• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

豪州の粉ミルク、中国人が“代理爆買い”で物議

中国製への不信消えず、国際的な不信招く悪循環

2017年11月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国人の爆買いでオーストラリアの粉ミルクの在庫が逼迫したのは初めてではない(写真:ロイター/アフロ、2015年)

 英国のタブロイド紙「デイリー・メイル(Daily Mail)」は10月19日付でオーストラリアのスーパーマーケットで“baby milk formula(育児用粉ミルク)”(以下「粉ミルク」)を爆買いする中国人に関する記事を掲載した。それは10月18日にメルボルン(Melbourne)市内のリッチモンド(Richmond)にある大手のスーパーマーケット「コールス(Coles)」で買い物をしていたハンナ・ディクソン(Hannah Dixon)(以下「ハンナ」)という婦人が、中国人による粉ミルクの爆買いを目撃し、憤りを覚えてその様子をスマホの動画で撮影したことを報じたものだった。彼女が撮影した動画はコールスのFacebookにも転載され、中国人による粉ミルクの爆買いを憂慮する同社の姿勢を表明したのだった。

4缶買っては、駆け戻り

 当該動画は10月19日にデイリー・メイルのウェブサイト“Mail Online”に掲載されたので、その概要を示すと以下の通り。

【1】10月18日にリッチモンドのコールスで買い物をしていたハンナは人々の騒がしい話声を耳にした。その声は粉ミルク売場からのもので、そこには老若男女の中国人20人余が列を作って並んでいた。何だろうと不審に思ったハンナが近寄ってみると、それは缶入りの粉ミルクを買う列で、中国人たちは店員が商品棚に並べるために大型ワゴンで運んできた粉ミルクの缶を、店員の制止を無視してワゴンから勝手に取り出し、各人が手にする店舗の買い物かごの中へ投げ入れていた。

【2】粉ミルク売場には「BABY FORMULA FOR LIMITED 4 PER CUSTOMER(粉ミルク お一人様4缶まで)」という購入制限のプレートが貼られていて1回に購入できるのは4缶までなので、中国人たちは列の順番に従い4缶を買い物かごに入れるとすぐさま走ってレジへ向かい、レジで精算を終えると外で待つ仲間に購入した粉ミルク缶を手渡し、その後すぐに粉ミルク売場へ取って返して再び列に並ぶのだった。

【3】この状況をハンナがスマホで撮影していると、1人の若い中国人男性が「何で撮影するんだ。俺は撮影を許可していないぞ」と叫びながらハンナに詰め寄った。ハンナはひるむことなく撮影を続け、彼に「粉ミルクを4缶買うこと自体は問題ないが、あんたたちがやっていることはマナーに反する不正行為で間違っているわ」と反論した。すると、列に並んでいた中国人女性が「私たちは規則通り買い物をしているだけで何も問題はないはずよ。あんたこそ私たちの許可なく撮影しないでよ」とすごんでみせた。

【4】コールスの店員たちは中国人たちに他のお客様の迷惑になるから店内を走り回らないようにと何度も注意を促したが、中国人たちは全く意に介す素振りも見せず、我が物顔で粉ミルク売場とレジ間の往復を繰り返した。ハンナは中国人たちに「あんたたちが粉ミルクを買い占めたら、粉ミルクを必要とする母親たちが買えなくなるじゃないの」と言うと、彼らは知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ。

コメント11件コメント/レビュー

習近平首相に,中国の乳児に安全な粉ミルクを与える様にお願いしたい。近隣の国の乳児のミルク
まで狙わないでください。中国人民の為の政策を第一にして、他国侵略はやめてください。中身が
伴ってこその大国ではないですか?(2017/11/19 17:16)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「豪州の粉ミルク、中国人が“代理爆買い”で物議」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

習近平首相に,中国の乳児に安全な粉ミルクを与える様にお願いしたい。近隣の国の乳児のミルク
まで狙わないでください。中国人民の為の政策を第一にして、他国侵略はやめてください。中身が
伴ってこその大国ではないですか?(2017/11/19 17:16)

 かなり前の蒙牛の経営騒動でも 分かるとおり、中国は複雑怪奇です。
業績好調の新進企業を赤字マルケの国営企業が共産党の御友達コネクションで
大金を銀行から借り出して買収するくらいは日常ですから。

 上がそうなら、庶民は庶民なりにアナーキーさを発揮したささやかなビジネスを
展開、外国での爆買占めに走る。発達した海外まで伸びる宅配業がそれを助ける

 そんな得体の知れない国に外国企業にしてもうっかり手を出すわけには行かない。

生産量の過半を輸出して外貨を稼いでくれるわけでもなく、移転して欲しいほどの
高度技術を持つでもない。中国の大衆のみをアテにした大衆消費財のメーカーなぞ
歓迎は期待できないし。かりに連年利益が上がるところまで育て上げられたとしても
いつ何時パンツ1枚で放り出されるかわからない。

 まだまだ、所得が低いので中国は伸びしろ があるといいますが、外国企業への
共産党組織の設置等、だんだん息苦しくなってきていますから。(2017/11/11 22:50)

習近平は為すべきことの順序を間違えている。自国民に満足な品を提供も出来ないうちから、自分麾下の中国共産党が世界覇権を確立しようという野望を隠そうともしない。地道にやるべきことを省いて国威発揚では、中国の民は内心冷笑していることであろう。専ら国威発揚政策ばかりで滅びた旧ソ連の前例をなぜ鏡としないのか?専制権力者の思考は庶民のそれとは乖離しているとしか言いようがない。(2017/11/11 22:26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長