人ですねぇ。

しかし、その退職高位党員の優雅な生活。
”前(さき)の関白太政大臣 ”まさに「前官待遇」
高官61万人なら一人当たり1千数百万円・副総理級で5千数百万円
TOP3~9位で4億。

 中国外では、アメリカ元大統領の例くらいしかない優雅な礼遇
一時の日本で騒がれた公務員天国を極端にしたような感じですね。
この分野でも先日の、デモをした退役軍人の待遇に比べるとヒドイ格差
があるのでしょう。

中国経済が下向きになればどうなるのですか?

その彼らの生態もやはり清朝末期の官僚の生態と似てますねぇ。
雍正帝・乾隆帝の時代はそれでよかったのですが、嘉慶帝・道光帝を経て
咸豊帝・同治帝と財政がかなり苦しくなっても彼らは特権を手放しませんでした

その贅沢三昧と、宇宙ステーション・・派手派手しい外見のしわ寄せは
いったい処に往ってるんでしょうか。それとも未だ財政は余裕綽々ですか?(2016/10/22 23:36)

中国はこうした共産党に全てが集中するシステムを作り、それを堅持するシステムも作り上げてわが世を謳歌しているようだ。足元で国民がどうなろうと顧みることはないようだが。
何か相当大きな歴史的な事件(天安門ぐらいでは握りつぶされてしまう)なりが起きない限り、当面は維持されそうだ。
中国国内だけなら関係ないのだが、覇権は無いといいつつ覇権主義を振りかざして来るから困りものである。(2016/10/21 15:47)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授