• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

英国のEU離脱交渉は今やお先真っ暗

英保守党のお粗末政治が招いた英国最大の危機

  • FINANCIAL TIMES

バックナンバー

2017年6月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英国は、岩壁のようにそびえるEUと、“超ハード”なブレグジット(EU離脱)の間で身動きがとれなくなっている。(画像:James Ferguson/Financial Times)

 テリーザ・メイ英首相は6月8日の総選挙で、「強力」かつ「安定」した政権の樹立を約束したはずだった。だが、こんなに事態が深刻でなかったら、笑いたいくらいメイ首相が約束したことと真逆なことが起きた。

 ドナルド・トランプ米大統領は、「米国は世界の嘲笑の的になっている」との思いに駆られているようだが、英国こそがまさにお笑い草そのものだ。デービッド・キャメロン前首相は、EU(欧州連合)離脱を巡り全く不必要な国民投票を実施し、その後を継いだメイ氏は、支持基盤を強化するどころか自らぶち壊した。世界の目には、英国はまるで無茶苦茶をやっているように見えるだろう。

 また、メイ氏はEU離脱交渉について「悪い合意を結ぶくらいなら、何の合意もない方がましだ」と言っていたが、この選挙の結果で、「何の合意もなし」という事態に陥る可能性は高くなった。これは英国にとってもEUにとっても悲惨な事態を意味する。

 皮肉なのは、総選挙での保守党の得票率は42.4%と、1983年以降で最も高い水準だったことだ。世論調査の支持率の月次平均も、2015年の総選挙以降、これを上回る数値はほとんど記録していない。

 予想外だったのは、労働党が少数政党から票を奪うことに成功した点だ。少数政党の得票率は1970年以降で最低の水準に沈んでいる。労働党のジェレミー・コービン党首は永遠の反逆児であり、現政権に反発する層にとっては格好の「ハーメルンの笛吹き男(注*)」だったと言える。

注* ドイツの伝説のまだら服を着た男。言葉巧みに勧誘する人、無責任な約束をする人を表す言葉として使われる

コメント4

「FINANCIAL TIMES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長