• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

テスラに攻め込まれる独高級車メーカー

問題はディーゼル不正とカルテル疑惑にとどまらない

  • FINANCIAL TIMES

バックナンバー

2017年8月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(クレジット:Ingram Pinn/Financial Times)

 米電気自動車大手テスラが出荷を始めた同社初の電気自動車(EV)の量産車「モデル3」に注文が殺到している。問題は、同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がこの注文に応えられるだけの生産ができるかどうかだ。一方、ドイツの高級車メーカーのBMWとダイムラーは全く反対の問題を抱えている。両社はディーゼル車の開発には長けているものの、誰がこれを欲しがるだろうか、という問題に直面しているからだ。

 独自動車メーカーは何十年も、完璧にデザインされた技術の傑作を世に送り出すことで世界の高級車市場を支配してきた。だが、ここにきて米アップルが「iPhone」で通信業界に殴り込みをかけた時と似た事態に直面している。

 当時の携帯端末大手のカナダのブラックベリーやフィンランドのノキアは、自分たちより優れた技術を持って、それに裏打ちされた洗練された商品を販売するアップルという米企業の登場に立ち向かわなければならなかった。

これ以上最高のタイミングはなかった「モデル3」の発売時期

 BMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)の幹部は2日、ベルリンで開催された「ディーゼル・サミット」で一堂に会した。独政府閣僚も出席したこのサミットでは、自動車業界が自ら招いた技術的な問題への対応が協議されたが、今やディーゼル技術の改善を考える必要などないのかもしれない。というのもディーゼル車はもはや廃れる運命にあり、残る疑問は消滅するまでどれほどの期間を要するかという問題だけだからだ。

コメント17件コメント/レビュー

水素はもう出番はないようなことを言われているが、まだまだ分からない。
そもそも、水素は現状において電気を違う形で最も効率よく、高密度に貯蔵するための物質であって、
言い換えればEV(モーター駆動車)のための技術だ。

ここに気がついているからこそ、E.マスクも事ある毎に執拗にトヨタに噛み付いている訳だ。
電池搭載車としてのEVの、潜在的な最も大きな脅威と分かっているから。
トヨタはテスラなどより遥かに昔からEVを研究しているし、そのことは当然知っている。
ただし、インフラが問題という点では多くが知る通り。

しかし水素は太陽光発電からそのまま電気分解で作り出すことが可能だし、大気汚染、CO2の根本解決には最も近い選択肢である。
近年、高効率に水素を量産する技術も続々開発されており、まだ決着が付いたとは思えない。(2017/08/21 19:18)

「FINANCIAL TIMES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

水素はもう出番はないようなことを言われているが、まだまだ分からない。
そもそも、水素は現状において電気を違う形で最も効率よく、高密度に貯蔵するための物質であって、
言い換えればEV(モーター駆動車)のための技術だ。

ここに気がついているからこそ、E.マスクも事ある毎に執拗にトヨタに噛み付いている訳だ。
電池搭載車としてのEVの、潜在的な最も大きな脅威と分かっているから。
トヨタはテスラなどより遥かに昔からEVを研究しているし、そのことは当然知っている。
ただし、インフラが問題という点では多くが知る通り。

しかし水素は太陽光発電からそのまま電気分解で作り出すことが可能だし、大気汚染、CO2の根本解決には最も近い選択肢である。
近年、高効率に水素を量産する技術も続々開発されており、まだ決着が付いたとは思えない。(2017/08/21 19:18)

自分も乗ってますが、空気抵抗との闘いとなる高速・長距離・連続走行にターボディーゼルエンジンはピッタリです。HV/EVの場合はエネルギー回生機構が連続走行では意味が無くなり、ひたすら電池・エンジンからの出力に頼りっぱなしとなり利点が生きてこない。EVがドイツの速度無制限道路で時速150キロ以上で2時間か3時間も走れば電欠となるか、電池過熱で失速することとなる。だからこそドイツ車メーカーは電動化に興味を持たず、「速度無制限のアウトバーンで鍛えられた高級車」という触れ込みで高いクルマを売り続けられてきたが、これからはそれが裏目に出るわけです。ドイツが本気で電動化に移行したいのなら、アウトバーンの最高速度を120キロ以下にできるかどうかですよ。(2017/08/11 16:21)

筆者は技術的取材が不足だ。

テスラモデルSの成功は、富裕層ニーズを捉えたから(速さと自動運転技術、価格は関係なし)。モデルSのバッテリの交換費用は、容量からしても300万円を超える可能性が高い。現在は、まだ保証期間なのでユーザー負担が低いが、中古車が出回ったときに、その問題が露見する。

しかし、それより低い価格帯のモデル3ではどうなるのか?
その例は、日産リーフの事例で予見できる。
リーフの電費やバッテリ寿命のユーザーの申告を国土交通省の「連ラクダ!」の不具合情報検索で確認できる。これら情報では、新車で買えるユーザーが保証期間内に3年程度で代替えしていく場合は、EVは良さそうだ。

ところが、自動車の寿命は楽に10年超えなので、EV中古車を購入し、まもなくバッテリ交換を要求されたときの話題が巷に出てきたら、EV中古車が売れなくなり下取り価格の下落でEVへの切り替えは進みにくくなるだろう。

現在の自動車メーカーが本当に儲けたい価格帯では、問題山積みで解決していない。5年後にバッテリ価格が1/3程度になっていなければ、モデルSやモデル3の中古車が売れなくなりテスラの伸びが止まると思う。(2017/08/11 16:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授