• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

配車アプリ台頭で都市部のマイカーが消える?

世界の大都市では今や3分の1が要らないと回答

  • FINANCIAL TIMES

バックナンバー

2017年5月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3人に1人が、スマートフォンでタクシーを呼べるなら、もうマイカーを持つ必要はないかもしれないと考えている――。こんな調査結果がこのほど判明した。これは自動車大手各社の現在のビジネスモデルにとってはゆゆしき事態と言える。

米国を中心に世界各地の都市部で利用が急増している配車アプリはマイカーの存在意義を問うている(写真:ロイター/アフロ)

 世界の自動車メーカー各社は、大都市では人々がクルマを所有しなくなるかもしれないという難題に今、取り組んでいる。大都市では駐車料金がかさむうえ、渋滞もひどいので、地方に比べ、クルマを所有する魅力が乏しいからだ。

 コンサルティングやテクノロジー、アウトソーシング・サービスを提供するフランスのパリに本社を置くキャップジェミニ・グループがこのほど、8カ国8000人を対象にクルマの所有に関する調査を実施したところ、タクシーの配車アプリやライドシェア(相乗り)アプリがマイカーに取って代わる可能性があると考えている人が34%に上ることが判明した。これは前年の同調査の29%からのさらなる上昇だ。

 英国、米国、フランス、ドイツ、イタリア、インド、中国、ブラジルでそれぞれ1000人の消費者を対象に毎年実施しているこの意識調査では、オンデマンド車(配車アプリや相乗りアプリで呼ぶクルマ)をマイカーの代わりにすることを検討してみると言う人が過去2年間で34%から50%に増えたことも分かった。

 キャップジェミニの自動車産業担当上級アナリスト、ニック・ギル氏は、「配車や相乗りアプリの分野は今、大きな関心を集めている。この1年で一気に本格的に注目されるようになった」と指摘する。

 この傾向は今後も続きそうだ。2050年までには世界人口の3分の2が都市の居住者になると予想されているからだ。

コメント5

「FINANCIAL TIMES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手